経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

仮説と検証 その4

仮説と検証 その4

【仮説検証のプロセス】
今回の事例では、すでにある意見を仮説と検証に分けて考えることで、論理的な議論へと発展できるというメリットを学びました。

 

今後、営業Bの部署では、意見交換する場面が発生する度に、仮説と検証に基いて建設的な話し合いができることでしょう。

 

考え方のプロセスを共有することが、ひとつのポイントとなっていました。

 

ただ、本来であれば、当初から仮説と検証に基づいた思考を共有していれば、事例にあるような問題はそもそも発生しなかったはずです。

 

とくに、企業で定例的に行われている会議では、仮説に基づいた今後の方針を示し、その仮説を検証するための適切なデータを示すことで、それぞれが意思決定の正誤を判断できるという利点があります。

 

また、会議だけでなく、企画書の作成や小規模単位の意見交換においても、仮説と検証の思考方法を実践することによって、ビジネスがスムーズに進むようになるでしょう。

 

つねにメリットとデメリットを考えながら意思決定しなければならないビジネスの現場だからこそ、仮説検証は思考のベースとして身につけておく必要があるのです。

 

では、具体的にどうやって仮説検証を行えばいいのでしょうか。

 

そのプロセスを交えつつ、考えていきましょう。

 

<1.状況を観察する>
仮説検証の第一段階は、まず、「状況を観察する」ことからはじめます。

 

ビジネスのプロジェクト単位で考えれば、「目的は何か?」「市場の動向は?」「競合はどこか?」「使える資金はどのくらいあるか?」「人員は何名か?」などですね。

 

先ほどの事例で言うところの、相手企業のスペックや過去の事例、時代の流れなどです。

 

もちろん、状況は刻一刻と変わっていきますので、今後の変化をも加味しつつ、仮説を構築しなければなりません。

 

将来の先行きは、はっきりとは見通せない場合がほとんどですが、自社にとっのてプラスの変化とマイナスの変化という双方向からの視点をもっていれば、今後の変化とのあいだに大きな相違点はなくなることでしょう。

 

仮説と検証

 

<2.仮説を設定する>
状況を観察し終えたら、次は「仮説の設定」です。

 

観察した状況を分析し、それぞれの要素から判断した仮の結論を導き出します。

 

先ほどの事例で言うと、ベテラン社員の「契約を見送る」や若手社員の「小規模の契約をする」などですね。

 

仮説を構築するために使用した根拠(状況の観察結果)を明確にしておけば、他人を説得するための材料としても活用できます。

 

仮説の設定時には、一般常識はともかく、自身の固定観念を持ち込まないようにしましょう。

 

とくに、個人の事情に関係した利害関係がからんでいる場合には、仮説の設定そのものに偏見が入り込んでしまうことになります。

 

つねに目的や状況を念頭に置きつつ、相対的に正しいと思われる仮説を構築したいですね。

 

仮説と検証

 

<3.仮説を検証する>
最後に、設定された仮説が正しいかどうかを「検証」していきます。

 

仮説の検証は、実際に行動してみるのがもっとも判別しやすい方法ですが(事例で言うところの「契約しない」あるいは「契約する」)、リスクを考えると、行動することが必ずしも最善策とは言えない場合もあるでしょう。

 

そうしたときには、さらなるリサーチや会議による意見交換、専門家への意見打診など、より仮説を掘り下げるためのリサーチによって検証を行います。

 

もし、仮説に明らかな間違いが見つかった場合、もしくは情勢の変化等で正しくなくなった場合には、その時点で修正を加え、仮説の精度を高めていきます。

 

仮説と検証

 

 

仮説検証とは、上記に示した3つのプロセスをくり返し行うことです。

 

いくら入念な調査を行っても、また、議論を尽くしたと思っていても、一度や二度の仮説検証では、その精度は不十分でしょう。

 

 

次のページ 「仮説と検証 その5」

 

前のページ 「仮説と検証 その3」

関連ページ

クリティカル・シンキングとは その1
クリティカル・シンキングとは その2
ゼロベース思考 その1
ゼロベース思考 その2
大きな論理の構造 その1
大きな論理の構造 その2
イシューと枠組み その1
イシューと枠組み その2
ピラミッドストラクチャー その1
ピラミッドストラクチャー その2
ロジックツリー その1
ロジックツリー その2
ロジックツリー その3
論理の構造化の重要ポイント その1
論理の構造化の重要ポイント その2
論理展開のパターン その1
論理展開のパターン その2
論理展開のパターン その3
演繹法 その1
演繹法 その2
帰納法 その1
帰納法 その2
複合的な論理展開 その1
複合的な論理展開 その2
論理展開の6つの注意点 その1
論理展開の6つの注意点 その2
論理展開の6つの注意点 その3
論理展開の6つの注意点 その4
現状把握の基本1(MECE) その1
現状把握の基本1(MECE) その2
フレームワーク思考 その1
フレームワーク思考 その2
フレームワーク思考 その3(3C分析、SWOT分析)
フレームワーク思考 その4(5フォース分析、ポーターの3つの基本戦略)
フレームワーク思考 その5(7つのS、短期・中期・長期)
フレームワーク思考 その6(4P、バランススコアカード)
フレームワーク思考 その7(バリューチェーン:付加価値の連鎖)
フレームワーク思考 その8(PPM、過去・現在・未来、仮説思考)
フレームワーク思考 その9(その他のフレームワーク)
現状把握の基本2(切り口と切り方) その1
現状把握の基本2(切り口と切り方) その2
現状把握の基本2(切り口と切り方) その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その1
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その2
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その4
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その5
因果関係の把握 その1
因果関係の把握 その2
因果関係の把握 その3
因果関係の把握 その4
因果関係の把握 その5
因果関係を考える3ステップ その1
因果関係を考える3ステップ その2
因果関係を考える3ステップ その3
因果関係を考える3ステップ その4
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その1
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その2
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その3
因果関係の7つの錯覚パターン その1
因果関係の7つの錯覚パターン その2
因果関係の7つの錯覚パターン その3
因果関係の7つの錯覚パターン その4
因果関係の7つの錯覚パターン その5
因果関係の7つの錯覚パターン その6
因果関係の7つの錯覚パターン その7
因果関係の7つの錯覚パターン その8
因果関係の7つの錯覚パターン その9
因果関係の7つの錯覚パターン その10
仮説と検証 その1
仮説と検証 その2
仮説と検証 その3
仮説と検証 その5
仮説と検証 その6
仮説・検証の具体的な4ステップ その1
仮説・検証の具体的な4ステップ その2
仮説・検証の具体的な4ステップ その3
仮説・検証の具体的な4ステップ その4
仮説・検証の3つの効果 その1
仮説・検証の3つの効果 その2
仮説・検証の3つの効果 その3
仮説・検証の3つの効果 その4
仮説・検証の3つの効果 その5
良い仮説の3要素 その1
良い仮説の3要素 その2
良い仮説の3要素 その3
良い仮説の3要素 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その1
良い仮説をつくるための3つの資質 その2
良い仮説をつくるための3つの資質 その3
良い仮説をつくるための3つの資質 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その5
検証の際の5つの注意点 その1
検証の際の5つの注意点 その2
検証の際の5つの注意点 その3
検証の際の5つの注意点 その4

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ