経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

MVA(Market Value Added:市場付加価値)

MVA(Market Value Added:市場付加価値)

【MVAを理解する】
EVA(Economic Value Added:経済的付加価値)は、NPV、FCFと関連が深いものであるということを学びました。

 

そして同じようにEVAと関連の深い指標として、MVA(Market Value Added:市場付加価値)というものがあります。

 

今回はMVAとは何かについて、NPVとEVAそれぞれとの関係から考えてみましょう。

 

 

【MVA(Market Value Added:市場付加価値)とは】
MVAとは、EVAと同様スターン・スチュワート社が開発し、同社が商標登録を行っている指標です。

 

そしてMVAは、一般に以下の式で計算されます。

 

MVA = (株式の時価総額+負債の時価総額)−(株主資本(簿価)+負債(簿価))

 

簡単に言うとMVAは、「会社の時価が簿価をどの程度上回っているか」を表す指標です。

 

時価、特に株式の時価総額は、株価という形で日々市場で取引されて決まるものです。

 

よって、MVAがプラスの場合は投資家から、「会社には何らかのプレミアムがある」と判断されているということになります。

 

ではこのプレミアムとは何でしょうか?

 

 

【MVAとNPVとの関係】
ここでMVAのプレミアムを理解するために、NPVとの関係について考えてみます。

 

まず、MVAの計算式は、違う側面から見ると以下になると考えられます。

 

MVA = (株式の時価総額+負債の時価総額)−(株主資本(簿価)+負債(簿価))
 ↓
MVA = 企業価値−投下資本

 

まず、「株式の時価総額+負債の時価総額」はまさに現在市場から評価されている企業の価値を表しています。

 

市場が効率的(株式市場には、放置された割安な株や極端な高値をつけている株はない)と考えられるならば、原則として企業価値は株式が売買されることで、その価値は常に正確に決まっていると考えられるためです。

 

そして「株主資本(簿価)+負債(簿価)」は、実際に会社が使っている(投下している)資本のことです。

 

投下資本は厳密な意味では様々な解釈がありますが、ここでは「株主資本(簿価)+負債(簿価)」を投下資本と考えます。

 

そして上記はさらに以下のように考えることもできます。

 

MVA = 市場が決める企業価値−投下資本
 ↓
MVA = 投資家が会社が今後稼ぎ出すと考えるFCFの現在価値−投下資本

 

MVAを考えた際の企業価値は、原則として投資家が決めているということです。

 

ここで、一般的な事業で考えたNPVの計算式は以下です。

 

NPV = 今後生み出すFCFの現在価値−投資費用の現在価値

 

これを上記のMVAの計算式と比較すると、企業全体でみるか事業で見るかの違いだけになります。

 

つまり、MVAは「投資家から見た会社全体のNPV(企業価値)」であるということになり、「MVA = NPV」が成り立つのです。

 

そして上記のプレミアムとは、会社のNPVであるということになります。

 

MVAがプラスの場合は、会社が資本コスト(WACC)以上のCFを稼ぐと判断されているということです。

 

 

【MVAとEVAとの関係】
次にMVAとEVAの関係について考えてみます。

 

EVAの計算式は以下です。

 

EVA = NOPAT−(有利子負債+株主資本)×WACC

 

ここで、「有利子負債+株主資本」についても、実質的な投資資本と考えることができます。

 

よって、EVAは以下のように考えることができます。

 

EVA = NOPAT−投下資本×WACC

 

そして再度MVAの計算式を考えてみます。

 

MVA = 投資家が会社が今後稼ぎ出すと考えるFCFの現在価値−投下資本

 

ここで、この中のFCFについて考えてみましょう。

 

FCFの計算式は以下です。

 

FCF = NOPAT+減価償却費+運転資本増減(増加はマイナス、減少はプラス)−投資費用

 

そして会社が今後事業を安定的に行うと仮定し、現金支出のない減価償却費をすべて次の設備更新に充て、運転資本の増減もないとすると、設備費用は減価償却費と相殺され、FCFは以下のようになります。

 

FCF = NOPAT

 

すると、MVAは以下のようになります。

 

MVA = 投資家が会社が今後稼ぎ出すと考えるNOPATの現在価値−投下資本

 

そしてNOPATの現在価値は永続価値計算によって以下のように計算できます。

 

NOPATの現在価値 = NOPAT÷資本コスト(WACC)

 

よってMVAは以下になります。

 

MVA
 = NOPAT÷資本コスト(WACC)−投下資本
 = (NOPAT−投下資本×WACC)÷WACC
 = EVA÷WACC

 

つまり、MVAはEVAの永続価値、つまり各年度のEVAの現在価値の総和(永続価値)であるということです。

 

これがMVA(市場付加価値)の考え方と計算方法です。

 

ここではMVAは投資家(市場)から見た会社のNPVであること、EVAの永続価値がMVAになるということを理解しておきましょう。

関連ページ

ファイナンスとは
「儲け」とは
財務諸表とファイナンス その1
財務諸表とファイナンス その2
キャッシュフローを理解する その1
キャッシュフローを理解する その2
キャッシュフローを理解する その3
埋没コストと機会費用
企業経営とキャッシュフロー概念 その1
企業経営とキャッシュフロー概念 その2
現在価値を理解する その1
現在価値を理解する その2
現在価値の計算
永続価値を理解する その1
永続価値を理解する その2
リースファクター(年金現価係数) その1
リースファクター(年金現価係数) その2
リスクを理解する その1
リスクを理解する その2
リスクとポートフォリオ その1
リスクとポートフォリオ その2
ファイナンスのための統計学基礎
リスクとリターン その1
リスクとリターン その2
リスクとリターン その3
ポートフォリオの拡張と最適ポートフォリオ
CAPM(Capital Asset Pricing Model)とは
β(ベータ)を理解する
CAPMの公式と解明 その1
CAPMの公式と解明 その2
ファンダメンタル価値理論と砂上の楼閣理論
効率的市場仮説とランダムウォーク
資本コスト(WACC)を理解する その1
資本コスト(WACC)を理解する その2
資本コスト算定の注意点
財務レバレッジとβ(ベータ) その1
財務レバレッジとβ(ベータ) その2
財務レバレッジとβ(ベータ) その3
バリュエーションを理解する
NPV(Net Present Value:正味現在価値)
NPVによる投資評価 その1
NPVによる投資評価 その2
NPVの注意点
APV(Adjusted Present Value:調整現在価値)
NPVとAPVの関係
IRR(Internal Rate of Return:内部収益率)
EVA(Economic Value Added:経済的付加価値)
回収期間(Payback)法と会計上の収益率 その1
回収期間(Payback)法と会計上の収益率 その2
PI(Profitability Index:収益性指標)
負債を活用した場合のNPV
企業価値を理解する
株価の理論値を理解する その1
株価の理論値を理解する その2
連結決算が企業価値に与える影響
経営の多角化が企業価値に与える影響
M&A(企業の合併・買収) その1
M&A(企業の合併・買収) その2

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ