経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

因果関係の7つの錯覚パターン その2

因果関係の7つの錯覚パターン その2

【例題】
それでは、例題を通じて因果関係の錯覚についての理解を深めていきましょう。

 

登場する人物の考え方や発言から、どのような原因からどのような錯覚が起きてしまっているのかを意識しながら読み進めてみてください。

 

<例>
全国津々浦々に店舗を構えて、中古のゲームソフトを販売しているA社は、ここ数年の営業不振に悩んでいました。

 

かつては、20世紀後半のテレビゲームブームを受けて収益を伸ばしてきましたが、ここにきて急速に収益力が低下していたのです。

 

ゲーム業界そのものは、若干の縮小傾向にはあるものの、成長率は横ばいのままで、今後の対策によってはまだ伸びる可能性を残しています。

 

とくに、近年の技術革新はめざましく、最先端のテクノロジーをゲームにも取り込むことによって、新製品の売上に期待することができるでしょう。

 

多少価格が上がっても、市場の相場からそれほど乖離するわけではありませんので、受け入れられる可能性も高いのです。

 

しかし、それはあくまでも、ゲームを製作する側のこと。

 

中古商品を転売することで利益をあげてきたA社にとって、直接的にその恩恵を得られるかどうかは未知数です。

 

事態を重くみた営業部長のTは、全国各地の販売店を統括しているエリア統括マネージャーに聞きこみ調査を行いました。

 

その結果、次のような意見を得ることができました。

 

・新しいゲーム機が次々に登場しているので、古いゲーム機のソフトは売れないんですよ。
(関西エリア統括マネージャー)

 

・最近のゲームは難しくて、子どもたちのハートを掴むことができていないんです。
(近畿エリア統括マネージャー)

 

・消費税が上がってしまいましたので、節約志向が高まり、ゲームに使えるお金が減っているのではないでしょうか。
(四国エリア統括マネージャー)

 

・スタッフたちの接客態度に問題があり、クレームが発生しているせいではないでしょうか。一度、本社で研修をおこなってもらえませんか?
(北海道エリア統括マネージャー)

 

・定期的に大幅な値下げキャンペーンを行えば、客足は戻るかと思います。
(東北エリア統括マネージャー)

 

・現行の「売上高優秀店舗表彰制度」の内容を、もっと充実させてみてはいかがでしょうか。
(関東エリア統括マネージャー)

 

・新製品の買い取りを強化する目的で、「高価買取り」をキャッチコピーに掲げ、資金を投入すると良いかと思います。
(本社統括マネージャー)

 

T部長はさっそく、得られた調査結果をS社長に報告しました。

 

どの意見ももっともらしいものばかりですが、S社長としては、どうにもしっくりこないといった様子。

 

ただ、何が違和感を生じさせているのかは分からず、いくつかの意見を実践してみるという方針で話は進んでいきました。

 

そんなある日、懇意にしている経営コンサルタントのUさんが会社を訪問した時、T部長は何の気なしに聞き取り調査の結果を話しました。

 

すると、突然Uさんは真剣な顔になり、少しトーンを落とした口調でこう言ったのです。

 

「このままでは会社……潰れますよ」

 

T部長は、各地方のエリア統括マネージャーからの進言をもとに対策を講じればなんとかなるだろうと考えていただけに、Uさんの発言に驚愕しました。

 

「会社が潰れる……」 おそらく、S社長が感じていた違和感も、対策とその実際の効果との隔たりを予感していたからこそ生じていたのでしょう。

 

<解説>
では、なぜUさんは、会社が潰れると忠告するほどの危機的状況を察知したのでしょうか。

 

そこには、大きな企業にありがちな、社内の認識不和があったのです。

 

そしてその根底には「因果関係の錯覚」が潜んでいます。

 

各エリア統括マネージャーの意見を、それぞれ紐解いていきましょう。

 

 

次のページ 「因果関係の7つの錯覚パターン その3」

 

前のページ 「因果関係の7つの錯覚パターン その1」

関連ページ

クリティカル・シンキングとは その1
クリティカル・シンキングとは その2
ゼロベース思考 その1
ゼロベース思考 その2
大きな論理の構造 その1
大きな論理の構造 その2
イシューと枠組み その1
イシューと枠組み その2
ピラミッドストラクチャー その1
ピラミッドストラクチャー その2
ロジックツリー その1
ロジックツリー その2
ロジックツリー その3
論理の構造化の重要ポイント その1
論理の構造化の重要ポイント その2
論理展開のパターン その1
論理展開のパターン その2
論理展開のパターン その3
演繹法 その1
演繹法 その2
帰納法 その1
帰納法 その2
複合的な論理展開 その1
複合的な論理展開 その2
論理展開の6つの注意点 その1
論理展開の6つの注意点 その2
論理展開の6つの注意点 その3
論理展開の6つの注意点 その4
現状把握の基本1(MECE) その1
現状把握の基本1(MECE) その2
フレームワーク思考 その1
フレームワーク思考 その2
フレームワーク思考 その3(3C分析、SWOT分析)
フレームワーク思考 その4(5フォース分析、ポーターの3つの基本戦略)
フレームワーク思考 その5(7つのS、短期・中期・長期)
フレームワーク思考 その6(4P、バランススコアカード)
フレームワーク思考 その7(バリューチェーン:付加価値の連鎖)
フレームワーク思考 その8(PPM、過去・現在・未来、仮説思考)
フレームワーク思考 その9(その他のフレームワーク)
現状把握の基本2(切り口と切り方) その1
現状把握の基本2(切り口と切り方) その2
現状把握の基本2(切り口と切り方) その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その1
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その2
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その4
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その5
因果関係の把握 その1
因果関係の把握 その2
因果関係の把握 その3
因果関係の把握 その4
因果関係の把握 その5
因果関係を考える3ステップ その1
因果関係を考える3ステップ その2
因果関係を考える3ステップ その3
因果関係を考える3ステップ その4
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その1
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その2
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その3
因果関係の7つの錯覚パターン その1
因果関係の7つの錯覚パターン その3
因果関係の7つの錯覚パターン その4
因果関係の7つの錯覚パターン その5
因果関係の7つの錯覚パターン その6
因果関係の7つの錯覚パターン その7
因果関係の7つの錯覚パターン その8
因果関係の7つの錯覚パターン その9
因果関係の7つの錯覚パターン その10
仮説と検証 その1
仮説と検証 その2
仮説と検証 その3
仮説と検証 その4
仮説と検証 その5
仮説と検証 その6
仮説・検証の具体的な4ステップ その1
仮説・検証の具体的な4ステップ その2
仮説・検証の具体的な4ステップ その3
仮説・検証の具体的な4ステップ その4
仮説・検証の3つの効果 その1
仮説・検証の3つの効果 その2
仮説・検証の3つの効果 その3
仮説・検証の3つの効果 その4
仮説・検証の3つの効果 その5
良い仮説の3要素 その1
良い仮説の3要素 その2
良い仮説の3要素 その3
良い仮説の3要素 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その1
良い仮説をつくるための3つの資質 その2
良い仮説をつくるための3つの資質 その3
良い仮説をつくるための3つの資質 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その5
検証の際の5つの注意点 その1
検証の際の5つの注意点 その2
検証の際の5つの注意点 その3
検証の際の5つの注意点 その4

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ