経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

総合環境分析(3C分析とSWOT分析)

総合環境分析(3C分析とSWOT分析)

今回は総合分析として行われる「3C分析」と「SWOT分析」について説明していきます。

 

この文章を読むことに3C分析とSWOT分析の概要や手順について学ぶことができます。

 

3C分析とSWOT分析

 

3C分析とSWOT分析は、総合環境分析として行われます。

 

両者の特徴は自社を取り巻く外部環境と自社内の強みや弱みを把握する内部環境分析を同時に行い、双方の視点から自社の戦略を策定するところにあります。

 

外部環境を分析することから、自社がコントロールできないことも含めて分析を行います。

 

3C分析やSWOT分析は、現在の事業環境を分析することから、現時点での市場環境において自社がターゲットとする顧客ニーズをくみ取った上での戦略、施策策定に適したフレームワークとなっています。

 

3C分析とは

 

3Cは、「市場(customer)」、「競合(competitor)」、「自社(company)」の頭文字から成り立っています。

 

3C分析とは、自社ではコントール不可能な外部環境である市場と競合企業の分析から、競合企業に対する自社の優位性を把握し、自社の製品・サービスが市場ニーズに合っているのかどうかを分析します。

 

具体的には、このフレームワークに合わせて情報を定量的・定性的に整理して、自社が成長するためのKSF(Key Success Factors:成功要因)を見つけ出し、自社の戦略策定に活かします。

 

市場(Costomer)分析

 

自社が製品やサービスを投入している市場や、その市場にいる顧客を把握します。市場規模や市場の成長性、顧客ニーズ、購買の意思決定プロセスなどの観点から分析を行います。

 

競合(Competitor)分析

 

競争企業の状況について把握します。競合企業から市場シェアを奪う、守るといった視点で分析を行います。

 

競合企業の数、参入障壁、競合企業が打ち出している戦略、各企業の強み・弱み、競合企業の業績(売上高、市場シェア、利益など)に着目し、自社の相対的な強み・弱みを把握することに繋げます。

 

自社(Company)分析

 

自社の経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)や現状の戦略、施策を定性的・定量的に把握します。

 

具体的には、売上高、市場シェア、収益性、ブランドイメージ、技術力などを分析します。

 

総合環境分析(3c分析とswot分析)1

 

【例題】
それでは、例題をとおして3C分析についての理解を深めていきます。

 

3C分析は市場、競合企業、自社に関する情報を収集するだけではありません。

 

しかし、前提となるマーケティング戦略や個々の要素の関わり合いを考えると、簡単には戦略や施策を決められないことが分かります。

 

その点に注意しながら、読み進めてみてください。

 

<例>
X市の駅前の商店街で20年前から商売をしているパン屋(以下、A店)の戦略を3C分析から導きます。

 

A店は創業者である夫婦と息子の3人で経営をしています。

 

無農薬の素材を使って、健康に配慮したパンを焼きたてで提供することをモットーに、これまで事業を進めてきました。

 

X市は行政が進めてきた都市開発の結果、人口が増えてきたためA店は順調に売上を伸ばしていました。

 

しかし3年前、大型スーパが商店街の周辺にでき、その中に大手チェーンのパン屋(以下、B店)が開店してからA店の売上は減少傾向にあります。

 

そこで、A店はB店との比較調査を行った上で、A店の売上を増加させるための施策を検討することにしました。

 

(A店が調査した情報)

 

・B店の価格はA店の2〜3割安価となっている。

 

・X市の住民は健康志向の高い人が多く、スーパーでも無農薬野菜が多く売られている。

 

・B店は複数店舗分のパンを近隣の工場1カヶ所で生産、配送しているために 焼きたてのパンを提供していない。

 

・営業時間は、A店9:00〜19:00に対して、B店は他店舗と合わせて10:00〜19:00となっている。

 

・ロケーションについて、最寄駅は人口増加に伴い人の乗り降りが多く、通勤・通学の人が商店街を利用している。

 

また、A店が入っている商店街は駅から数分のところに位置しており、徒歩で駅から15分程度かかるB店よりも徒歩での利便性には優れている。

 

【解説】
3C分析のフレームワークに沿って、A店の状況とA店が調査した結果を整理・分析を行い、戦略・施策の仮説を立案していきます。

 

3つの市場、競合、自社に情報を当てはめるだけでは分析ではなく、情報収集となってしまいます。

 

ここでは、最終的にA店舗の方向性を示唆(仮説)するところまで行います。

 

(市場)
・通勤・通学者が商店街を多く利用(通過)しているため、これらの人々を潜在顧客としてみることができる。

 

・X市の住民(通勤・通学者)は無農薬野菜など、健康面に配慮したものを好んでいる。

 

(競合)
・B店は他店舗含めた大量生産により、価格をA店よりも2〜3割安く売ることができている。

 

・B店は別の場所にある自社工場で生産したパンを店舗へ配送してから販売しているため、焼き立てパンを売ることはできない。

 

・大型スーパーの集客力を活かし、同じポイントカードを利用することや、ポイントカードの提示によって割引などのサービスを行うことができる。

 

(自社)
・B店のパンと比べて、無農薬の素材を使っており、健康面を考慮したパンを提供できる点が強みとなっている。

 

・自店舗内でパンを焼いているので、焼き立てパンを提供することができる。

 

・3人で経営していることもあり、大量に生産・販売することは難しい。

 

・営業時間は自営業の為に融通が効く。

 

ここから、1つの戦略の方向性として、通勤・通学の時間帯に健康面に考慮した焼きたてのパンを提供するパン屋としてのポジションを確立するということが考えられます。

 

そのための施策として、営業時間を6:00開始にし、多くの通勤・通学者を顧客とすることができます。

 

また、6:00〜10:00までの時間帯は早朝割引をすることでB店の顧客を奪うことも視野に入れます。

 

この施策の成功確率を高めるための裏付けとして、通勤・通学者が朝からパンを購入するニーズがあるのかなどの分析も必要となります。

 

SWOT分析とは

 

企業が経営戦略、事業戦略、機能別戦略を立案する際、自社の内部環境(経営資源:ヒト・モノ・カネ・情報など)と自社を取り巻く外部環境を分析することは必須となっています。

 

その中でSWOT分析は、双方を同時並行で行うフレームワークになっています。

 

(内部環境)

 

Strength(強み):自社の経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報など)の中で競合企業に比べて優位性を保っている武器

 

Weakness(弱み):自社の経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報など)の中で競合企業に比べて劣っているもの

 

(外部環境)

 

Opportunity(機会):自社の事業にとってチャンスとなる外部要因

 

Threat(脅威):自社の事業を脅かすような外部要因

 

このフレームワークに沿って情報を集め、分析します。

 

まずは情報収集を行いますが、フレームワークに情報を整理するだけでは分析とは言えません。

 

SWOT分析では、集めた情報からKSF(成功要因)を抽出することが重要となります。

 

そのために、クロスSWOT分析を行うことが有効となります。

 

クロスSWOT分析は、集めて整理した情報をそれぞれを掛け合わせることで施策を立案します。

 

クロスSWOT分析

 

・強み×機会 事業機会に対して自社の強みを活かした施策を検討する

 

・強み×脅威 自社の強みを活かすことで、外部環境である脅威を機会に変えてしまう施策を検討する。または脅威を回避した上で強みを発揮できるような施策を検討する。

 

・弱み×機会 事業機会が見えているので、自社の弱みを克服・補強することで事業機会を活かせるような検討をする

 

・弱み×脅威 自社の経営資源も弱く、脅威が迫っている場合には事業撤退を検討する

 

総合環境分析(3c分析とswot分析)2

 

クロスSWOT分析で最も重要なことは、「強みx機会」の内容になります。

 

自社の強みを活かして機会を勝ち取り、市場における自社のプレゼンスを高めることに繋がります。

 

【例題】
3C分析を行ったパン屋(A店)の例題を使って、SWOT分析を行った上で、A店の進むべき方向性を考えていきます。

 

【解説】
はじめに得られていた情報をSWOT分析のフレームワークに沿って整理します。

 

総合環境分析(3c分析とswot分析)3

 

・強み×機会

 

@営業時間の融通が効くため、6:00から開店させて、これまでに取りこぼしていた最寄駅を利用している通勤・通学者を取り込む

 

AB店は営業時間が大型スーパーに合わせて10:00からとなっているため、A店は6:00〜10:00までの間、早朝割引セールを行い、これまでB店が10:00に開店するのを待っていたような顧客を取り込めるようにする

 

B健康志向の高まっている住民(通勤・通学者)に対して、A店の無農薬素材を使った焼き立てパンを提供する

 

・強み×脅威

 

@今後、大型スーパーの出店に伴ってチェーン店が出店してくることが見込まれるが、A店はB店にはない、焼き立てパンの提供や無農薬素材を使ったパンを前面に押し出してB店との差別化図っていく

 

・弱み×機会

 

@通勤・通学者が今後も増えていく可能性が見込めるが、集客力ではB店に劣っていること、A店はリソースが3人で乏しいことを踏まえて、少量生産でプレミアム感を押し出すことを検討する

 

・弱み×脅威

 

今後も大型スーパーやB店系列以外のチェーン店の出店が続き、最寄駅周辺への出店が続くとリソース不足のA店にとっては現在の場所での事業を撤退することも検討が必要となる。A店の強みを活かせる場所を探すことも検討する。

 

分析の注意点

 

3C分析、SWOT分析の双方に言えることですが、分析を進める上での注意点が大きく2つあります。

 

分析の目標を明確にする”ということと、”客観的に情報を収集する”ということです。この2点について以下で説明します。

 

分析の目標を明確にする

 

何のために分析(3C分析、SWOT分析)を行うのかが重要となります。

 

目標・目的が異なれば、抽出すべき事項も変わってきます。

 

目標もなく分析を行うと、フレームワークに沿って収集した情報を並べるだけで方向性を見失うことになります。

 

企業のビジョンや経営方針といった高い目標を達成するために、どのような戦略を策定するのか、そのために自社の内部・外部の環境を理解し、成功確率が高まる施策を検討する。

 

常に分析者が何の目標に向けて3C分析やSWOT分析を行っているのかを意識することが重要となります。

 

客観的に情報を収集する

 

強み/弱み/機会/脅威を洗い出す際に主観的に情報を選んでいないか注意が必要となります。

 

特に強み・弱みついては、自社についての情報収集となるため、主観が入った視点になりがちです。

 

客観的事実として情報を集めるためにも、可能な限り定量的な情報を使うことが重要となります。

 

また、強みや弱みといった情報は、「何と比べているか」がポイントとなります。

 

強みや弱みは相対的なものですので、どの競合企業と比較しているのか、どのターゲット層の顧客に対しての強み・弱みなのかを明確にして抽出することが大切です。

 

場合によっては、競合企業毎のSWOT分析や3C分析を行うこともあります。

 

まとめ

 

3C分析とSWOT分析は、総合環境分析として行われます。

 

両者の特徴は自社を取り巻く外部環境と自社内の強みや弱みを把握する内部環境分析を同時並行で行い、双方の視点から自社の戦略を策定するところにあります。

 

外部環境分析は、自社がコントロールできない事業環境を把握して、それらを戦略立案の前提事項とします。

 

これらの分析を行う上では下記手順が重要となります。

 

@分析目的を明確にすること

 

A目的に沿った客観的情報を収集すること

 

B分析フレームワークに沿って情報を整理すること

 

CKSF(成功要因)を見つけ出すこと

 

これらの@〜Cを繰り返し行うことで策定する戦略や施策は醸成されていきます。

関連ページ

ストラテジー(経営戦略)とは
経営理念・ビジョンと戦略の関係
事業戦略(基本戦略)と機能別戦略(個別戦略)
経営戦略策定の3ポイントと3ステップ
戦略策定に必要なクリティカルシンキング
戦略策定とフレームワークによる環境分析
外部環境分析(PEST分析と5Forces分析)
内部環境分析(バリューチェーン分析とVRIO分析)
ドメイン(事業領域)の設定
コアコンピタンスとは
ポーターの3つの基本戦略
コトラーの競争地位別の戦略類型
プロダクト・ライフサイクルとBCGダイヤモンド
アンゾフの成長ベクトル(製品×市場マトリックス)とアーカーのマトリックス
BCGのアドバンテージ・マトリックス
多角化戦略
BCGのプロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)とGEのビジネス・スクリーン
コーポレート・デベロップメント
経営戦略を動かす仕組み(6W2Hでゴール設定と細分化)
マーケット・ライフサイクルと規模の効果
マーケットセグメンテーションとポジショニングの重要性
競争力の源泉
意思決定の2つの方式(トップダウンとボトムアップ)
ゼネラル・マネージャーの役割
戦略評価のための指標(KPI)の設定とBSCの活用
PDCAサイクルを回す
ストラテジック・プランニング
戦略実行のための組織形態を考える
マッキンゼーの「7つのS」
企業変革の条件
経営戦略の全体最適と個別最適(全社戦略と事業戦略)
全社戦略策定の基本プロセス
経営資源配分の優先順位
ポートフォリオ改善の仕組みづくりと機能最適化の3つの考え方
フレームワークのカスタマイズと定量ファクト
事業戦略策定の5ステップ
事業戦略の目的(ゴール)と定量目標の設定
事業を定義する(事業スキームとバリューチェーン)
業界を俯瞰し、分析の全体像をつかむ
市場分析
顧客分析
業界分析
自社分析(競争ベンチマークと定量分析)
SWOT分析
現状成り行き予測
戦略方向性の策定(戦略方向性マップ)
フィジビリティスタディ
施策・プロセスへの落とし込みと実行
意図的に計画された戦略論
ポーターvsミンツバーグ
学習する組織とは
創発的戦略とは
意図的戦略と創発的戦略のバランス
イノベーション戦略
4世代のイノベーションモデル
日本企業が目指すべき経営戦略とは
グローバリゼーションと事業戦略
M&Aとアライアンス
OEMとは
企業の経営成果を測る5つの財務指標
コーポレート・ガバナンス
企業価値のマネジメント
ブルーオーシャン戦略の概要
フリー戦略の概要
ランチェスター戦略の概要
プラットフォーム戦略の概要
オムニチャネル戦略の概要
暗黙知と形式知(SECIモデル)の概要
デザイン思考の概要
孫子の兵法の概要
BCGのデコンストラクションの概要
イノベーター理論とキャズムの概要
ベインのネットプロモーター経営(NPS)の概要
ITを活用した経営戦略

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ