経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

人事考課とは

人事考課とは

今回は人事考課について説明していきます。

 

今回の文章を読むことによって、人事考課とは何か人事考課を行うにあたって注意すべきポイントを学ぶことができます。

 

人事考課とは、従業員の能力や業績を評価するための制度で、職務を通じて評価対象となるメンバーの保有する能力や、業務の遂行状況、業務に対する態度や姿勢、それらの結道による成果や業績を評価する仕組みをいいます。

 

似たような言葉に「人事評価」があります。

 

これらの言葉はほとんど同じ意味として使われていますが、賃金等の処遇面への反映(査定)を中心とした狭義での評価を「人事考課」とし、能力開発や配置、業務改善等のその他の目的も含めて、広義でとらえたものが「人事評価」とする考え方もあります。

 

人事考課は、昇進・昇格や人材配置、昇給、賞与、教育訓練等に関する決定に際して重要な資料となるため、大きな影響を持ちます。

 

そのため、人事考課での評価結果については、公平で信頼の持てる根拠のあるものである必要があります。

 

また、自己申告制度や自己答申と面接を行うなど、客観性や納得性を高めるために補完的な仕組みを組み合わせて行うことも重要となります。

 

人事考課とは1

 

特に自己申告制度については、目標管理と組み合わせることによって、メンバー自身が自らの担当業務の遂行状況や勤務態度等についての自己評価を行うとともに、自己の適性や保有する資格、専門知識、将来的な担当職務についての希望や目標を申告し、上司や人事担当者との間でキャリアディベロップメントプラン等についての面接を行うこともできます。

 

これらの諸制度については、いかに人事考課に対する信頼性を高め、適正な人材配置や人材開発に活かせるかという目的の下に実施されています。

 

上司や人事担当者からの一方的なものではなく、双方向で行えるようにしたものが自己申告制度です。

 

さらに客観性を高めた評価方法として、自分自身や上司だけでなく同僚や部下までもが評価に加わった360度評価制度を導入している企業組織もあります。

 

360度評価を導入している企業組織の例として、外資系金融の代表的企業である「ゴールドマン・サックス」が挙げられます。

 

ゴールドマン・サックスでの360度評価の導入目的は、上司の適正な評価と社員の評価に対する納得性を高めることにあります。

 

同社での360度評価は年1回、新入社員から経営トップまでの全社員を対象として実施されています。

 

360度評価の実施結果はレビューにまとめられ、上司にフィードバックされます。

 

フィードバックを受けた上司は、部下のレビューを見て、ビジネス上のスキルはどう評価されているのか、チームワークはどうなのか等を把握しどういう評価を下すべきかを考えます。

 

そして、来期に向けて部下をどういうふうに伸ばしていくのかを考えて部下との面談に臨みます。

 

また、360度評価によるレビューによって、同社が最大の価値を置くチームへの貢献度も一目瞭然となります。

 

仮に、チームでの主導権を握りたいがために上司が教えるべきことを教えていなければ、上司自身が痛い目に遭うことになるのです。

 

360度評価の結果は、上司の横暴な言動を牽制するだけではなく、「社員にとっても自分はフェアに評価されていると思う」という重要な機能も果たしているのです。

 

また、評価担当者も被評価者も、自己申告制度や面接での指導を通じてコーチングやプレゼンテーションといった関連スキルを向上させることが期待できます。

 

 

このように、近年の人事考課制度は上司や人事担当者からの一方的な評価を行うのではなく、双方向でのやり取りにしたり、多面的な評価とすることによって、評価結果に対する納得性を高める工夫がなされているのです。

 


HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ