経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その5

分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その5

【現状分析の基本「細かくする」「まとめる」】
 最後に、これまでに学んできた現状分析の基本をおさらいするため、「細かくする」と「まとめる」という2つの分析方法について考えていきます。

 

4つの視点もそうなのですが、分析における方法論としての基礎は、分析対象を「細かくする」かあるいは「まとめる」という2つの作業に集約されます。

 

この2つの手法を駆使することによって、特別な知識がなくても、詳細な分析を行うことは十分に可能です。

 

これまでに解説してきた4つの視点について、あらかじめ理解しておくことはもちろん大切なことですが、必ずしもそれらを暗記する必要はありません。

 

それよりも、俯瞰的・多角的な視点が、分析対象を「細かくする」「まとめる」のいずれかによって生まれていることを把握しておきましょう。

 

それぞれのポイントは以下のとおりです。

 

<現状分析の基本1.「細かくする」>
 「細かくする」分析方法は、分析対象が長期的に変わらないもの、あるいは変わりにくいものの場合に有効な手法です。

 

たとえば「営業方法」については、人と人とのやりとりが基本ですので、経年によって根本部分に大きな変更はありません。

 

相手の意向と自社の意向を叶えるべく、いかにwin-winの関係を築けるかを模索することが、もっとも大切なことですね。

 

そこで、「細かくする」分析方法によって営業に関するすべての事項を分解し、最適な営業方法を研究することで、社内で共有可能なマニュアルを作成することができます。

 

もちろん、時代の流れに沿ったカスタマイズも欠かせません。

 

そのようにして作られた営業マニュアルを参考にし、業績の推移をチェックしつつ、「人海戦術」「プロモーションの工夫」「全社的なツールの利用」などの戦略を模索していくのが、時代の流れに耐えうる営業方法です。

 

<現状分析の基本2.「まとめる」>
 「まとめる」分析方法は、分析対象が時代の流れや一時的なブームに左右されやすい場合に有効な手法です。

 

関連する要素をひとまとめにし、物事を大きくとらえることで、素早い意思決定を可能にするのです。

 

たとえば、スマートフォン向けアプリを開発しようとする場合に、いちいち「アプリの歴史」や「ユーザーの嗜好の推移」、「今後の市場予測」などの細かい部分まで分析していては、いつまで経ってもアプリをリリースすることはできません。

 

それよりも、トライ・アンド・エラーを前提として、ユーザーの意見に耳を傾けながら改良を加えていくという方針のほうが、素早いリリースにより流行をとらえられる可能性が高まります。

 

つまり、時間をかけて詳細な分析を行うのではなく、「「巷での流行」「競合他社数社によるリリース」「海外の動向」などから、大きな枠でとらえると『ニュースアプリ』が今熱い=わが社も提供すべき」という、「まとめる」思考ですね。

 

スマートフォンというデバイスがいつまでもスタンダードであるという保証はありません。
しかし、たとえ曖昧な結論でも、情報をまとめてスピーディーに意思決定するほうが良い場合もあるのです。

 

【まとめ】
・重要な決断は詳細な現状分析のもとに行われるべき

 

・正しい現状分析には俯瞰的な視点が欠かせない

 

・分析対象の特徴や傾向をつかむための指針には「4つの視点」がある

 

・現状分析の基本は「細かくする」と「まとめる」の2つ

 

 

前のページ 「分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その4」

関連ページ

クリティカル・シンキングとは その1
クリティカル・シンキングとは その2
ゼロベース思考 その1
ゼロベース思考 その2
大きな論理の構造 その1
大きな論理の構造 その2
イシューと枠組み その1
イシューと枠組み その2
ピラミッドストラクチャー その1
ピラミッドストラクチャー その2
ロジックツリー その1
ロジックツリー その2
ロジックツリー その3
論理の構造化の重要ポイント その1
論理の構造化の重要ポイント その2
論理展開のパターン その1
論理展開のパターン その2
論理展開のパターン その3
演繹法 その1
演繹法 その2
帰納法 その1
帰納法 その2
複合的な論理展開 その1
複合的な論理展開 その2
論理展開の6つの注意点 その1
論理展開の6つの注意点 その2
論理展開の6つの注意点 その3
論理展開の6つの注意点 その4
現状把握の基本1(MECE) その1
現状把握の基本1(MECE) その2
フレームワーク思考 その1
フレームワーク思考 その2
フレームワーク思考 その3(3C分析、SWOT分析)
フレームワーク思考 その4(5フォース分析、ポーターの3つの基本戦略)
フレームワーク思考 その5(7つのS、短期・中期・長期)
フレームワーク思考 その6(4P、バランススコアカード)
フレームワーク思考 その7(バリューチェーン:付加価値の連鎖)
フレームワーク思考 その8(PPM、過去・現在・未来、仮説思考)
フレームワーク思考 その9(その他のフレームワーク)
現状把握の基本2(切り口と切り方) その1
現状把握の基本2(切り口と切り方) その2
現状把握の基本2(切り口と切り方) その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その1
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その2
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その4
因果関係の把握 その1
因果関係の把握 その2
因果関係の把握 その3
因果関係の把握 その4
因果関係の把握 その5
因果関係を考える3ステップ その1
因果関係を考える3ステップ その2
因果関係を考える3ステップ その3
因果関係を考える3ステップ その4
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その1
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その2
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その3
因果関係の7つの錯覚パターン その1
因果関係の7つの錯覚パターン その2
因果関係の7つの錯覚パターン その3
因果関係の7つの錯覚パターン その4
因果関係の7つの錯覚パターン その5
因果関係の7つの錯覚パターン その6
因果関係の7つの錯覚パターン その7
因果関係の7つの錯覚パターン その8
因果関係の7つの錯覚パターン その9
因果関係の7つの錯覚パターン その10
仮説と検証 その1
仮説と検証 その2
仮説と検証 その3
仮説と検証 その4
仮説と検証 その5
仮説と検証 その6
仮説・検証の具体的な4ステップ その1
仮説・検証の具体的な4ステップ その2
仮説・検証の具体的な4ステップ その3
仮説・検証の具体的な4ステップ その4
仮説・検証の3つの効果 その1
仮説・検証の3つの効果 その2
仮説・検証の3つの効果 その3
仮説・検証の3つの効果 その4
仮説・検証の3つの効果 その5
良い仮説の3要素 その1
良い仮説の3要素 その2
良い仮説の3要素 その3
良い仮説の3要素 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その1
良い仮説をつくるための3つの資質 その2
良い仮説をつくるための3つの資質 その3
良い仮説をつくるための3つの資質 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その5
検証の際の5つの注意点 その1
検証の際の5つの注意点 その2
検証の際の5つの注意点 その3
検証の際の5つの注意点 その4

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ