経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

「背景」の書き方

「背景」の書き方

今回は背景の書き方について説明していきます。

 

この文章を読むことで、企画書の背景に「何を」「どのように」書けばいいのか、について学ぶことができます。

 

背景に何を書くのか

 

「背景」は、「まえがき」の部分を除けば、企画書本文の最初に来るパートです。

 

次のパートの「目的」に至るきっかけや、理由を書いていきます。

 

つまり、「どうしてこの企画書を書いているのか?」「どうして今回の企画を提案できるのか?」などを書いていくことになります。

 

 

では、具体的には、どのようなことを書くのでしょうか?

 

これも決まりがあるわけではないですが、次のような「背景」を書くとよいでしょう。

 

作成理由

 

現状分析

 

前提条件

 

それぞれ個々に説明していきます。

 

「背景」の書き方1

 

作成理由

 

まず、「作成理由」です。

 

これは上記のように、「なぜこの企画書を作成・提案するのか?」という部分です。

 

例えば、社内向けの企画書であれば、「従業員の間に○○という不安があり、このままであれば離職率が高まる恐れがあるので、今回の企画を提案することになりました。」というようなことが背景になります。

 

現状分析

 

次に、「現状分析」です。

 

そもそも企画書は、「現状」と「目的」のギャップを埋める「提案」をするものです。

 

よって、「現状」がないと企画書がスタートしませんので、「現状分析」を背景に書くことになります。

 

また、「作成理由」を説明するにも、「この現状があるから作成する理由がある」という説明になる場合もあるので、「作成理由」と「現状分析」を両方書くこともあります。

 

 

では、現状分析とは具体的にはどのようなものなのでしょうか?

 

これは社内の企画書であれば、提出する側も提出される側(読み手)も現状の共通認識がある場合があり、背景は省略したり簡潔に述べたりするだけで済むこともあります。

 

しかし、社外へ提出する場合や、社内でも本格的な改善提案などであれば、現状把握・現状分析は重要となります。作成者の単なる主観ではなく、客観的なデータなどに基づく現状分析が必要です。

 

それは、経済や景気のような外部環境であったり、顧客のニーズの変化であったり、社内体制の状況であったりと幅広いため、企画内容にあったデータを提示する必要があります。

 

アンケートやヒヤリングなどで集めることもあれば、官公庁や研究機関のデータや新聞雑誌などで公表されているデータ、民間の調査会社などのデータなどを集めることもあります。

 

しっかりと、次の「目的」につなげるだけの説得力のあるデータを集め、現状把握・分析を記述していくことがポイントとなります。

 

前提条件

 

最後は「前提条件」です。これは、最初の「企画書の作成理由」と同様です。

 

つまり、自主的に作成する場合であれば作成理由を書きますが、相手から企画書を依頼された場合で、相手が企画書の前提条件を決めていれば、それが作成理由となります。

 

以上のように「背景」を書いていくことなります。

 

 

【事例】
プリンターメーカー勤務のAさんは、新製品のプリンターをB国に輸出販売するための企画書を会社に提出しようと考えました。Aさんには、「B国はこれから伸びる市場だ」というイメージがありました。

 

しかし、そのイメージだけでは説得力のある企画書になりません。

 

そこで、B国の現状把握をしたのです。それは、人口や景気の状況、B国のトレンド、競合他社の状況などです。

 

その結果、「B国は、人口が年間10パーセントの伸びを続けており、景気は継続的に良い方向に向かっている。その景気を支える企業数も10万社ずつ増加しており、パソコンやその周辺機器の需要も高まっている。

 

その中で、安価なプリンターは普及しているが故障が多く、73%の企業が「今のプリンターの性能に不満を持っている」という統計資料がある。」という現状把握・分析となったのです。

 

このように、企画書の背景を記述した企画書を提出したところ、その企画が採用され、B国へのプリンターの輸出が決まったのでした。

 

まとめ

 

・企画書の「背景」には、「目的」に至るきっかけや理由を書く

 

・企画書の内容に応じて、「背景」には次の3つを書くと良い

 

1.作成の理由

 

2.現状分析

 

3.前提条件

 

・現状分析は、自分の主観だけで書くのではなく、客観的なデータに基づいて書くと、説得力のある企画書になる

関連ページ

企画書(提案書)とは
企画書の3つの役割
企画書の3つの活用方法
企画とアイディアの違い
アイディア発想法
オリエンテーションの重要性
企画書の事前調査のやり方
データを活用する
企画書の仮説と検証作業
企画立案の6ステップ
企画書の基本型体
外延的表記と内包的表記
企画書の3大要素
企画書作成の7ステップ
企画書作成の8つの心構え
企画書の全体像
「表紙」・「タイトル」・「目次」の書き方
「まえがき」・「はじめに」の書き方
「目的」の書き方
「コンセプト」の書き方
「実施案」の書き方
「要件」の書き方
「組織図」・「体制図」の書き方
「スケジュール」の書き方
「予算」の書き方
「想定課題」の書き方
「おわりに」の書き方
資料は別途添付する
「かんばん」を活用
重要事項は先出し
ダメな企画書のタイプ
最終チェックの9ポイント
読み手に好かれる文章とは
適切な文章量とは
箇条書きをマスターする
要約をマスターする
フォントサイズを工夫
カラーリングのポイント
ビジュアルを活用
図解の基本(チャートとグラフ)
論理図解(チャート)をマスターする
グラフをマスターする
企画書を一枚にまとめる
オリジナルフォーマットの作成
説得の手法
戦略的妥協の必要性
パワーポイント(PowerPoint)での企画書の作り方
ワード(Word)での企画書の作り方
エクセル(Excel)での企画書の作り方
Googleドライブでの企画書の作り方
企画書例@(教育・研修)
企画書例A(商品・サービス開発)
企画書例B(広告企画)
企画書例C(イベント)
企画書例D(総合企画書:マーケティング施策)

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ