経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

「かんばん」を活用

「かんばん」を活用

今回は「かんばん」の活用について説明していきます。

 

この文章を読むことで、「かんばんの概要」「かんばんを使う際の注意点」について学ぶことができます。

 

「かんばん」とは

 

企画書は、読み手に読んでもらわなければいけません。また、企画書をプレゼンする場合も、相手に納得してもらう必要があります。

 

しかし、大型の企画書になればなるほど、企画内容も濃くなり、プレゼン時間も長くなります。

 

企画書やプレゼンが長くなれば、その分相手の集中力も落ちてきます。それではせっかく作成したものが理解してもらえず、無駄になってしまうかもしれません。

 

よって、「集中力を保って理解してもらうような工夫」が必要となるのです。

 

プレゼンであれば、単調に話すだけでなく、ボディランゲージを使って動きを出すのも一つの手段です。

 

 

また、各単元やページごとに「要約」を付けることも一つの手段です。これは、「かんばん」と呼ばれるものです。

 

ここでの「かんばん」とは、自動車会社が行っている「かんばん方式」ではなく、「そのページの言いたいことを要約して伝える」という意味です。

 

具体的に言うと、企画書のページの中に、20〜30文字程度の要約を別枠で囲って目立たせるのです。

 

読み手からすると、詳細まで読みたい場合は本文を読むことが出来るし、時間が無い時や集中力が切れている場合は、この「かんばん」(枠で囲った要約)だけ読んでいけば、大枠が把握できるようになるのです。

 

「かんばん」の注意点

 

「かんばん」では以下の3点に注意が必要です。

 

1. 短くまとめる

 

2. 要約を失敗すると、余計に伝わりにくくなる

 

3. 相手の心に響く、読みやすい言葉を選ぶ

 

「かんばん」は、企画書を要約して簡潔に伝えるための一つの手段です。

 

企画書の書式は自由なので、「かんばん」以外にも自分なりに読みやすくなる方法を追求してみましょう。

 

「かんばん」を活用1

 

【事例】
Aさんはホームページ製作会社の営業マンです。B社から「新しいホームページの作成をしたい」という希望があり、数社が企画書を提出後、プレゼンをしてホームページの受注を競いあっている最中です。

 

B社は中堅の商社で、取扱商品やサービスが多く、分野も広範囲なので、ホームページも大型であり、そのための企画書も膨大になりました。

 

Aさんも多くの会社にプレゼンをしてきたことがあるので、長いプレゼンをすると「最後の方は伝えたい事がしっかりと伝わっていない」ということも多く経験しています。

 

特に今回は、数社がプレゼンをするなかで、Aさんの順番は最後です。

 

最後のプレゼンは、「インパクトのあるプレゼンが出来れば印象に残りやすい」というメリットがある反面、「プレゼンを受けるB社の方々が疲れ気味の可能性がある」というデメリットもあります。

 

 

そこで、一部動画を活用して、動きのあるプレゼンをしました。他にも、パワーポイントで説明する部分では、「かんばん」を活用して各ページでの「伝えたい事」を短い言葉で分かりやすく要約して伝えていったのです。

 

結果として、Aさんのプレゼンは採用されることとなりました。

 

そこで、B社の担当者に「なぜ採用されたのか?」を確認したところ、「当然、企画内容や予算などが希望と合致した事」がまず要因の一つだったようです。

 

でも、それは何社かで同様の企画もあったので、決定要因ではありませんでした。

 

決定要因は、「プレゼンでの印象が強く残っていたため」だったのです。

 

つまり、動画を使ったり、「かんばん」を使ったりして、相手に伝える方法を工夫した結果が採用につながったのです。

 

まとめ

 

・企画書やプレゼンが長くなれば、その分相手の集中力も落ちてくる。それを避け、集中力を保って理解してもらうような工夫が必要となる

 

・相手に最後まで集中力を持って理解してもらうために、各単元やページごとに「要約」(=「かんばん」)を付けることも一つの手段である

 

・「かんばん」で注意が必要なのは、「短くまとめる」「要約を失敗すると、余計に伝わりにくくなる」「相手の心に響く、読みやすい言葉を選ぶ」ことである

関連ページ

企画書(提案書)とは
企画書の3つの役割
企画書の3つの活用方法
企画とアイディアの違い
アイディア発想法
オリエンテーションの重要性
企画書の事前調査のやり方
データを活用する
企画書の仮説と検証作業
企画立案の6ステップ
企画書の基本型体
外延的表記と内包的表記
企画書の3大要素
企画書作成の7ステップ
企画書作成の8つの心構え
企画書の全体像
「表紙」・「タイトル」・「目次」の書き方
「まえがき」・「はじめに」の書き方
「背景」の書き方
「目的」の書き方
「コンセプト」の書き方
「実施案」の書き方
「要件」の書き方
「組織図」・「体制図」の書き方
「スケジュール」の書き方
「予算」の書き方
「想定課題」の書き方
「おわりに」の書き方
資料は別途添付する
重要事項は先出し
ダメな企画書のタイプ
最終チェックの9ポイント
読み手に好かれる文章とは
適切な文章量とは
箇条書きをマスターする
要約をマスターする
フォントサイズを工夫
カラーリングのポイント
ビジュアルを活用
図解の基本(チャートとグラフ)
論理図解(チャート)をマスターする
グラフをマスターする
企画書を一枚にまとめる
オリジナルフォーマットの作成
説得の手法
戦略的妥協の必要性
パワーポイント(PowerPoint)での企画書の作り方
ワード(Word)での企画書の作り方
エクセル(Excel)での企画書の作り方
Googleドライブでの企画書の作り方
企画書例@(教育・研修)
企画書例A(商品・サービス開発)
企画書例B(広告企画)
企画書例C(イベント)
企画書例D(総合企画書:マーケティング施策)

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ