経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

フレームワーク思考 その4(5フォース分析、ポーターの3つの基本戦略)

フレームワーク思考 その4(5フォース分析、ポーターの3つの基本戦略)

<ファイブフォース分析>
 事業環境と自社の経営環境を把握したら、業界全体にも目を向けてみましょう。

 

短期的には影響を与えないことでも、長期的な視点では事業の成否に関わってくることもありますので、いずれの項目もおろそかにしてはいけません。

 

業界分析に活用できるフレームワークには『ファイブフォース分析(5つの力)』があります。

 

具体的には次の5つです。

 

@業界内の既存の競合
業界内の「敵対関係の強さ」を確認します。
競合が多い、成長が遅い、製品の差別化が難しい、撤退障壁が高いなどの場合には競争が激しくなります。

 

→今回の新規事業では現状は競合の存在もまだまだ少なく、敵対関係も弱い状態

 

A新規参入の脅威
「参入障壁の高さ」によって新規参入のしやすさが決まります。
参入障壁が低い場合、今後は競争が激化する可能性があります。

 

→今後出版業界に多くのインターネット事業者の参入は予想されますが、書籍に関するノウハウをどう培うかがポイントとなる

 

B代替品の脅威
代替品のコストパフォーマンスが高い場合や、供給体制が構築されている場合に脅威となります。

 

→オーディオやDVDなどの活字以外の媒体もあることはあるが、直接的な競合関係は弱い状態

 

C売り手の交渉力
売り手の数や業界の慣例などが交渉力を左右します。
独占市場であれば、売り手の交渉力は必然的に高まります。

 

→Y社にとって売り手は作家や著者になりますが、一部の売れっ子作家を除けば、大手出版社としての強みはあると考えられる

 

D買い手の交渉力
顧客にとって選択肢があればあるほど、買い手の交渉力は高まります。

 

最新の電子機器などは各社ともにコモディティ化(品質、機能、形状などの違いがなくなり、差別化できなくなること)すれば、買い手の交渉力は高まります。

 

→実際の書籍に比べて、電子書籍やインターネットの商品は安価になりがち。今までの実績から価格のイニシアティブよりもシェアを重視したい

 

それぞれがどのように影響しあうのかを確認し、全体を俯瞰することで、正しい行動計画の策定や問題への対策考案につながります。

 

ファイブフォース分析(業界内の既存の競合、新規参入の脅威、代替品の脅威、売り手の交渉力、買い手の交渉力)

 

2.戦略立案
 環境分析を終えたら、次は「戦略立案」を行います。
戦略とは、特定の目標を達成するための長期的な指標となるものですね。

 

ときに「戦術」と混同されて使われている場合がありますが、戦術は一過性の短期的な作戦にすぎません。

 

たとえば、「集中戦略」とは、市場や流通チャネル、あるいは顧客セグメントを特定のものに集中して事業を進めるという長期的な方針ですが、そのために「地域限定でチラシをまいてみる」などは、短期的な作戦としての戦術となります。

 

戦略立案に活用できるフレームワークは次の2つです。

 

ポーターの三つの基本戦略
7つのS

 

<ポーターの三つの基本戦略>
 マーケティングの名著『競争の戦略』の著者であるマイケル・E・ポーター教授は、他社との競争優位を築くために「3つの基本戦略」があると主張しています。

 

1.コストリーダーシップ戦略
 競合他社よりも低コストを実現することにより、収益性や価格面で優位性を確保する戦略が「コストリーダーシップ戦略」です。

 

たくさん作ることで「規模の経済」をきかせたり、ノウハウの蓄積やスキルの向上で効率をあげる「経験曲線の利用」などがあります。

 

2.差別化戦略
 コストリーダーシップ戦略が大企業、あるいは高シェアを維持している企業向けであるのに対し、「差別化戦略」は小規模事業者向けの戦略です。

 

具体的には、製品やサービスに他社との明確な違い(付加価値)を設けることで、高価格帯でも選ばれることが目的です。

 

3.集中戦略
 コストリーダーシップ戦略や差別化戦略の概念をそのまま適用し、ある特定の分野に特化して事業を進めていく戦略が「集中戦略」です。

 

コスト面で勝負するなら「コスト集中」になりますし、他社が真似できない商品やサービスの特徴で勝負するなら「差別化集中」となります。

 

→今回、A課長が行う新規事業では、まだ参入している業者も少なく市場も成長途上にありますので、企業全体としての「集中戦略」という位置づけで事業を展開していくのが賢明かと思われます。

 

ポーターの三つの基本戦略(コストリーダーシップ戦略、差別化戦略、集中戦略)

 

 

次のページ 「フレームワーク思考 その5(7つのS、短期・中期・長期)」

 

前のページ 「フレームワーク思考 その3(3C分析、SWOT分析)」

関連ページ

クリティカル・シンキングとは その1
クリティカル・シンキングとは その2
ゼロベース思考 その1
ゼロベース思考 その2
大きな論理の構造 その1
大きな論理の構造 その2
イシューと枠組み その1
イシューと枠組み その2
ピラミッドストラクチャー その1
ピラミッドストラクチャー その2
ロジックツリー その1
ロジックツリー その2
ロジックツリー その3
論理の構造化の重要ポイント その1
論理の構造化の重要ポイント その2
論理展開のパターン その1
論理展開のパターン その2
論理展開のパターン その3
演繹法 その1
演繹法 その2
帰納法 その1
帰納法 その2
複合的な論理展開 その1
複合的な論理展開 その2
論理展開の6つの注意点 その1
論理展開の6つの注意点 その2
論理展開の6つの注意点 その3
論理展開の6つの注意点 その4
現状把握の基本1(MECE) その1
現状把握の基本1(MECE) その2
フレームワーク思考 その1
フレームワーク思考 その2
フレームワーク思考 その3(3C分析、SWOT分析)
フレームワーク思考 その5(7つのS、短期・中期・長期)
フレームワーク思考 その6(4P、バランススコアカード)
フレームワーク思考 その7(バリューチェーン:付加価値の連鎖)
フレームワーク思考 その8(PPM、過去・現在・未来、仮説思考)
フレームワーク思考 その9(その他のフレームワーク)
現状把握の基本2(切り口と切り方) その1
現状把握の基本2(切り口と切り方) その2
現状把握の基本2(切り口と切り方) その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その1
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その2
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その4
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その5
因果関係の把握 その1
因果関係の把握 その2
因果関係の把握 その3
因果関係の把握 その4
因果関係の把握 その5
因果関係を考える3ステップ その1
因果関係を考える3ステップ その2
因果関係を考える3ステップ その3
因果関係を考える3ステップ その4
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その1
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その2
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その3
因果関係の7つの錯覚パターン その1
因果関係の7つの錯覚パターン その2
因果関係の7つの錯覚パターン その3
因果関係の7つの錯覚パターン その4
因果関係の7つの錯覚パターン その5
因果関係の7つの錯覚パターン その6
因果関係の7つの錯覚パターン その7
因果関係の7つの錯覚パターン その8
因果関係の7つの錯覚パターン その9
因果関係の7つの錯覚パターン その10
仮説と検証 その1
仮説と検証 その2
仮説と検証 その3
仮説と検証 その4
仮説と検証 その5
仮説と検証 その6
仮説・検証の具体的な4ステップ その1
仮説・検証の具体的な4ステップ その2
仮説・検証の具体的な4ステップ その3
仮説・検証の具体的な4ステップ その4
仮説・検証の3つの効果 その1
仮説・検証の3つの効果 その2
仮説・検証の3つの効果 その3
仮説・検証の3つの効果 その4
仮説・検証の3つの効果 その5
良い仮説の3要素 その1
良い仮説の3要素 その2
良い仮説の3要素 その3
良い仮説の3要素 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その1
良い仮説をつくるための3つの資質 その2
良い仮説をつくるための3つの資質 その3
良い仮説をつくるための3つの資質 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その5
検証の際の5つの注意点 その1
検証の際の5つの注意点 その2
検証の際の5つの注意点 その3
検証の際の5つの注意点 その4

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ