経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

聴き手に驚きを与える

聴き手に驚きを与える

今回は、聴き手に驚きを与えるプレゼンテーションについて説明していきます。

 

この文章を読むことで、「驚きを与える演出」や「演出の際の注意点」について学ぶことができます。

 

聴き手に驚きを与えるプレゼン

 

プレゼンのときに聴き手に興味を持ってもらう方法をお伝えしていますが、その中でも聴き手が驚くほどのインパクトを与えることは、プレゼンの成功につながります。

 

例えば、スティーブ・ジョブズがMacBook Air(アップル社の薄型ノートPC)を初めて発表した時のプレゼンを覚えている方もいると思います。どこにでもあるような大型の茶封筒からマックブックエアーを取り出したのです。

 

「茶封筒に入るくらい薄いのか!」と、このジョブズの演出に誰もが度肝を抜かれ、「強烈なインパクト」があったはずです。これにより、MacBook Airがプレゼン会場だけでなく、マスコミやネット、口コミで一気に広がるきっかけにもなりました。

 

これは、「ジョブズだからできたのであって自分には無理」と思うかもしれません。しかし、よく考えてみると、特別なお金をかけたプレゼンではなく、茶封筒を一枚使っただけの演出です。

 

つまり、アイデア次第で誰でも「驚きを与える演出」はできるのです。

 

 

では、聴き手に驚きを与えるにはどのようなことに気をつけるべきなのでしょうか?

 

答えは以下の3点に気をつけることです。

 

1.シンプルにする

 

2.ストーリーを作る

 

3.準備万端にする

 

それぞれ見ていきましょう。

 

1.シンプルにする

 

シンプルにするということは、「スライドの作成」の場面でも、「小道具を使ってのデモ」の場面でも重要視してきましたが、今回のテーマ「驚きを与える」の場面でも重要です。

 

プレゼンターとしてはなるべく多くの驚きを与えたいと思うはずです。しかし、複数の事柄を同時に伝えようとすると聴き手のインパクトや驚きは逆に薄まってしまいます。

 

よって、出来る限りシンプルに、一つのテーマに絞って演出したほうが「驚き」は起こしやすいのです。

 

2.ストーリーを作る

 

「驚き」を演出するにはストーリーが必要です。その「驚きの演出」を引き立たせるために、じっくりと話を進め、聴き手の注意を引き付ける必要があるのです。

 

プレゼン全体をストーリーとして徐々に気持ちを高め、一気に「驚き」を演出するのです。

 

映画やドラマでも、ストーリーがしっかりとしていれば記憶に残るような場面が必ずあるはずです。

 

プレゼンでも、商品やサービス自体が画期的なものでなくても、それに関したストーリーがあれば、驚きを演出することができるのです。

 

3.準備万端にする

 

前述のように、ストーリーを作って「徐々に聴き手の心を温め、一気に驚きを与える」という流れでプレゼンを行います。

 

そのため、途中で滞りがあると聴き手の注意が削がれ、驚きが起きなかったり、驚きが半減してしまったりする可能性があります。

 

よって、プレゼン全体のストーリーの流れに滞りがないか、練習不足で流れを止めてしまわないかなどの点に気を配り、必ずしっかりと準備をしておく必要があるのです。

 

聴き手に驚きを与える1

 

<事例>
Cさんはビジネスバッグのメーカーの営業担当者です。新商品のビジネスバッグを販売代理店に拡販してもらうために、プレゼンを行うことになりました。

 

このバッグは様々な機能性がアップしているのですが、Cさんは一つの機能に絞って演出をすることにしました。

 

それは、最終ユーザーのビジネスパーソンの悩みを解消するものです。

 

悩みとは「普段はかっこいいバッグを持ちたいが、出張時はたくさん荷物が入るものが欲しい。でも2つのバッグをそれぞれ持つのは金銭的に厳しい。」というものです。

 

そこで、新商品の特徴である「ワンタッチでバッグの容量が変えられる」という機能をプレゼンの中心に盛り込むことにしたのです。

 

初めはスタイリッシュな形のバッグを見せながら、「ワンタッチで大容量の荷物が入るほどのバッグに突然変える」というデモを行いました。しかも、3日分の荷物をその場で入れるという演出もしました。

 

これに販売代理店も驚き、興味を持つことになったのです。

 

<解説>
新商品には機能はたくさんありましたが、Cさんは一つの機能に絞って演出をしたのです。これにより、演出のインパクトが強くなりました。

 

また、演出する時もスムーズにバッグに荷物が積み込めないとインパクトが薄れるので、事前に準備と練習をしてあったのです。

 

このように事前の準備をしっかりと行い、プレゼン本番ではシンプルにストーリーを組み立てることにより、上手に驚きを演出することができたのです。

 

まとめ

 

・聴き手が驚くほどのインパクトを与えることで、プレゼンを成功に導くことができる。

 

・アイデア次第で誰でも「驚きを与える演出」はできる。

 

・聴き手に驚きを与えるときに気を付けるべき点。

 

1.シンプルにする

 

2.ストーリーを作る

 

3.準備万端にする


HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ