経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

原価管理と原価計算

原価管理と原価計算

【原価管理と原価計算】
原価という言葉は、これまで何度か出てきました。

 

一般的に原価とは、売上を上げるために費やした物やサービスの価値のことを言います。

 

ある意味費用とも同義ですが、費用は支出そのものをいうのに対して、原価はあくまでもその価値を指す言葉です。

 

製品を販売する際の、元々の価値という意味です。

 

例えば仕入れを行ってそれを販売するのであれば、仕入れと販売にかかった費用が原価となり、原材料に一定の付加価値を加えて販売する場合は、その原材料と付加価値が原価となります。

 

付加価値とは、原材料を加工したり魅力ある商品として販売するなど、その会社で付け加えたそれまでにはなかった新しい価値のことです。

 

そして原価を管理し、計算することはある意味経営の根幹とも言えることです。

 

原価が把握できなければ製品の適正な価格をつけることが難しくなり、その原価が高いか安いかの判断などもできなくなってしまうからです。

 

そして原価を適切に理解できなければ、やがてそれはどんぶり勘定につながることとなり、経営の悪化などの際になぜ悪化したのかわからないという、負のスパイラルを招くこととなります。

 

よってここでは、原価管理とその計算方法などについて整理しておきましょう。

 

 

【原価管理及び原価計算の目的】
原価管理及び原価計算の主な目的は、以下の通りです。

 

≪財務諸表の作成≫
外部関係者に対して、対象期間についての適切な原価情報を提示するという目的です。

 

よって、財務諸表を作成する場合の原価は、会社がその時期に費やしたすべての原価を計上する必要があります。

 

 

≪予算編成≫
内部で予算編成を行うという目的です。

 

原価は予算を編成するにあたってどのような製品をどんな価格で売り出すか、あるいはどのような工程で外注を使うかなどを決定する際の重要な判断基準となります。

 

 

≪意思決定≫
投資などの意思決定を行うという目的です。

 

投資は会社の経営構造にも大きな影響を与え、かつ長期的な視野で行う必要があるため、原価管理も慎重にかつ長期的な視野で考える必要があります。

 

 

【原価には含まれない費用】
では原価には含まれない費用にはどのようなものがあるでしょうか。

 

大まかにいうと、営業外収益や特別損益に含まれる費用は原価には含まれません。

 

例えば支払利息や法人税などです。

 

これ以外にも、投資目的で購入した資産の減価償却費や売却損なども原価には含まれません。

 

あくまでも「売上をあげるために費やした費用」が原価です。

 

 

【原価計算の流れ】
「原価とは売上のために費やした物やサービスである」と一口に言っても、そこには様々な費用が含まれ、大変複雑なものになります。

 

そこで、原価は以下のように分類していくことが多くなっています。

原価管理と原価計算

≪費目別分類≫
費目別とは、かかった費用を直接費と間接費に大別し、これを形態別、機能別に分類する計算方法です。

 

形態別とは、材料費、労務費、経費などの大項目に分類する方法です。

 

機能別とは例えば直接賃金、外注加工費、減価償却費などの詳細項目に分類する方法です。

 

 

≪部門別分類≫
部門別計算とは、費目別計算で計算された原価要素を部門別に分類する計算方法です。

 

一般には部門を製造部門と補助部門に分けます。

 

製造部門はその名の通り製造を行う部門のことです。

 

補助部門は補助経営部門と工場管理部門に分けられ、補助経営部門とは運搬や検査などを行う部門を指し、工場管理部門は研究部門や製造事務部門などを指します。

 

ただし、ここでいう補助部門とはあくまでも製造補助を行う部門のことで、会社全体の管理を行うという意味ではありません。

 

費目別計算で分類された原価は、これらの各部門に分類されます。

 

 

≪製品別分類≫
製品別計算とは、費目別、部門別に分類された原価要素を製品単位に集計する計算方法です。

 

これによってその製品の原価が決定します。

 

製品別計算にもいくつかの種類がありますが、基本的には総合原価計算と個別原価計算に大別されます。

 

総合原価計算とは主に製品を連続生産する場合に使われる計算方法で、個別原価計算は、個別で受注して行う生産の際に使われる計算方法です。

 

 

【販売費及び一般管理費の原価】
販売費及び一般管理費の原価については、原則としてまず形態別に分類し、これを直接費と間接費に分類し、その一定期間の発生額を計算します。

 

原価計算は様々な方法があって複雑ですが、大変重要で、「慣れる」ことが理解を深めるための唯一の方法です。

 

何度も繰り返し学習することで、原価計算に慣れていきましょう。

関連ページ

アカウンティングとは
財務会計と管理会計
会計公準と企業会計原則 その1
会計公準と企業会計原則 その2
会計公準と企業会計原則 その3
財務諸表とは
簿記の基本
損益計算書(P/L) その1
損益計算書(P/L) その2
損益計算書(P/L) その3
貸借対照表(B/S) その1
貸借対照表(B/S) その2
貸借対照表(B/S) その3
キャッシュフロー計算書(C/S) その1
キャッシュフロー計算書(C/S) その2
キャッシュフロー計算書(C/S) その3
国際会計基準
財務分析とは
企業の総合力を分析 その1
企業の総合力を分析 その2
企業の収益性を分析 その1
企業の収益性を分析 その2
企業の効率性を分析 その1
企業の効率性を分析 その2
企業の安全性を分析 その1
企業の安全性を分析 その2
企業の成長性を分析
比率分析の限界と注意点
業界と企業の比較分析 その1
業界と企業の比較分析 その2
財務諸表から業界の特徴を分析 その1
財務諸表から業界の特徴を分析 その2
会計方針とは
たな卸資産の評価基準と評価方法 その1
たな卸資産の評価基準と評価方法 その2
固定資産の会計処理(減価償却と減損会計) その1
固定資産の会計処理(減価償却と減損会計) その2
引当金の計上方法
収益の計上基準
費用の計上基準
税効果会計
日米の会計方針の違い
内部統制
管理会計の必要性
固定費と変動費 その1
固定費と変動費 その2
直接費と間接費
製品原価と期間原価
損益分岐点分析とその求め方 その1
損益分岐点分析とその求め方 その2
損益分岐点分析から見た利益向上策 その1
損益分岐点分析から見た利益向上策 その2
損益分岐点分析の活用法 その1
損益分岐点分析の活用法 その2
損益分岐点分析の活用法 その3
安全余裕率と損益分岐点比率
総合原価計算と個別原価計算
全部原価計算と直接原価計算
標準原価と予算差異分析
原価企画
ABC(活動基準原価計算)とは
ABCの活用方法
ABCと価格設定
意思決定の前提(付加価値と生産性分析) その1
意思決定の前提(付加価値と生産性分析) その2
業務的意思決定(差額原価収益分析)
戦略的意思決定1(フリー・キャッシュフロー) その1
戦略的意思決定1(フリー・キャッシュフロー) その2
戦略的意思決定2(運転資本の意義)
戦略的意思決定3(金銭の時間的価値)
戦略的意思決定4(リスクと割引率)
戦略的意思決定5(DCF法) その1
戦略的意思決定5(DCF法) その2
戦略的意思決定5(DCF法) その3
戦略的意思決定6(ペイバック法)
株主から見た企業価値 その1
株主から見た企業価値 その2
負債コストと株主資本コスト
EBITDAによる株価の評価
組織管理と管理会計
予算管理の意義
予算の設定方法
予算の3つのタイプ
ABM(活動基準管理)とABB(活動基準予算管理)
責任会計システム
組織の設計と種類
コストセンターとプロフィットセンター
業績評価の手法
具体的な業績評価のシステム
業績評価のステップと留意点
EVA(経済付加価値)とは
MVA(市場付加価値)とは
BSC(バランスト・スコアカード)とは

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ