経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

M&A(企業の合併・買収) その2

M&A(企業の合併・買収) その2

【M&Aが行われやすいケースとは】
近年は市場変化の高速化によって、特に大企業を中心としてM&Aによって「素早く」自社のセグメントを広げていこうという動きが広まっています。

 

そしてそのような場合の買収対象は大企業だけではなく、中小企業やベンチャー企業なども対象となっています。

 

このような動きの中で、「買収されやすい」会社の特徴も変化しつつあります。

 

ここで、そのような買収されやすい会社の特徴を考えてみましょう。

 

 

まず最も買収のターゲットとなりやすい会社は、「強固なブランド」を持っている会社です。

 

ブランドは例えば経営者が変わってもそれが変わることはなく、消費者への認知度が変わることもありません。

 

そのようなブランドは、経営を刷新するあるいは豊富な資金を持つ会社が買収することにより、これまで以上にその認知度を高める、または買収する側の会社とコラボレーションさせることで、より消費者に浸透させることが可能となるケースがあります。

 

近年は、M&Aによってその「ブランド」を買うということが多くなっているということです。

 

 

次にターゲットとなるのは、「固定資産を豊富に持つ会社」です。

 

例えば歴史の長い会社で、有効利用されていない土地やビルを多く所有している場合などは、それを活用する、あるいは売却することによって、経営効率が上がる可能性が高くなります。

 

あるいは、特殊な機械設備が必要な事業でその設備を多く保有している場合なども、新規に事業を始めるのに比べて、M&Aで会社ごと買収することで一気にその事業に着手することができるようになります。

 

そしてこのような固定資産を豊富に持つ会社は、比較的それらの資産をうまく活用できていないケースが多いとも言われています。

 

特に歴史の長い会社は、その「伝統」が経営の効率化を阻害していることが多いのです。

 

このため、新たな風を吹き込むことで組織が活性化する場合が多くなるため、買収対象となりやすいのです。

 

しかし、ここで考えなければいけないことは、経営陣や専門的な知識や技術力を持つ社員の去就です。

 

例えば買収対象となる会社の経営者がカリスマ経営者で、買収によってそのカリスマ経営者が抜けることで企業価値が損なわれると考えられる場合、買収リスクは大きく跳ね上がることになりますので、買収対象にはなりにくいと言えます。

 

 

【M&Aの実情】
これまで見てきたように、M&Aはシナジー効果をねらって買収後の企業価値を「1+1 > 2」にしようという戦略です。

 

このため、買収価格にはシナジー効果が発揮されるという前提で一定のプレミアムがつけられることが多くなっています。

 

しかし、ファイナンス面から考えても、定性的に考えても、その未来が保障されているというわけではありません。

 

実際には「うまくシナジーを発揮できなかった」というケースも多数存在します。

 

また、M&Aは「買収する側」に焦点が当たりがちですが、現在は当初から「会社を売却すること」を考えて創業するというケースも見られるようになっています。

 

例えばソフトウェアなどで一定のシェアを獲得した時点で、そのソフトウェアを含めた事業を売却し、すぐにまた次の事業を開始するような場合がそれに当たります。

 

このような手法は事業を継続することで過当競争になった場合に、売上が減少するリスクを最小限に防げる「売却する側」から見たM&Aの手法です。

 

近年のM&Aは、非常に多様化しているということを知っておきましょう。

 

 

前のページ 「M&A(企業の合併・買収) その1」

関連ページ

ファイナンスとは
「儲け」とは
財務諸表とファイナンス その1
財務諸表とファイナンス その2
キャッシュフローを理解する その1
キャッシュフローを理解する その2
キャッシュフローを理解する その3
埋没コストと機会費用
企業経営とキャッシュフロー概念 その1
企業経営とキャッシュフロー概念 その2
現在価値を理解する その1
現在価値を理解する その2
現在価値の計算
永続価値を理解する その1
永続価値を理解する その2
リースファクター(年金現価係数) その1
リースファクター(年金現価係数) その2
リスクを理解する その1
リスクを理解する その2
リスクとポートフォリオ その1
リスクとポートフォリオ その2
ファイナンスのための統計学基礎
リスクとリターン その1
リスクとリターン その2
リスクとリターン その3
ポートフォリオの拡張と最適ポートフォリオ
CAPM(Capital Asset Pricing Model)とは
β(ベータ)を理解する
CAPMの公式と解明 その1
CAPMの公式と解明 その2
ファンダメンタル価値理論と砂上の楼閣理論
効率的市場仮説とランダムウォーク
資本コスト(WACC)を理解する その1
資本コスト(WACC)を理解する その2
資本コスト算定の注意点
財務レバレッジとβ(ベータ) その1
財務レバレッジとβ(ベータ) その2
財務レバレッジとβ(ベータ) その3
バリュエーションを理解する
NPV(Net Present Value:正味現在価値)
NPVによる投資評価 その1
NPVによる投資評価 その2
NPVの注意点
APV(Adjusted Present Value:調整現在価値)
NPVとAPVの関係
IRR(Internal Rate of Return:内部収益率)
EVA(Economic Value Added:経済的付加価値)
MVA(Market Value Added:市場付加価値)
回収期間(Payback)法と会計上の収益率 その1
回収期間(Payback)法と会計上の収益率 その2
PI(Profitability Index:収益性指標)
負債を活用した場合のNPV
企業価値を理解する
株価の理論値を理解する その1
株価の理論値を理解する その2
連結決算が企業価値に与える影響
経営の多角化が企業価値に与える影響
M&A(企業の合併・買収) その1
財務政策を理解する
最適資本構成とMM理論 その1
最適資本構成とMM理論 その2
利益還元政策を理解する その1
利益還元政策を理解する その2
株主に報いるには
オプションを理解する その1
オプションを理解する その2
プレミアムの算定(二項過程モデル、ヘッジレシオ、プット・コール・パリティ) その1
プレミアムの算定(二項過程モデル、ヘッジレシオ、プット・コール・パリティ) その2
プレミアムの算定(二項過程モデル、ヘッジレシオ、プット・コール・パリティ) その3
ブラック-ショールズの公式
リアルオプションを理解する
負債コストとオプションの関係
「格付け」を理解する
経営戦略とファイナンス その1
経営戦略とファイナンス その2
コーポレートガバナンス(企業統治)を理解する その1
コーポレートガバナンス(企業統治)を理解する その2
資金調達方法(負債と自己資本) その1
資金調達方法(負債と自己資本) その2
資金調達方法(負債と自己資本) その3
資金計画を考える
IR(インベスター・リレーションズ)とは
証券化とは

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ