経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

良い仮説をつくるための3つの資質 その3

良い仮説をつくるための3つの資質 その3

<解説>
まず、A社の成功要因と失敗要因について、より詳しくみていきましょう。

 

<成功要因>
・ユーザーの嗜好にあっている
・社会の需要に応えている
・時代の流れに沿っている
・自社の強みを生かしている
・ヒット&エラーをくり返している

 

★成功要因から分かること
→初期のソーシャルサービスやヒットしたゲームは、上記の通り、「社会的なニーズと自社の資源を組み合わせたもの」という特徴があります。
ユーザーの嗜好、社会の需要、時代の流れを加味しつつ、自社の強みや開発環境を生かして新しいサービスを生み出すこと。
それが、他社に打ち勝つ要因になっているのです。

 

<失敗要因>
・過去の成功にしがみついている
・社会の需要より、開発者の思考優先
・時代の流れを加味していない
・社内の資源に目を向けていない
・失敗したらトライしない

 

★失敗要因から分かること
→過去の成功にしがみついた開発や他社の事例をただ模倣したもの、あるいはプログラマーの意向を強く反映させただけのゲーム制作では、広く社会的に受け入れられることはありませんでした。
また、闇雲にサービスを打ち出しても、それが実現不可能であったり、失敗するとそのままフェードアウトしてしまう姿勢は、マイナスでしかありませんでした。

 

成功事例と失敗事例、それぞれに共通しているのが「良質な仮説思考に基づいているかどうか」という点です。

 

成功した事例をみてみると、「ユーザーの嗜好」「社会の需要」「時代の流れ」そして「自社の資源」などから、「こういったサービスを開発すべきでは?」という発想につながり、具体的なヒット商品が生み出されています。

 

しかし一方で、仮説思考の根底にある「基礎的な知識」「多角的な視点」「仮説追求力」がなければ、失敗事例のように業務的な仮説思考に陥ってしまいます。

 

「仮説思考を実践しています」という事実に意味はありません。

 

時短効果を感じないのであれば、仮説を工夫する必要がありますし、意思決定力をより向上させるための努力は継続しなければ効果は限定的となってしまうのです。

 

社員のなかに、仮説思考の意義に対する疑問が生じている現状を鑑みれば、その点を改善すべきなのは明らかです。

 

惰性で行う仮説思考から、よりハイレベルの仮説思考へと移行させるために、具体的な研修を行うべきでしょう。

 

そうした背景を踏まえて、今回考案された3つの研修を分析してみます。

 

1.ビジネス基礎力養成講座.
2.「斬新な発想」「面白い視点」コンクール
3.モチベーション向上研修(管理体制も含めて)

 

それぞれの研修が、「よりレベルの高い仮説思考を行うための施策」だということに気がつきましたでしょうか。

 

そもそもの狙いは、成功事例のときに行っていた良質な仮説思考を行い、失敗事例で行っていた惰性の仮説思考をなくすことです。

 

「ビジネス基礎力養成講座」によって、フレームワークや経営理論、成功事例、失敗事例などを学び、「「斬新な発想」「面白い視点」コンクール」によって、日頃から多角的な視点を意識させ、「モチベーション向上研修」により、良質な仮説を導き出すまでの根気を養う。

 

あるいは、管理体制でモチベーションを高める工夫をする。

 

これらの研修は、それぞれが角度を変えた良質な仮説思考へのアプローチなのです。

 

研修の効果が現れるのに時間を要するものもありますが、全社的に仮説思考のレベルを高めるためには、どれも重要な研修であることは間違いないでしょう。

 

個々人の基礎的な能力差はあるにしても、全体の底上げをするためには、いずれの施策においてもバランスよく実施することが求められます。

 

大切なのは、すべての打席を得点に結びつけることではなく、ヒットを量産できる体制を整えることなのですね。

 

 

次のページ 「良い仮説をつくるための3つの資質 その4」

 

前のページ 「良い仮説をつくるための3つの資質 その2」

関連ページ

クリティカル・シンキングとは その1
クリティカル・シンキングとは その2
ゼロベース思考 その1
ゼロベース思考 その2
大きな論理の構造 その1
大きな論理の構造 その2
イシューと枠組み その1
イシューと枠組み その2
ピラミッドストラクチャー その1
ピラミッドストラクチャー その2
ロジックツリー その1
ロジックツリー その2
ロジックツリー その3
論理の構造化の重要ポイント その1
論理の構造化の重要ポイント その2
論理展開のパターン その1
論理展開のパターン その2
論理展開のパターン その3
演繹法 その1
演繹法 その2
帰納法 その1
帰納法 その2
複合的な論理展開 その1
複合的な論理展開 その2
論理展開の6つの注意点 その1
論理展開の6つの注意点 その2
論理展開の6つの注意点 その3
論理展開の6つの注意点 その4
現状把握の基本1(MECE) その1
現状把握の基本1(MECE) その2
フレームワーク思考 その1
フレームワーク思考 その2
フレームワーク思考 その3(3C分析、SWOT分析)
フレームワーク思考 その4(5フォース分析、ポーターの3つの基本戦略)
フレームワーク思考 その5(7つのS、短期・中期・長期)
フレームワーク思考 その6(4P、バランススコアカード)
フレームワーク思考 その7(バリューチェーン:付加価値の連鎖)
フレームワーク思考 その8(PPM、過去・現在・未来、仮説思考)
フレームワーク思考 その9(その他のフレームワーク)
現状把握の基本2(切り口と切り方) その1
現状把握の基本2(切り口と切り方) その2
現状把握の基本2(切り口と切り方) その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その1
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その2
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その4
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その5
因果関係の把握 その1
因果関係の把握 その2
因果関係の把握 その3
因果関係の把握 その4
因果関係の把握 その5
因果関係を考える3ステップ その1
因果関係を考える3ステップ その2
因果関係を考える3ステップ その3
因果関係を考える3ステップ その4
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その1
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その2
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その3
因果関係の7つの錯覚パターン その1
因果関係の7つの錯覚パターン その2
因果関係の7つの錯覚パターン その3
因果関係の7つの錯覚パターン その4
因果関係の7つの錯覚パターン その5
因果関係の7つの錯覚パターン その6
因果関係の7つの錯覚パターン その7
因果関係の7つの錯覚パターン その8
因果関係の7つの錯覚パターン その9
因果関係の7つの錯覚パターン その10
仮説と検証 その1
仮説と検証 その2
仮説と検証 その3
仮説と検証 その4
仮説と検証 その5
仮説と検証 その6
仮説・検証の具体的な4ステップ その1
仮説・検証の具体的な4ステップ その2
仮説・検証の具体的な4ステップ その3
仮説・検証の具体的な4ステップ その4
仮説・検証の3つの効果 その1
仮説・検証の3つの効果 その2
仮説・検証の3つの効果 その3
仮説・検証の3つの効果 その4
仮説・検証の3つの効果 その5
良い仮説の3要素 その1
良い仮説の3要素 その2
良い仮説の3要素 その3
良い仮説の3要素 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その1
良い仮説をつくるための3つの資質 その2
良い仮説をつくるための3つの資質 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その5
検証の際の5つの注意点 その1
検証の際の5つの注意点 その2
検証の際の5つの注意点 その3
検証の際の5つの注意点 その4

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ