経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

流通戦略C(チャネル変更とハイブリッド・チャネル) その1

流通戦略C(チャネル変更とハイブリッド・チャネル) その1

【流通チャネルの変更】
製造メーカーにとって流通チャネルの存在は、自社の利益を確保し、継続的に営業活動を行うための重要な基盤となります。

 

優れたマーケティング戦略を背景に製品を企画・開発し、いざ顧客に提供しようと思っても、流通チャネルが正しく機能しなければ売上をあげることはできません。

 

だからこそ、流通チャネルの構築とその維持に関しては、マーケティング戦略の一環として連動させつつ熟慮しなければならないのです。

 

たとえ社内に強力な営業部隊を抱えていても、専門の販売部があったとしても、既存の卸売業者や小売業者の協力を取り付けなければ事業を拡大できないこともあるでしょう。

 

流通チャネル構築プロセス」の項でもご説明しましたが、流通チャネル構築の初期段階においては、次のような要素を考慮する必要がありました。

 

・人口動態
・製品特性
・顧客の購入スタイル
・経済性(投資額、維持コスト)
・競合の流通チャネル政策
・自社のブランド力、製品ライン、サービスの競争力

 

ただ、長期的な視点で考えると、流通チャネルは一度構築すればそれで良いということではなく、環境の変化に応じて柔軟に変えていかなければなりません。

 

初期の段階から環境の変化に応じて変えることを意識すべき要素は、次のとおりです。

 

・買い手の行動
・買い手の求める情報
・製品の技術的特徴
・競合の流通戦略
・利用可能なチャネル
・法規制

 

流通戦略(チャネル変更とハイブリッド・チャネル)

 

 

企業活動全般においても言えることですが、変化に対応できない組織はやがて衰退してしまいます。

 

その理由は生物と同じで、環境に応じて適切に新陳代謝が行えないからです。

 

かつては日本を代表する優良企業ともてはやされていた企業が、硬直した組織体系から抜けだせず、衰退していく例は枚挙にいとまがありません。

 

同じように、流通チャネル一つとっても、随時適切に変えていかなければならないのです。

 

では、具体的にどのような要素が流通戦略に変化の必要性をもたらすのでしょうか。

 

次のとおりです。

 

<「市場の拡大と成熟度」の観点から>
・製品の細分化
・市場の細分化
・新しい市場分野の出現
・購買行動の変化
・買い手の求める情報の変化
・大口顧客の出現
・コスト要素の変化
・新しいチャネルの出現
・法規制による制約の変化

 

<「製品の進化」の観点から>
・技術の成熟化
・製品ラインの更新

 

流通戦略(チャネル変更とハイブリッド・チャネル)

 

 

とくに市場の成長によって、メーカーと流通業者との力関係が変化することは往々にしてあります。

 

たとえば、類似商品が多数登場し、それによって価格競争に陥ればメーカーの意向を無視してでも安値で販売する業者も現れるかもしれません。

 

流通業者側としても、売るという究極的な目的のためにメーカーに要求を突きつけることもあるのです。

 

そのなかでは、希望小売価格の見直しやプライベートブランドの投入などもあるでしょう。

 

このように、外部組織を利用することが多い流通チャネルの構築においては、相手との関係性にも配慮しなければなりません。

 

ともに成長してきた間柄であれば、環境の変化という理由で簡単に切り離すことはできないでしょう。

 

全体のバランスを考えつつ、適切な判断が求められます。

 

 

【例題】
それでは、例題をとおして、流通チャネルの変更についてより深く学んでいきましょう。

 

企業の目的のひとつとして、組織の繁栄ということがあります。

 

継続して事業活動を行えないのであれば、こと営利目的の組織に関して言えば、存在している意義がないのです。

 

そういった「企業活動の本質」と、長期的な付き合いや協業関係といった「人間的なバランス」を考慮しつつ、流通チャネルを変更していきましょう。

 

 

次のページ 「流通戦略C(チャネル変更とハイブリッド・チャネル) その2」

関連ページ

マーケティングとは その1
マーケティングとは その2
マーケティング戦略策定プロセス その1
マーケティング戦略策定プロセス その2
マーケティング戦略策定プロセス その3
企業におけるマーケティング その1
企業におけるマーケティング その2
環境分析 その1
環境分析 その2
環境分析のフレームワーク その1
環境分析のフレームワーク その2
環境分析のフレームワーク その3
マーケティング課題の特定 その1
マーケティング課題の特定 その2
標的市場の選定 その1
標的市場の選定 その2
標的市場の選定 その3
セグメンテーション その1
セグメンテーション その2
ターゲティング その1
ターゲティング その2
ターゲティング その3
ポジショニング その1
ポジショニング その2
ポジショニング その3
マーケティングミックス(4P分析) その1
マーケティングミックス(4P分析) その2
製品戦略@(製品とは) その1
製品戦略@(製品とは) その2
製品戦略A(新製品開発プロセス) その1
製品戦略A(新製品開発プロセス) その2
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その1
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その2
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その3
製品戦略C(製品ライフサイクル) その1
製品戦略C(製品ライフサイクル) その2
製品戦略D(プロダクトエクステンション) その1
製品戦略D(プロダクトエクステンション) その2
価格戦略@(製造コストとカスタマー・バリュー) その1
価格戦略@(製造コストとカスタマー・バリュー) その2
価格戦略A(価格設定の影響要因) その1
価格戦略A(価格設定の影響要因) その2
価格戦略B(価格設定手法) その1
価格戦略B(価格設定手法) その2
価格戦略B(価格設定手法) その3
価格戦略C(新製品の価格設定) その1
価格戦略C(新製品の価格設定) その2
価格戦略D(心理的価格設定、価格調整法、値下げ) その1
価格戦略D(心理的価格設定、価格調整法、値下げ) その2
流通戦略@(流通チャネルとは) その1
流通戦略@(流通チャネルとは) その2
流通戦略A(流通チャネルの種類) その1
流通戦略A(流通チャネルの種類) その2
流通戦略A(流通チャネルの種類) その3
流通戦略B(流通チャネル構築プロセス) その1
流通戦略B(流通チャネル構築プロセス) その2
流通戦略B(流通チャネル構築プロセス) その3
流通戦略C(チャネル変更とハイブリッド・チャネル) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略@(コミュニケーションの役割) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略@(コミュニケーションの役割) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略A(コミュニケーション手法) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略A(コミュニケーション手法) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略A(コミュニケーション手法) その3
コミュニケーション(プロモーション)戦略B(プッシュ戦略とプル戦略) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略B(プッシュ戦略とプル戦略) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略C(メディアの種類) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略C(メディアの種類) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略D(コミュニケーション戦略立案プロセス) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略D(コミュニケーション戦略立案プロセス) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略D(コミュニケーション戦略立案プロセス) その3
コミュニケーション(プロモーション)戦略E(AIDMA・AISAS・AISCEAS理論) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略E(AIDMA・AISAS・AISCEAS理論) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略F(レピュテーション・マネジメント) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略F(レピュテーション・マネジメント) その2
ブランド戦略@(ブランドとは) その1
ブランド戦略@(ブランドとは) その2
ブランド戦略@(ブランドとは) その3
ブランド戦略A(ブランド・エクイティ) その1
ブランド戦略A(ブランド・エクイティ) その2
ブランド戦略A(ブランド・エクイティ) その3
ブランド戦略B(ブランドの構築と展開) その1
ブランド戦略B(ブランドの構築と展開) その2
ブランド戦略B(ブランドの構築と展開) その3
ブランド戦略C(ブランドの拡張と浸透) その1
ブランド戦略C(ブランドの拡張と浸透) その2
ブランド戦略C(ブランドの拡張と浸透) その3
ブランド戦略D(コーポレート・ブランディング) その1
ブランド戦略D(コーポレート・ブランディング) その2
ブランド戦略D(コーポレート・ブランディング) その3
マーケティングリサーチ@(意義と役割) その1
マーケティングリサーチ@(意義と役割) その2
マーケティングリサーチA(必要な情報) その1
マーケティングリサーチA(必要な情報) その2
マーケティングリサーチA(必要な情報) その3
マーケティングリサーチB(手法とプロセス) その1
マーケティングリサーチB(手法とプロセス) その2
マーケティングリサーチB(手法とプロセス) その3
マーケティングリサーチC(注意点) その1
マーケティングリサーチC(注意点) その2
競争戦略@(競争戦略とは) その1
競争戦略@(競争戦略とは) その2
競争戦略A(リーダー企業の戦略) その1
競争戦略A(リーダー企業の戦略) その2
競争戦略A(リーダー企業の戦略) その3
競争戦略B(後続企業の戦略) その1
競争戦略B(後続企業の戦略) その2
競争戦略B(後続企業の戦略) その3
カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM) その1
カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM) その2
カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM) その3
カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)の実施と導入ポイント その1
カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)の実施と導入ポイント その2
ビジネスマーケティング(生産財マーケティング) その1
ビジネスマーケティング(生産財マーケティング) その2
ビジネスマーケティング(生産財マーケティング) その3
ビジネスマーケティングと俯瞰思考 その1
ビジネスマーケティングと俯瞰思考 その2
ビジネスマーケティングと俯瞰思考 その3
ソリューションの価値と価格への転換 その1
ソリューションの価値と価格への転換 その2
ソリューションの価値と価格への転換 その3
グローバルマーケティング その1
グローバルマーケティング その2
グローバルマーケティング その3
グローバルマーケティングにおける企業の条件 その1
グローバルマーケティングにおける企業の条件 その2
グローバルマーケティングのプロセスと注意点 その1
グローバルマーケティングのプロセスと注意点 その2

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ