経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

イシューと枠組み その2

イシューと枠組み その2

【イシューの役割】
 先述のAさんが設定したイシューと枠組みは次のとおりです。

 

<イシュー(大きな問い)>
昨年から行っている海外事業の是非

 

 イシューという大きな問いをあらかじめ提示しておくことで、各自が意見を述べる際の指標となります。

 

これにより、たとえこれまでに感じていたことだとしても、イシューから大きく解離する発言をしにくくなるのです。

 

たしかに、各部門ごとに言いたいことはあるでしょう。
それぞれが頑張っていればなおさらです。

 

自負があればあるほど、犯人探しや鶏卵論争をはじめてしまうのも無理はありません。
しかし、それでは建設的な会議はできません。

 

議論が白熱するのは悪いことではありませんが、大切なのは“会議の原点”に立ち返って各々が自重することです。

 

会議は単なる儀式でもストレス発散の場でもありません。

 

会社が発展していくために、全社員が知恵を絞って目の前の課題に取り組んむこと。
そしてその心的姿勢を出席者全員が共有することからはじめる必要があります。

 

 イシューを設定するメリットをまとめると次のとおりになります。

 

大きな問いを意識することで議論がブレない
発言する際のポイントが明確になる
・テーマに対する各部門の取り組みを知ることができる

 

【枠組みの働き】
 次に、Aさんが設定した枠組みを見ていきましょう。

 

<枠組み(小さな問い)>
・各部門のアプローチと業績、及び所感
・他部門の意見を聞いた上での実感
・継続した場合の影響、撤退した場合の影響
・継続する場合の具体的な戦術
・撤退する場合の具体的な出口戦略

 

 小さな問いを設定することで、発言者に与えられた時間を制限することができます。

 

それだけでなく、イシューに対する各部門の取り組み方、その力の入れ具合も明確になるのです。

 

たとえイシューがあっても、枠組みを設定していなければ、各自が収集しやすいデータから都合の良い発言をしてしまう可能性があります。

 

それこそが会議のための会議の元となります。

 

枠組みという個別の問いを意識させれば、話し手はもちろんのこと、聞き手もまた関心を向けやすくなります。

 

そして、問いに対する自身の意見と他者の意見とを踏まえてさらに発言させることにより、実行力のあるすり合わせが可能となるのです。

 

 枠組みを設定するメリットは次のとおりです。

 

何について答えるべきかが明確になる
発言者と聞き手、両者の関心が高まる
課題に対して同じ方向を向きながら議論ができる

イシューと枠組みの具体的な事例

【注意点】

 

<イシューの注意点>
 イシューは枠組みと違って意識しなければ忘れてしまう可能性があります。

 

進行役であるAさんは、その点を踏まえて適時質問をするようにしました。
そうすることで、発言のブレを補修したのです。

 

 また、実際にイシューを設定する際には、より具体的なものでなければなりません。
抽象的な問いは抽象的な意見しか生みません。

 

加えて、正しい答えがあらかじめあるという姿勢ではなく、状況に応じて最善手が選択できるような柔軟性も持つ必要があるでしょう。

 

<枠組みの注意点>
 枠組みはイシューに直接関係するような問いでなければなりません。

 

イシューとかけ離れた問いを提起してしまえば、結果的に議論の焦点がボヤけてしまうのです。

 

イシューに答えるためにはどのような問いが必要かを、可能な限り集約しましょう。

 

 もっとも、問いが少なすぎてもいけません。
部分的な問いに答えさせるだけでは大きな問いに対する視点が失われてしまいます。

 

あくまでもイシューに答えるための枠組みなのですから、漏れもダブりも無いように微調整することが大切です。

 

【まとめ】
・思考の方向性、議論の道筋となる「イシュー」と「枠組み」

 

・イシューは課題解決のための“大きな問い”である

 

・枠組みはイシューに答えるための“複数の小さな問い”である

 

・イシューと枠組みを活用すれば、議論はより建設的になる

 

 

前のページ 「イシューと枠組み その1」

関連ページ

クリティカル・シンキングとは その1
クリティカル・シンキングとは その2
ゼロベース思考 その1
ゼロベース思考 その2
大きな論理の構造 その1
大きな論理の構造 その2
イシューと枠組み その1
ピラミッドストラクチャー その1
ピラミッドストラクチャー その2
ロジックツリー その1
ロジックツリー その2
ロジックツリー その3
論理の構造化の重要ポイント その1
論理の構造化の重要ポイント その2
論理展開のパターン その1
論理展開のパターン その2
論理展開のパターン その3
演繹法 その1
演繹法 その2
帰納法 その1
帰納法 その2
複合的な論理展開 その1
複合的な論理展開 その2
論理展開の6つの注意点 その1
論理展開の6つの注意点 その2
論理展開の6つの注意点 その3
論理展開の6つの注意点 その4
現状把握の基本1(MECE) その1
現状把握の基本1(MECE) その2
フレームワーク思考 その1
フレームワーク思考 その2
フレームワーク思考 その3(3C分析、SWOT分析)
フレームワーク思考 その4(5フォース分析、ポーターの3つの基本戦略)
フレームワーク思考 その5(7つのS、短期・中期・長期)
フレームワーク思考 その6(4P、バランススコアカード)
フレームワーク思考 その7(バリューチェーン:付加価値の連鎖)
フレームワーク思考 その8(PPM、過去・現在・未来、仮説思考)
フレームワーク思考 その9(その他のフレームワーク)
現状把握の基本2(切り口と切り方) その1
現状把握の基本2(切り口と切り方) その2
現状把握の基本2(切り口と切り方) その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その1
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その2
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その4
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その5
因果関係の把握 その1
因果関係の把握 その2
因果関係の把握 その3
因果関係の把握 その4
因果関係の把握 その5
因果関係を考える3ステップ その1
因果関係を考える3ステップ その2
因果関係を考える3ステップ その3
因果関係を考える3ステップ その4
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その1
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その2
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その3
因果関係の7つの錯覚パターン その1
因果関係の7つの錯覚パターン その2
因果関係の7つの錯覚パターン その3
因果関係の7つの錯覚パターン その4
因果関係の7つの錯覚パターン その5
因果関係の7つの錯覚パターン その6
因果関係の7つの錯覚パターン その7
因果関係の7つの錯覚パターン その8
因果関係の7つの錯覚パターン その9
因果関係の7つの錯覚パターン その10
仮説と検証 その1
仮説と検証 その2
仮説と検証 その3
仮説と検証 その4
仮説と検証 その5
仮説と検証 その6
仮説・検証の具体的な4ステップ その1
仮説・検証の具体的な4ステップ その2
仮説・検証の具体的な4ステップ その3
仮説・検証の具体的な4ステップ その4
仮説・検証の3つの効果 その1
仮説・検証の3つの効果 その2
仮説・検証の3つの効果 その3
仮説・検証の3つの効果 その4
仮説・検証の3つの効果 その5
良い仮説の3要素 その1
良い仮説の3要素 その2
良い仮説の3要素 その3
良い仮説の3要素 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その1
良い仮説をつくるための3つの資質 その2
良い仮説をつくるための3つの資質 その3
良い仮説をつくるための3つの資質 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その5
検証の際の5つの注意点 その1
検証の際の5つの注意点 その2
検証の際の5つの注意点 その3
検証の際の5つの注意点 その4

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ