経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

論理図解(チャート)をマスターする

論理図解(チャート)をマスターする

今回は、企画書における論理図解について説明していきます。

 

この文章を読むことで、「論理図解の概要」「図解の種類や意味」について学ぶことができます。

 

論理図解(チャート)とは

 

企画書は、読み手に内容を「伝える」ことが大切になります。そのため、企画書が文章ばかりであれば、「伝わりにくい」ものになってしまっている可能性があります。

 

そこで、論理図解(チャート)を活用すると、読み手にとって「分かりやすい=伝わりやすい」企画書になります。

 

論理図解(チャート)と言うと難しく聞こえるかもしれませんが、「文章(要点やキーワード)を図形や罫線を使って表現したもの」です。

 

つまり、文章を「図解」することで、文章だけの場合よりも読みやすくなり、説得力を高めることが出来るのです。

 

チャートの種類

 

チャートには様々な種類があります。いくつか代表的なものを上げてみます。

 

@手順:業務フローのように、業務の流れ・手順を図解したもの

 

A階層構造:組織図や全体の構成を図解したもの

 

B循環:相互の関係を図解したもの

 

Cピラミッド:階層をピラミッド型で図解したもの

 

論理図解(チャート)をマスターする1

 

このように、「どのようなチャートを使うのか」という選択は、「読みやすさ、伝わりやすさ」に大きな影響を及ぼすため、重要です。

 

また、図解の流れは、「文章を要約」⇒「キーワードにする」⇒「チャートを選択」⇒「チャート化」となります。

 

この中でも、「要約」「キーワードにする」「チャートを選択する」は重要ですので、読み手がどんな人かを想定し、一番読みやすいものにしていく必要があるのです。

 

論理図解(チャート)をマスターする2

 

図形の意味

 

論理図解(チャート)で使う図形にも意味があります。

 

例えば、業務フローチャートで使用する場合、たくさんの方式があります。

 

JIS式のフローチャートや、産能大式のフローチャートなど、様々な種類の方式があります。これらで使う図形は、それぞれルールが決まっています。

 

よって、相手先企業や企画内容によっては、それぞれのルールに従う必要があるのです。これは、最初に確認しておくべき項目です。

 

 

しかし、多くの企画書では厳格にルールが決まっていることはありませんので、自由に図解していくことになります。

 

それでも、読み手が見慣れている図形(記号)を使った方が読みやすくなるので、一般的な図形の意味をある程度は知っておくほうが良いのです。

 

 

いくつか例を挙げてみましょう。以下のような特徴があります。

 

(1)長方形:処理や作業、部署、具体的な概念などを示すことが多い

 

(2)楕円形:抽象的な概念を示すことが多い

 

(3)ひし形:判断、承認などを示すことが多い

 

(4)ドラム:データベースを示すことが多い

 

論理図解(チャート)をマスターする3

 

これらは、特に相手からルール・方式が指定されない限り、どれを使うかはその時の読み手の状況(誰なのか、どんな部署の人かなど)で判断していきます。

 

つまりは、「どのようなものを書かなければならない」という決まりがない以上、読み手に合わせて「読みやすい企画書を作る」という目的を忘れないことがポイントとなるのです。

 

 

【事例】
Aさんは印刷業の営業マンです。タウン誌の印刷受注を得るために、出版社のB社にプレゼンをすることになりました。

 

タウン誌を作る過程は、出版社の編集者と印刷会社とのやり取りが多いため、それらを文章のみで表すと複雑になり、伝わりにくい企画書になりそうでした。

 

そこでAさんは、編集者と印刷会社のやり取りを論理図解(チャート)にして説明していきました。他社と比べてフォローが充実していることがAさんの会社の強みなので、そこを論理図解(チャート)でしっかりと説明したのです。

 

自社の強みを論理図解(チャート)で表したことによって、相手に良く伝わったためか、Aさんのプレゼンは採用されることになったのです。

 

まとめ

 

・論理図解(チャート)を活用すると読み手にとって「分かりやすい=伝わりやすい」企画書になる。

 

・チャートで代表的なもの

 

@手順:業務フローのように、業務の流れ・手順を図解したもの

 

A階層構造:組織図や全体の構成を図解したもの

 

B循環:相互の関係を図解したもの

 

Cミラミッド:階層をピラミッド型で図解したもの

 

・図解の流れは、「文章を要約」⇒「キーワードにする」⇒「チャートを選択」⇒「チャート化」である。

関連ページ

企画書(提案書)とは
企画書の3つの役割
企画書の3つの活用方法
企画とアイディアの違い
アイディア発想法
オリエンテーションの重要性
企画書の事前調査のやり方
データを活用する
企画書の仮説と検証作業
企画立案の6ステップ
企画書の基本型体
外延的表記と内包的表記
企画書の3大要素
企画書作成の7ステップ
企画書作成の8つの心構え
企画書の全体像
「表紙」・「タイトル」・「目次」の書き方
「まえがき」・「はじめに」の書き方
「背景」の書き方
「目的」の書き方
「コンセプト」の書き方
「実施案」の書き方
「要件」の書き方
「組織図」・「体制図」の書き方
「スケジュール」の書き方
「予算」の書き方
「想定課題」の書き方
「おわりに」の書き方
資料は別途添付する
「かんばん」を活用
重要事項は先出し
ダメな企画書のタイプ
最終チェックの9ポイント
読み手に好かれる文章とは
適切な文章量とは
箇条書きをマスターする
要約をマスターする
フォントサイズを工夫
カラーリングのポイント
ビジュアルを活用
図解の基本(チャートとグラフ)
グラフをマスターする
企画書を一枚にまとめる
オリジナルフォーマットの作成
説得の手法
戦略的妥協の必要性
パワーポイント(PowerPoint)での企画書の作り方
ワード(Word)での企画書の作り方
エクセル(Excel)での企画書の作り方
Googleドライブでの企画書の作り方
企画書例@(教育・研修)
企画書例A(商品・サービス開発)
企画書例B(広告企画)
企画書例C(イベント)
企画書例D(総合企画書:マーケティング施策)

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ