経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

ストラテジー(経営戦略)とは

ストラテジーとは

今回はストラテジー(経営戦略)とはについて説明していきます。

 

この文章を読むことによって経営戦略の必要性経営学における3つの基本戦略について学ぶことができます。

 

経営戦略とは

 

経営戦略とは、企業が競争環境を勝ち抜くために必要な企業としての指針となります。

 

「戦略」とは元来、軍事用語であり、「戦場で勝ち残るための謀(はかりごと)」を指しています。

 

経営学の中で「経営戦略」は>企業の目的を達成するために必要となる打ち手を示しています。

 

企業の目的とは、事業を継続させ、成長し、収益を獲得、拡大させていくことなどが挙げられます。

 

そして真の目的は顧客を創造することです。

 

昨今、顧客のニーズが多様化し、業界の垣根を超えて競合企業が乗り入れてくる経営環境となり、且つ、経営のグローバル化による地理的範囲の拡大に伴い、経営環境は不確実性が増していると言えます。

 

経営戦略の必要性

 

近年、経営環境の不確実性が増していることから、経営戦略の重要性が増していると言えます。

 

高度経済成長の時代、企業は大量生産・大量販売のビジネスモデルが成り立ち、「経営戦略」を意識せずとも利益を享受できる時代でした。

 

しかし、バブル崩壊後、経営環境が変化し個々の企業が戦略を持たなければならなくなりました。

 

企業は、目的に達成時期や達成レベルを付与して、目標を掲げます。

 

この目標は、企業としての最終目的を達するためのマイルストーンと言えます。

 

現状と目標のギャップを埋めるための打ち手こそが「経営戦略」であり、戦略を持たなければ勝ち残れない時代となったのです。

 

しかし、「経営戦略」を立案するにあたって、勘案すべき経営資源(人、モノ、金、情報)や戦略立案に充てられる時間には限りがあります。

 

このような制約を踏まえた上で定義した経営戦略こそが重要となってきます。

 

経営戦略とは1

 

経営学における3つの基本戦略

 

企業が他社との競争において、競争優位を築くために3つの基本戦略をM.E.ポーターが提唱しています。

 

企業の戦略は自社を取り巻く競争環境に応じて変えることが必要になっており、唯一の正解はありません。

 

ポーターの3つの基本戦略とは、下記の3戦略です。

 

コスト・リーダーシップ戦略

 

これは、同程度の商品を消費者に提供するのであれば、安価に提供できる方が競争優位を取れるという戦略です。

 

差別化戦略

 

商品の価格が高くなってしまった場合でも、それ以上にデザイン、技術や品質面において、他社が模倣困難であり、消費者に高い付加価値を提供することが可能であれば競争優位を取れるという戦略です。

 

集中戦略

 

特定の顧客・商品・地域などにターゲットを絞り込んだ上で、そこに経営資源を集中させて競争優位を築く戦略です。

 

これらの競争戦略は、1つを選択することが肝要であり、複数を選択するとうまくいかないとポーターは主張しています。

 

経営戦略とは2

 

【例題】

 

例題を通じてM.E.ポーターが提供した3つの基本戦略の意味、あるいは使い方についてさらに理解を深めていきます。

 

<例>
自動車会社A社にて経営企画部門の社員として働いているBさんは、ここ数年の販売台数の減少に頭を抱えていました。

 

A社では中型車、軽自動車の生産・販売を行っていました。

 

販売不振の背景は、他社が中型車の生産能力を上げ、多くのラインナップを取り揃えている中、A社は中型車の性能で他社に劣っていることが考えられます。

 

一方、軽自動車の販売は好調で、過去数年、販売台数は右肩上がりとなっています。

 

Bさんは、A社としてどの基本戦略を採用するべきか考案することを求められました。Bさんが3つの基本戦略の内、どの戦略を選ぶのかを見ていきます。

 

<解説>
自動車会社A社は、集中戦略を取ります。軽自動車、中型車両方に十分に投入できるほどの経営資源をA社は有していませんでした。

 

このまま中型車を生産していては、競合他社に負けてしまうため、軽自動車の生産に絞り込むことで、軽自動車を望む顧客のニーズに応えることのできるよう経営資源を集中投下することで競争優位を築きます。

 

まとめ

 

・近年、経営環境の不確実性が増しており、企業にとって経営戦略が重要となってきている

 

・経営戦略とは、企業が掲げた目標と現状のギャップを埋めるための打ち手である

 

・「経営戦略」には、3つの基本戦略が考えられる

関連ページ

経営理念・ビジョンと戦略の関係
事業戦略(基本戦略)と機能別戦略(個別戦略)
経営戦略策定の3ポイントと3ステップ
戦略策定に必要なクリティカルシンキング
戦略策定とフレームワークによる環境分析
外部環境分析(PEST分析と5Forces分析)
内部環境分析(バリューチェーン分析とVRIO分析)
総合環境分析(3C分析とSWOT分析)
ドメイン(事業領域)の設定
コアコンピタンスとは
ポーターの3つの基本戦略
コトラーの競争地位別の戦略類型
プロダクト・ライフサイクルとBCGダイヤモンド
アンゾフの成長ベクトル(製品×市場マトリックス)とアーカーのマトリックス
BCGのアドバンテージ・マトリックス
多角化戦略
BCGのプロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)とGEのビジネス・スクリーン
コーポレート・デベロップメント
経営戦略を動かす仕組み(6W2Hでゴール設定と細分化)
マーケット・ライフサイクルと規模の効果
マーケットセグメンテーションとポジショニングの重要性
競争力の源泉
意思決定の2つの方式(トップダウンとボトムアップ)
ゼネラル・マネージャーの役割
戦略評価のための指標(KPI)の設定とBSCの活用
PDCAサイクルを回す
ストラテジック・プランニング
戦略実行のための組織形態を考える
マッキンゼーの「7つのS」
企業変革の条件
経営戦略の全体最適と個別最適(全社戦略と事業戦略)
全社戦略策定の基本プロセス
経営資源配分の優先順位
ポートフォリオ改善の仕組みづくりと機能最適化の3つの考え方
フレームワークのカスタマイズと定量ファクト
事業戦略策定の5ステップ
事業戦略の目的(ゴール)と定量目標の設定
事業を定義する(事業スキームとバリューチェーン)
業界を俯瞰し、分析の全体像をつかむ
市場分析
顧客分析
業界分析
自社分析(競争ベンチマークと定量分析)
SWOT分析
現状成り行き予測
戦略方向性の策定(戦略方向性マップ)
フィジビリティスタディ
施策・プロセスへの落とし込みと実行
意図的に計画された戦略論
ポーターvsミンツバーグ
学習する組織とは
創発的戦略とは
意図的戦略と創発的戦略のバランス
イノベーション戦略
4世代のイノベーションモデル
日本企業が目指すべき経営戦略とは
グローバリゼーションと事業戦略
M&Aとアライアンス
OEMとは
企業の経営成果を測る5つの財務指標
コーポレート・ガバナンス
企業価値のマネジメント
ブルーオーシャン戦略の概要
フリー戦略の概要
ランチェスター戦略の概要
プラットフォーム戦略の概要
オムニチャネル戦略の概要
暗黙知と形式知(SECIモデル)の概要
デザイン思考の概要
孫子の兵法の概要
BCGのデコンストラクションの概要
イノベーター理論とキャズムの概要
ベインのネットプロモーター経営(NPS)の概要
ITを活用した経営戦略

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ