経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

ABM(活動基準管理)とABB(活動基準予算管理)

ABM(活動基準管理)とABB(活動基準予算管理)

【ABMとABB】
ABC(活動基準原価計算)では、原価の中の間接費を直接費に合わせるのではなく、その活動によって決めるということを学びました。

 

そしてABCで正確な間接費を把握するには非常に手間がかかりますが、近年の激しい競争に打ち勝つためには有用な考え方であることも学びました。

 

次に、ABCの延長にある考え方としてABM(活動基準管理)とABB(活動基準予算管理)があります。

 

ともにABCの考え方を応用してさらに経営を効率化しようという考え方です。

 

ここではABMとABBについて考えてみましょう。

 

 

【ABMとは】
ABM(活動基準管理)とは、ABCの考え方を単に原価計算にとどめるのではなく、活動を会社にとって付加価値を生み出すと認められる「付加価値活動」と付加価値を生み出すと認められない「非付加価値活動」に分類し、非付加価値活動を可能な限り排除していこうという考え方です。

 

例えば「ABCの活用方法」で、自動車部品製造会社であるS社は以下のことを行いました。

 

1.製品Aと製品BについてABCで正確な原価を計算し、実際の原価とそれまで考えられていた原価とに誤りがあったことを突き止めることに成功した。

 

2.そして製品Bでは「取扱説明書添付」と「製品の箱詰め作業」の無駄を省き、価格を維持することができた。

 

この一連の作業は、広い意味で言うとABCから始まったABMであると言えます。

 

製品Bの作業には「取扱説明書添付」と「製品の箱詰め作業」という非付加価値作業が発生しており、この無駄を省くことに成功したのです。

 

1.の正確な原価計算がABC、そして2.のその原価を分類することで無駄を省いたことがABMというわけです。

 

また、ABMでは一つの製品にとどめるのではなく、企業活動全般につなげようというのも重要な考え方の1つです。

 

生産に関することだけではなく、例えば配送などについても全社的に無駄(非付加価値活動)がないかどうかを見直そうということです。

 

しかしこの「全社的なABM」は、ABC以上に手間がかかり、かつ部門ごとの意見の食い違いなどが発生する場合もあることから、ABC以上にそのハードルは高くなります。

 

しかしながら現在の競争社会では、常に競争に勝ち抜く経営を目指すためには、ABMを全社的に考えることはもはや避けられなくなっている状況であると言えます。

 

 

【ABBとは】
ABB(活動基準予算管理)とは、今度は予算の策定段階からABCやABMの考え方を取り入れようとするものです。

 

ABMで行った分析を一過性にとどめるのではなく、それを予算の計画時に盛り込むことで継続、発展させていこうということです。

 

いわば、ABMをもとにPDCAを回そうという考え方がABBということです。

 

ABBでは、当初からその活動に着目したABMの考え方がすでに考慮されているため、予算策定当初からそのコストが効率化されたものとなります。

 

よってABCやABM活動が継続されていない場合はその予算を達成できないこととなり、その後どこに問題があるかを検証しやすくなります。

 

対象となる「活動」の内容にもよりますが、予算の策定段階でABBの考え方を導入することで、現場の技術力の低下や気の緩みなどがあった際に「どの活動に問題点があるか」を見つけやすくし、次につなげていくことが可能になるのです。

 

ABCをABMに広げた考え方を維持・持続させるための手法がABBという手法です。

 

ABCとABM、ABBはいずれも間接費というコストの「活動」にスポットを当て、徐々に会社全体にその考え方を浸透させていこうとするものです。

 

いずれも時間と労力を要する内容ですが、浸透すれば会社を挙げた継続した経営の効率化が可能となります。

 

まずはこれらの考え方を常に意識してみることから始めてみるとよいでしょう。

関連ページ

アカウンティングとは
財務会計と管理会計
会計公準と企業会計原則 その1
会計公準と企業会計原則 その2
会計公準と企業会計原則 その3
財務諸表とは
簿記の基本
損益計算書(P/L) その1
損益計算書(P/L) その2
損益計算書(P/L) その3
貸借対照表(B/S) その1
貸借対照表(B/S) その2
貸借対照表(B/S) その3
キャッシュフロー計算書(C/S) その1
キャッシュフロー計算書(C/S) その2
キャッシュフロー計算書(C/S) その3
国際会計基準
財務分析とは
企業の総合力を分析 その1
企業の総合力を分析 その2
企業の収益性を分析 その1
企業の収益性を分析 その2
企業の効率性を分析 その1
企業の効率性を分析 その2
企業の安全性を分析 その1
企業の安全性を分析 その2
企業の成長性を分析
比率分析の限界と注意点
業界と企業の比較分析 その1
業界と企業の比較分析 その2
財務諸表から業界の特徴を分析 その1
財務諸表から業界の特徴を分析 その2
会計方針とは
たな卸資産の評価基準と評価方法 その1
たな卸資産の評価基準と評価方法 その2
固定資産の会計処理(減価償却と減損会計) その1
固定資産の会計処理(減価償却と減損会計) その2
引当金の計上方法
収益の計上基準
費用の計上基準
税効果会計
日米の会計方針の違い
内部統制
管理会計の必要性
固定費と変動費 その1
固定費と変動費 その2
直接費と間接費
製品原価と期間原価
損益分岐点分析とその求め方 その1
損益分岐点分析とその求め方 その2
損益分岐点分析から見た利益向上策 その1
損益分岐点分析から見た利益向上策 その2
損益分岐点分析の活用法 その1
損益分岐点分析の活用法 その2
損益分岐点分析の活用法 その3
安全余裕率と損益分岐点比率
原価管理と原価計算
総合原価計算と個別原価計算
全部原価計算と直接原価計算
標準原価と予算差異分析
原価企画
ABC(活動基準原価計算)とは
ABCの活用方法
ABCと価格設定
意思決定の前提(付加価値と生産性分析) その1
意思決定の前提(付加価値と生産性分析) その2
業務的意思決定(差額原価収益分析)
戦略的意思決定1(フリー・キャッシュフロー) その1
戦略的意思決定1(フリー・キャッシュフロー) その2
戦略的意思決定2(運転資本の意義)
戦略的意思決定3(金銭の時間的価値)
戦略的意思決定4(リスクと割引率)
戦略的意思決定5(DCF法) その1
戦略的意思決定5(DCF法) その2
戦略的意思決定5(DCF法) その3
戦略的意思決定6(ペイバック法)
株主から見た企業価値 その1
株主から見た企業価値 その2
負債コストと株主資本コスト
EBITDAによる株価の評価
組織管理と管理会計
予算管理の意義
予算の設定方法
予算の3つのタイプ
責任会計システム
組織の設計と種類
コストセンターとプロフィットセンター
業績評価の手法
具体的な業績評価のシステム
業績評価のステップと留意点
EVA(経済付加価値)とは
MVA(市場付加価値)とは
BSC(バランスト・スコアカード)とは

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ