経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

「まえがき」・「はじめに」の書き方

「まえがき」・「はじめに」の書き方

今回は、企画書の「まえがき」と「はじめに」の書き方について説明していきます。

 

この文章を読むことで、「まえがき」「はじめに」の重要性と、読み手の興味を引くパターンについて学ぶことができます。

 

「まえがき」と「はじめに」の重要性

 

企画書は全体として、何をどのように書いても構いません。

 

よって、「まえがき」や「はじめに」についても、何を書いても良いということになります。短い企画書であれば、省略する場合もあります。

 

 

でも、意外にこの部分は重要度が高いのです。

 

それは、長い企画書であればあるほど、後の方では読み手の集中力が切れてくる可能性があるからです。

 

よって、「まえがき」や「はじめに」で興味を引く必要があるのです。

 

例えば、どんなに料理の味や接客が良い飲食店でも、看板やチラシなど、最初に目につく告知でお客様を引き付けられなければ、誰にも来店してもらえないのと同じことです。

 

企画書で言えば、せっかく内容の良い企画書でも、最後まで読んでもらえなければ、良さが伝わることがないのです。

 

興味を引く「まえがき」「はじめに」のパターン

 

では、最後まで読んでもらえる「まえがき」や「はじめに」はどのようなものなのでしょうか。

 

実は、提出する相手によって違います。ただ、いくつかのパターンは考えることが出来ます。

 

・「要約」する

 

・「想い」を伝える

 

・「ストーリー」で伝える

 

 

まずは「要約」です。

 

「まえがき」「はじめに」を読んだだけで、企画書のおおよその全貌がつかめるというものです。

 

特に企画書の中で強調したい部分の概要を書くのも良いです。企画内容が良いものであれば、要約を読んで興味を持ってもらい、「もっと詳しく知りたい」となるはずなのです。

 

 

次に「想い」です。

 

「この企画書にかける想い」であったり、「企画書で提案する商品やサービスへの想い」であったりと、想いを相手に伝えることです。

 

でも、一方的な想いだと読むのが嫌になりますので、「相手が共感するような想い」である必要はあります。

 

 

最後は「ストーリー」です。

 

企画書全体がストーリーになっているのが良いですが、「まえがき」や「はじめに」にも、ストーリー性を持たせるということです。

 

例えば、「自分自身の経験からこの改善案を思いつきました」というようなストーリー性があると、読み手もイメージがしやすくなるのです。

 

 

いずれにしても、「まえがき」「はじめに」に何を書くかは自由です。自由だからこそ、他との差が付く場所でもあるのです。

 

あくまで一方的な「まえがき」「はじめに」にはならないように気を付けながら、相手の興味を引く文章を書いていく必要があるのです。

 

「まえがき」・「はじめに」の書き方1

 

【事例】
椅子のデザイン会社に勤めるAさんは、自分のデザインを家具メーカーB社に採用してもらうため、企画書を提出しています。すでに何度も企画書を提出しているのですが、不採用が続いています。

 

そこで、企画書を見直してみました。椅子自体の内容に悪い点は見つかりません。

 

でも、気付いた点がありました。それは、性能や使用方法などについては書いてあるものの、Aさん自身の想いなどが全く入っていなかったのです。

 

これは、以前、別のC社に企画書を提出した際、「あなたの想いなどはいらないので、性能などさえしっかり書けばよい」と言われてからそうしてきました。

 

 

しかし、C社の考えとは違うかもしれないと思い、今回は「想い」を「まえがき」に書いてみたのです。

 

「私の父親は事務職で、毎日長時間椅子に座って仕事をしていました。会社の椅子があまり良いものではなかったのか、腰を痛めてしまい、毎日腰痛に苦しむ父を見てきました。私の父のような辛い思いをする人を無くしたいと考え、今回の『腰に優しい椅子』を提案します。」

 

このような想いとストーリーを企画書で伝えた結果、Aさんの企画書は採用されることとなりました。

 

このように、AさんはB社とC社のそれぞれの企画書で伝え方を変えたことによって、企画を採用してもらうことができました。

 

そして、Aさんは「相手によって、どのように書くかを変える必要性があること」を知ることができました。

 

 

ここで注目なのは、腰痛で苦しむ人を無くしたいという「想い」と、父親が腰痛で苦しむ姿を見てきたという「ストーリー」を両方使用しているということです。

 

「要約」「想い」「ストーリー」のどれか一つだけしか使ってはいけないのではなく、一番相手の興味を引くのはどういった文章かを考え、自分なりにアレンジして記述してみるのが良いと思います。

 

まとめ

 

・企画書の「まえがき」「はじめに」で、読み手の興味を引く必要がある

 

・どのような「まえがき」「はじめに」が良いかは相手によって変わる

 

・企画書の「まえがき」「はじめに」の書き方のパターン

 

1.「要約」する

 

2.「想い」を伝える

 

3.「ストーリー」で伝える

関連ページ

企画書(提案書)とは
企画書の3つの役割
企画書の3つの活用方法
企画とアイディアの違い
アイディア発想法
オリエンテーションの重要性
企画書の事前調査のやり方
データを活用する
企画書の仮説と検証作業
企画立案の6ステップ
企画書の基本型体
外延的表記と内包的表記
企画書の3大要素
企画書作成の7ステップ
企画書作成の8つの心構え
企画書の全体像
「表紙」・「タイトル」・「目次」の書き方
「背景」の書き方
「目的」の書き方
「コンセプト」の書き方
「実施案」の書き方
「要件」の書き方
「組織図」・「体制図」の書き方
「スケジュール」の書き方
「予算」の書き方
「想定課題」の書き方
「おわりに」の書き方
資料は別途添付する
「かんばん」を活用
重要事項は先出し
ダメな企画書のタイプ
最終チェックの9ポイント
読み手に好かれる文章とは
適切な文章量とは
箇条書きをマスターする
要約をマスターする
フォントサイズを工夫
カラーリングのポイント
ビジュアルを活用
図解の基本(チャートとグラフ)
論理図解(チャート)をマスターする
グラフをマスターする
企画書を一枚にまとめる
オリジナルフォーマットの作成
説得の手法
戦略的妥協の必要性
パワーポイント(PowerPoint)での企画書の作り方
ワード(Word)での企画書の作り方
エクセル(Excel)での企画書の作り方
Googleドライブでの企画書の作り方
企画書例@(教育・研修)
企画書例A(商品・サービス開発)
企画書例B(広告企画)
企画書例C(イベント)
企画書例D(総合企画書:マーケティング施策)

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ