経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

経営を学ぶ~経営学・MBA・起業~

資金調達ペイ3

関連ページ

運転資金を即日調達する方法「ファクタリング」とは?【Q&A付き】
労働条件通知書のフォーマット
不動産賃貸借契約書の概要とつくり方
M&Aとアライアンス
総合環境分析(3C分析とSWOT分析)
損益分岐点分析とその求め方 その2
損益分岐点分析とその求め方 その1
貸借対照表(B/S) その3
貸借対照表(B/S) その2
貸借対照表(B/S) その1
財務諸表とは
グローバルマーケティングにおける企業の条件 その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略③(プッシュ戦略とプル戦略) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略③(プッシュ戦略とプル戦略) その1
価格戦略④(新製品の価格設定) その2
YouTubeを活用して動画マーケティングの効果を最大化する方法
売上を最大化させるビデオセールスレター(VSL)の効果と作り方
動画マーケティングによって集客とセールスを効率化させる
店舗ビジネスに効果的な「無料動画を活用した集客法」
セミナーを撮影して良質な動画コンテンツを制作する
対面営業に動画を効果的に活用する方法とそのメリット
動画マーケティングによって集客とセールスを効率化させる
動画はサイトやブログを軸にFacebookやTwitterなどのSNSで拡散する
インターネットビジネスに最適な動画を活用したリストマーケティング
集客では短時間の動画コンテンツを大量にウェブ上に公開する
集客を行うには短時間の動画コンテンツを大量にウェブ上に公開する
マーケティングにWeb動画を取り入れることの7つのメリット
孫子の兵法の概要
暗黙知と形式知(SECIモデル)の概要
SWOT分析
ストラテジー(経営戦略)とは
事業戦略の目的(ゴール)と定量目標の設定
事業戦略策定の5ステップ
戦略策定とフレームワークによる環境分析
ストラテジック・プランニング
戦略評価のための指標(KPI)の設定とBSCの活用
競争力の源泉
現状成り行き予測
BCGのプロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)とGEのビジネス・スクリーン
プロダクト・ライフサイクルとBCGダイヤモンド
ポートフォリオ改善の仕組みづくりと機能最適化の3つの考え方
プラットフォーム戦略の概要
意図的に計画された戦略論
戦略実行のための組織形態を考える
経営戦略の全体最適と個別最適(全社戦略と事業戦略)
オムニチャネル戦略の概要
ベインのネットプロモーター経営(NPS)の概要
経営戦略を動かす仕組み(6W2Hでゴール設定と細分化)
マーケットセグメンテーションとポジショニングの重要性
マーケット・ライフサイクルと規模の効果
市場分析
経営理念・ビジョンと戦略の関係
企業価値のマネジメント
学習する組織とは
ランチェスター戦略の概要
内部環境分析(バリューチェーン分析とVRIO分析)
イノベーター理論とキャズムの概要
イノベーション戦略
業界分析
グローバリゼーションと事業戦略
ゼネラル・マネージャーの役割
フリー戦略の概要
戦略方向性の策定(戦略方向性マップ)
経営戦略策定の3ポイントと3ステップ
フィジビリティスタディ
外部環境分析(PEST分析と5Forces分析)
顧客分析
市場分析
創発的戦略とは
施策・プロセスへの落とし込みと実行
多角化戦略
デザイン思考の概要
事業を定義する(事業スキームとバリューチェーン)
BCGのデコンストラクションの概要
意思決定の2つの方式(トップダウンとボトムアップ)
フレームワークのカスタマイズと定量ファクト
顧客分析
戦略策定に必要なクリティカルシンキング
全社戦略策定の基本プロセス
コーポレート・ガバナンス
コーポレート・デベロップメント
コアコンピタンスとは
企業変革の条件
自社分析(競争ベンチマークと定量分析)
経営資源配分の優先順位
事業戦略(基本戦略)と機能別戦略(個別戦略)
ドメイン(事業領域)の設定
ブルーオーシャン戦略の概要
業界を俯瞰し、分析の全体像をつかむ
ポーターの3つの基本戦略
ポーターvsミンツバーグ
PDCAサイクルを回す
OEMとは
マッキンゼーの「7つのS」
コトラーの競争地位別の戦略類型
日本企業が目指すべき経営戦略とは
意図的戦略と創発的戦略のバランス
ITを活用した経営戦略
BCGのアドバンテージ・マトリックス
アンゾフの成長ベクトル(製品×市場マトリックス)とアーカーのマトリックス
企業の経営成果を測る5つの財務指標
4世代のイノベーションモデル
ビジネス統計学とは…なぜ今、統計学を学ぶ必要があるのか
統計学の基本的な考え方…確率分布・標本抽出
データの階級分けと特性値…中央値・最頻値・平均値・分散・標準偏差
定量分析とは…ビジネスパーソンが知っておくべきデータの分析手法
アイディア発想法
適切な文章量とは
読み手に好かれる文章とは
企画書(提案書)とは
ワード(Word)での企画書の作り方
ビジュアルを活用
企画書の3つの活用方法
企画書の基本型体
「表紙」・「タイトル」・「目次」の書き方
「想定課題」の書き方
「かんばん」を活用
要約をマスターする
企画書を一枚にまとめる
「スケジュール」の書き方
企画書の3つの役割
「要件」の書き方
「目的」の書き方
パワーポイント(PowerPoint)での企画書の作り方
企画立案の6ステップ
説得の手法
企画書の全体像
「組織図」・「体制図」の書き方
企画書の事前調査のやり方
「まえがき」・「はじめに」の書き方
重要事項は先出し
「実施案」の書き方
企画とアイディアの違い
企画書の仮説と検証作業
グラフをマスターする
Googleドライブでの企画書の作り方
オリジナルフォーマットの作成
フォントサイズを工夫
図解の基本(チャートとグラフ)
企画書例⑤(総合企画書:マーケティング施策)
企画書例②(商品・サービス開発)
企画書例④(イベント)
企画書例①(教育・研修)
企画書例③(広告企画)
企画書の3大要素
資料は別途添付する
企画書作成の7ステップ
「おわりに」の書き方
「コンセプト」の書き方
戦略的妥協の必要性
カラーリングのポイント
最終チェックの9ポイント
論理図解(チャート)をマスターする
箇条書きをマスターする
「予算」の書き方
「背景」の書き方
企画書作成の8つの心構え
エクセル(Excel)での企画書の作り方
オリエンテーションの重要性
外延的表記と内包的表記
企画書例③(広告企画)
企画書例②(商品・サービス開発)
データを活用する
ダメな企画書のタイプ
スライド作成ノウハウ
構想は手書きで
聴き手を導く②(どのように伝えるか)
短いキャッチフレーズを作る
聴き手に驚きを与える
効果的な話し方
「現状-問題提起-解決策」の構造
上級者のスライド作り
状況に合わせた演出テクニック
シンプル・イズ・ベスト
上級者のプレゼン
台本は使わない
ロードマップと重要な数字「3」
リハーサルでのチェックポイント
究極の目的意識を持つ
プレゼンの目的をおさえる
小道具を活用したデモンストレーション
スライド以外の演出方法
プレゼン準備の3ステップ
練習の重要性を認識する
効果的なオープニング
数字を装飾する
コアメッセージを伝える
聴き手を理解する
聴き手を導く①(何を伝えるか)
紹介文を用意する
インパクトのある表現を使う
ユーモアを盛り込む
ヒーローを登場させる
他者の助けを借りる
失敗への対処法
大衆の敵を登場させる
プレゼンの終わり方
身体を使ったコミュニケーション
目的に合った服装をする
プレゼンの際の注意点
プレゼンに対する3つの誤解
ストーリーを作る
プレゼンテーションとは
ターゲティング その3
ターゲティング その2
ターゲティング その1
マーケティング戦略策定プロセス その3
マーケティング戦略策定プロセス その2
マーケティング戦略策定プロセス その1
ソリューションの価値と価格への転換 その3
ソリューションの価値と価格への転換 その2
ソリューションの価値と価格への転換 その1
標的市場の選定 その3
標的市場の選定 その2
標的市場の選定 その1
セグメンテーション その2
セグメンテーション その1
製品戦略⑤(プロダクトエクステンション) その2
製品戦略⑤(プロダクトエクステンション) その1
製品戦略④(製品ライフサイクル) その2
製品戦略④(製品ライフサイクル) その1
製品戦略③(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その3
製品戦略③(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その2
製品戦略③(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その1
製品戦略②(新製品開発プロセス) その2
製品戦略②(新製品開発プロセス) その1
製品戦略①(製品とは) その2
製品戦略①(製品とは) その1
価格戦略⑤(心理的価格設定、価格調整法、値下げ) その2
価格戦略⑤(心理的価格設定、価格調整法、値下げ) その1
価格戦略④(新製品の価格設定) その1
価格戦略③(価格設定手法) その3
価格戦略③(価格設定手法) その2
価格戦略③(価格設定手法) その1
価格戦略②(価格設定の影響要因) その2
価格戦略②(価格設定の影響要因) その1
価格戦略①(製造コストとカスタマー・バリュー) その2
価格戦略①(製造コストとカスタマー・バリュー) その1
ポジショニング その3
ポジショニング その2
ポジショニング その1
マーケティングリサーチ④(注意点) その2
マーケティングリサーチ④(注意点) その1
マーケティングリサーチ③(手法とプロセス) その3
マーケティングリサーチ③(手法とプロセス) その2
マーケティングリサーチ③(手法とプロセス) その1
マーケティングリサーチ②(必要な情報) その3
マーケティングリサーチ②(必要な情報) その2
マーケティングリサーチ②(必要な情報) その1
マーケティングリサーチ①(意義と役割) その2
マーケティングリサーチ①(意義と役割) その1
マーケティングミックス(4P分析) その2
マーケティングミックス(4P分析) その1
グローバルマーケティングのプロセスと注意点 その2
グローバルマーケティングのプロセスと注意点 その1
グローバルマーケティングにおける企業の条件 その1
グローバルマーケティング その3
グローバルマーケティング その2
グローバルマーケティング その1
環境分析 その2
環境分析 その1
環境分析のフレームワーク その3
環境分析のフレームワーク その2
環境分析のフレームワーク その1
流通戦略④(チャネル変更とハイブリッド・チャネル) その2
流通戦略④(チャネル変更とハイブリッド・チャネル) その1
流通戦略③(流通チャネル構築プロセス) その3
流通戦略③(流通チャネル構築プロセス) その2
流通戦略③(流通チャネル構築プロセス) その1
流通戦略②(流通チャネルの種類) その3
流通戦略②(流通チャネルの種類) その2
流通戦略②(流通チャネルの種類) その1
流通戦略①(流通チャネルとは) その2
流通戦略①(流通チャネルとは) その1
カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)の実施と導入ポイント その2
カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)の実施と導入ポイント その1
カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM) その3
カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM) その2
カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM) その1
企業におけるマーケティング その2
企業におけるマーケティング その1
競争戦略③(後続企業の戦略) その3
競争戦略③(後続企業の戦略) その2
競争戦略③(後続企業の戦略) その1
競争戦略②(リーダー企業の戦略) その3
競争戦略②(リーダー企業の戦略) その2
競争戦略②(リーダー企業の戦略) その1
競争戦略①(競争戦略とは) その2
競争戦略①(競争戦略とは) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略⑦(レピュテーション・マネジメント) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略⑦(レピュテーション・マネジメント) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略⑥(AIDMA・AISAS・AISCEAS理論) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略⑥(AIDMA・AISAS・AISCEAS理論) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略⑤(コミュニケーション戦略立案プロセス) その3
コミュニケーション(プロモーション)戦略⑤(コミュニケーション戦略立案プロセス) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略⑤(コミュニケーション戦略立案プロセス) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略④(メディアの種類) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略④(メディアの種類) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略②(コミュニケーション手法) その3
コミュニケーション(プロモーション)戦略②(コミュニケーション手法) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略②(コミュニケーション手法) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略①(コミュニケーションの役割) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略①(コミュニケーションの役割) その1
マーケティング課題の特定 その2
マーケティング課題の特定 その1
ビジネスマーケティングと俯瞰思考 その3
ビジネスマーケティングと俯瞰思考 その2
ビジネスマーケティングと俯瞰思考 その1
ビジネスマーケティング(生産財マーケティング) その3
ビジネスマーケティング(生産財マーケティング) その2
ビジネスマーケティング(生産財マーケティング) その1
ブランド戦略⑤(コーポレート・ブランディング) その3
ブランド戦略⑤(コーポレート・ブランディング) その2
ブランド戦略⑤(コーポレート・ブランディング) その1
ブランド戦略④(ブランドの拡張と浸透) その3
ブランド戦略④(ブランドの拡張と浸透) その2
ブランド戦略④(ブランドの拡張と浸透) その1
ブランド戦略③(ブランドの構築と展開) その3
ブランド戦略③(ブランドの構築と展開) その2
ブランド戦略③(ブランドの構築と展開) その1
ブランド戦略②(ブランド・エクイティ) その3
ブランド戦略②(ブランド・エクイティ) その2
ブランド戦略②(ブランド・エクイティ) その1
ブランド戦略①(ブランドとは) その3
ブランド戦略①(ブランドとは) その2
ブランド戦略①(ブランドとは) その1
マーケティングとは その2
マーケティングとは その1
弁護士を活用しよう
実用新案権の仕組みを理解する
戦略法務とは
ソフトウェア開発委託契約書のフォーマット
ソフトウェア開発委託契約書の概要とつくり方
株主代表訴訟と解任、違法行為差止め
職場でのセクハラ・パワハラと企業の責任
動産売買契約書のフォーマット
動産売買契約書の概要とつくり方
安全衛生管理とは
契約書の役割と重要性
労働組合への対応
品質クレーム紛争の解決
登記の仕組みと手続き
不動産賃貸借契約書のフォーマット
製造物責任法(PL法)とリコール
個人情報保護とデータ流出
予防法務とは
割増賃金とは
人事異動(配置転換・転勤・出向・転籍)
特許権の仕組みを理解する
残業をめぐるトラブル
業務委託契約書の概要とつくり方
業務委託契約書のフォーマット
業務委託契約書の概要とつくり方
公正証書の活用
秘密保持契約書のフォーマット
秘密保持契約書の概要とつくり方
金銭消費貸借契約書のフォーマット
金銭消費貸借契約書の概要とつくり方
合併契約書のフォーマット
合併契約書の概要とつくり方
職場のメンタルヘルス対策
法務部門の仕事内容と業務プロセス
法務における交渉のやり方
契約・商取引をめぐる法務の全体像
会社組織をめぐる法務の全体像
法定労働時間と変形労働時間
消費者保護に関する法律
知的財産権とは
不正や事故をめぐる法務の全体像
契約書に必ず盛り込むべきこと
株主総会の仕組みと運営(開催手続き、議決権、計算書類、事務処理)
契約書の重要条項とそのルール
株主代表訴訟と解任、違法行為差止め
雇用関係をめぐる法務の全体像
雇用契約書のフォーマット
雇用契約書の概要とつくり方
紛争処理法務とは
懲戒処分・解雇・退職勧告とそれらをめぐるトラブル
取締役の義務と責任
不正への対処法
企業不祥事と法令違反
契約書でトラブルが起こりやすい箇所
契約書審査業務の手順
継続的売買取引基本契約書のフォーマット
継続的売買取引基本契約書の概要とつくり方
債権回収・訴訟・執行・保全をめぐる法務の全体像
民事訴訟というゲームのやり方
事業再編・M&Aの仕組み(合併、事業譲渡、会社分割)
ビジネス法務(企業法務)担当者の心構え
ビジネス法務(企業法務)とは
ビジネス文章の書き方
契約書作成の基本
倒産制度の仕組み(民事再生、破産、解散、清算)
トラブル防止の心構え
暴力団対策法とは
代理店契約書のフォーマット
代理店契約書の概要とつくり方
債権管理と債権回収
契約書の重要条項とそのルール
電子商取引と電子契約
リーダーシップ論基礎:世界中の様々なリーダーシップ理論を理解する
実践家と研究者の理論から独自のリーダーシップ論を形成する
パワーと影響力によるリーダーシップ
リーダーシップとネットワーク(権力行使から依存関係へのシフト)
ジョン・コッターから学ぶリーダーシップとマネジメントの違い
リーダーシップとフォロワーシップ
非常時に求められるリーダーシップ
リーダーシップ開発…次世代のリーダーを育成する
変革型リーダーシップとジョン・コッターの8段階プロセス
オーセンティック・リーダーシップとは
仕事におけるリーダーシップとは…意味と必要性、身につけ方を学ぶ
リーダーシップの究極の二軸(課題関連行動と人間関連行動)
なぜ経営(マネジメント)を学ぶ必要があるのか
トップマネジメントの役割
組織の精神
最も重要なことに集中する
意思決定の方法を学ぶ その4
仕事の仕方と価値観に着目する
自らをマネジメントする
成果に責任を持つ
成果をあげる方法
自らの強みを知る
マネージャーの仕事
マネージャーとは
マネジメントの役割
リーダーシップの基本
貢献に焦点を合わせる
知識は力なり
基本と原則を学ぶ
企業の基本的機能(マーケティングとイノベーション)
マネジメント開発と自己管理による目標管理
時間を管理する その2
時間を管理する その1
事業を定義する
意思決定の方法を学ぶ その3
意思決定の方法を学ぶ その2
意思決定の方法を学ぶ その1
人の強みを生かす
トップマネジメント
コミュニケーションの基本
組織とは何か その2
組織とは何か その1
報酬の効果と公平性
パワーマネジメントとは
配置システム
人事考課とは
組織と戦略
組織と人材のマネジメント
組織IQとは
組織開発を理解する
組織構造モデルを理解する
組織行動とは
組織の運用
組織文化を考える その4
組織文化を考える その3
組織文化を考える その2
組織文化を考える その1
組織文化を考える
モチベーションとは何か その2
モチベーションとは何か その1
マネージャーの課題
リーダーシップ理論
日本的経営とは
人事システム
人事部の業務
人的資源管理フロー
人材育成
会社組織における人材
ヒューマンリソースマネジメント(人的資源管理)とは
グローバル化とは
評価システム
評価方法
報酬システム
test
採用システム
分業を理解する
組織の分化と統合
人事システムの設計
企業市民とは
人事システムの納得性
報酬の構成要素
報酬システム
コーチングとは
組織行動論の変遷
人的資源管理の変遷
能力開発システム
退職システム
組織構造を決める条件
組織構造の変更
交互進行ゲームにおける戦略と信頼性のない脅し
脅しのゲームと信頼のゲーム
戦略形ゲームのモデルを理解する
囚人のジレンマの解決法
部分ゲーム完全均衡と後ろ向き帰納法
ナッシュ均衡を理解する
混合戦略と純粋戦略
ミニマックス定理
情報非対称ゲーム(不完備情報のゲーム)
ホテリングの立地ゲーム
ゲーム理論の基本を理解する(囚人のジレンマ)
クールノー競争とベルトラン競争
コーディネーションゲーム(失敗と解決法)
男女の争いとチキンゲーム
ベイズ均衡(ベイジアンナッシュ均衡)
ゲーム理論の視点からオークションの仕組みを理解する
交互進行ゲーム(逐次手番ゲーム)とゲームの木
ゲーム理論とは…意味を理解してビジネスの駆け引きの現場で活かす
資本コスト(WACC)を理解する その2
資本コスト(WACC)を理解する その1
バリュエーションを理解する
株価の理論値を理解する その2
株価の理論値を理解する その1
埋没コストと機会費用
経営戦略とファイナンス その2
経営戦略とファイナンス その1
ファイナンスのための統計学基礎
証券化とは
リスクとポートフォリオ その2
リスクとポートフォリオ その1
リスクを理解する その2
リスクを理解する その1
リスクとリターン その3
リスクとリターン その2
リスクとリターン その1
リアルオプションを理解する
「格付け」を理解する
利益還元政策を理解する その2
利益還元政策を理解する その1
現在価値の計算
現在価値を理解する その2
現在価値を理解する その1
プレミアムの算定(二項過程モデル、ヘッジレシオ、プット・コール・パリティ) その3
プレミアムの算定(二項過程モデル、ヘッジレシオ、プット・コール・パリティ) その2
プレミアムの算定(二項過程モデル、ヘッジレシオ、プット・コール・パリティ) その1
ポートフォリオの拡張と最適ポートフォリオ
PI(Profitability Index:収益性指標)
永続価値を理解する その2
永続価値を理解する その1
オプションを理解する その2
オプションを理解する その1
最適資本構成とMM理論 その2
最適資本構成とMM理論 その1
CAPMの公式と解明 その2
CAPMの公式と解明 その1
NPV(Net Present Value:正味現在価値)
NPVとAPVの関係
資本コスト算定の注意点
NPVの注意点
MVA(Market Value Added:市場付加価値)
企業経営とキャッシュフロー概念 その2
企業経営とキャッシュフロー概念 その1
M&A(企業の合併・買収) その2
M&A(企業の合併・買収) その1
負債を活用した場合のNPV
リースファクター(年金現価係数) その2
リースファクター(年金現価係数) その1
IRR(Internal Rate of Return:内部収益率)
IR(インベスター・リレーションズ)とは
NPVによる投資評価 その2
NPVによる投資評価 その1
資金調達方法(負債と自己資本) その3
資金調達方法(負債と自己資本) その2
資金調達方法(負債と自己資本) その1
ファンダメンタル価値理論と砂上の楼閣理論
資金計画を考える
財務諸表とファイナンス その2
財務諸表とファイナンス その1
財務政策を理解する
財務レバレッジとβ(ベータ) その3
財務レバレッジとβ(ベータ) その2
財務レバレッジとβ(ベータ) その1
EVA(Economic Value Added:経済的付加価値)
効率的市場仮説とランダムウォーク
経営の多角化が企業価値に与える影響
負債コストとオプションの関係
企業価値を理解する
コーポレートガバナンス(企業統治)を理解する その2
コーポレートガバナンス(企業統治)を理解する その1
連結決算が企業価値に与える影響
キャッシュフローを理解する その3
キャッシュフローを理解する その2
キャッシュフローを理解する その1
CAPM(Capital Asset Pricing Model)とは
β(ベータ)を理解する
APV(Adjusted Present Value:調整現在価値)
「儲け」とは
ファイナンスとは
株主に報いるには
回収期間(Payback)法と会計上の収益率 その2
回収期間(Payback)法と会計上の収益率 その1
ブラック-ショールズの公式
世界各国の経済成長
経済の波
グラフの用法
失業とは
総供給曲線
短期の総供給曲線がシフトする理由
短期の総供給曲線が右上がりの理由
経済学の主要学説
税と効率性
税金とは
税と公平性
供給とは
株価指数とは(日経平均、TOPIX、ダウ平均、FTSE)
株式市場と債券市場
短期の経済変動
科学的な経済学
貯蓄と投資
貯蓄インセンティブ
景気後退と不況
実質利子率と名目利子率
実質GDPと名目GDP
実質為替相場と名目為替相場(円高と円安)
購買力平価(PPP)とは
生産性とは
生産可能性と比較優位、および特化・交易
生産者余剰
価格と資源配分
価格規制(政府の政策)
戦後の日本経済の歩み
純輸出と純資本流出の均等
貨幣数量説と調整過程の概略
貨幣市場の均衡
貨幣とは
貨幣の流通速度と数量方程式
貨幣価値と物価水準
総需要と総供給のモデル
ミクロ経済とマクロ経済
失業の測定方法
生計費測定の3つの問題
市場の効率性
市場と競争(ミクロ経済学)
貸付資金市場
職探しと失業保険
投資インセンティブ
総需要曲線
GDPデフレーターと消費者物価指数
GDP(国内総生産)とは
GDPは経済厚生の尺度として妥当か
GDPデフレーターとは
摩擦的失業と構造的失業
金融システムとは
金融仲介機関とは
外部性とは(厚生経済学)
外部性に対する公共政策
市場均衡の評価
均衡とは
短期の総供給曲線が右上がりの理由
総需要曲線
経済学の重要な恒等式
株式市場と債券市場
失業の測定方法
ITを活用した経営戦略(コピー)
実証的分析と規範的分析
弾力性とは
弾力性と税の帰着
効率と公平のトレードオフ
経済学者の意見が一致しない理由
経済学とは
経済学の重要な恒等式
経済の所得と支出(マクロ経済学)
経済成長と公共政策
インフレ影響に対する経済変数補正
経済モデル
需要とは
総需要曲線と総供給曲線のシフトの影響
消費者余剰
消費者物価指数とは
GDPの構成要素
会社の形態
閉鎖経済と開放経済
古典派の二分法と貨幣の中立性
中央銀行とは
財政赤字と財政黒字
均衡変化の分析
日本は貿易すべきか
国際的フローの貯蓄と投資の関係
財の国際的フロー
金融資源の国際的フロー
経済変動の重要な3事実
経済学の十大原理
ゼロベース思考 その2
ゼロベース思考 その1
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その3
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その2
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その1
因果関係の把握 その5
因果関係の把握 その4
因果関係の把握 その3
因果関係の把握 その2
因果関係の把握 その1
論理の構造化の重要ポイント その2
論理の構造化の重要ポイント その1
ピラミッドストラクチャー その2
ピラミッドストラクチャー その1
大きな論理の構造 その2
大きな論理の構造 その1
現状把握の基本1(MECE) その2
現状把握の基本1(MECE) その1
ロジックツリー その3
ロジックツリー その2
ロジックツリー その1
論理展開の6つの注意点 その4
論理展開の6つの注意点 その3
論理展開の6つの注意点 その2
論理展開の6つの注意点 その1
論理展開のパターン その3
論理展開のパターン その2
論理展開のパターン その1
大きな論理の構造 その2
大きな論理の構造 その1
論理展開のパターン その3
論理展開のパターン その2
論理展開のパターン その1
イシューと枠組み その2
イシューと枠組み その1
イシューと枠組み その2
イシューと枠組み その1
帰納法 その2
帰納法 その1
因果関係の7つの錯覚パターン その9
因果関係の7つの錯覚パターン その8
因果関係の7つの錯覚パターン その7
因果関係の7つの錯覚パターン その6
因果関係の7つの錯覚パターン その5
因果関係の7つの錯覚パターン その4
因果関係の7つの錯覚パターン その3
因果関係の7つの錯覚パターン その2
因果関係の7つの錯覚パターン その10
因果関係の7つの錯覚パターン その1
仮説と検証 その6
仮説と検証 その5
仮説と検証 その4
仮説と検証 その3
仮説と検証 その2
仮説と検証 その1
フレームワーク思考 その9(その他のフレームワーク)
フレームワーク思考 その8(PPM、過去・現在・未来、仮説思考)
フレームワーク思考 その7(バリューチェーン:付加価値の連鎖)
フレームワーク思考 その6(4P、バランススコアカード)
フレームワーク思考 その5(7つのS、短期・中期・長期)
フレームワーク思考 その4(5フォース分析、ポーターの3つの基本戦略)
フレームワーク思考 その3(3C分析、SWOT分析)
フレームワーク思考 その2
フレームワーク思考 その1
演繹法 その2
演繹法 その1
複合的な論理展開 その2
複合的な論理展開 その1
現状把握の基本2(切り口と切り方) その3
現状把握の基本2(切り口と切り方) その2
現状把握の基本2(切り口と切り方) その1
クリティカル・シンキングとは その2
クリティカル・シンキングとは その1
クリティカル・シンキングとは その2
クリティカル・シンキングとは その1
検証の際の5つの注意点 その4
検証の際の5つの注意点 その3
検証の際の5つの注意点 その2
検証の際の5つの注意点 その1
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その5
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その4
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その2
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その1
仮説・検証の具体的な4ステップ その4
仮説・検証の具体的な4ステップ その3
仮説・検証の具体的な4ステップ その2
仮説・検証の具体的な4ステップ その1
因果関係を考える3ステップ その4
因果関係を考える3ステップ その3
因果関係を考える3ステップ その2
因果関係を考える3ステップ その1
良い仮説をつくるための3つの資質 その5
良い仮説をつくるための3つの資質 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その3
良い仮説をつくるための3つの資質 その2
良い仮説をつくるための3つの資質 その1
良い仮説の3要素 その4
良い仮説の3要素 その3
良い仮説の3要素 その2
良い仮説の3要素 その1
仮説・検証の3つの効果 その5
仮説・検証の3つの効果 その4
仮説・検証の3つの効果 その3
仮説・検証の3つの効果 その2
仮説・検証の3つの効果 その1
「ビジョン」の作成
「補足資料」の作成
一枚にまとめる(サマリーの作成)
「自社の強み」の作成
「スケジュール」の作成
「販売戦略」の作成
「売上計画」の作成
「リスク計画」の作成
誰が事業計画書を読むのか
「利益計画」の作成
企画・アイディアの出し方
事業計画書の全体像
「市場規模」の作成
「人員計画」の作成
「社内体制(組織図)」の作成
「表紙」と「目次」の作成
「資金計画」の作成
「設備計画」の作成
「BtoBビジネス」と「BtoCビジネス」の違い
「商品・サービス説明」の作成
「顧客のメリット」の作成
「売上原価計画」の作成
「競合他社の動向」の作成
「会社プロフィール」の作成
事業計画書作成の際の注意点
事業計画書とは
店舗型サービス業の事業計画書例
小売業の事業計画書例
ネットショップの事業計画書例
製造業(メーカー)の事業計画書例
インターネットサービス業の事業計画書例
飲食業の事業計画書例
「ビジネスモデル」の作成
「事業ドメイン」の作成
「事業コンセプト」の作成
「事業が求められている背景」の作成
「アクション・プラン(PDCA)」の作成
副業から始めて月収100万円以上稼ぎ、1年後に独立起業する方法
既存顧客を育成し、優良なリピーターを増やす効果的な施策
弱者のプライシング手法 〜マーケティングを意識した価格戦略〜
顧客リストを活用した効果的なメールマーケティングの方法
【ランチェスター戦略】弱者が強者に勝つための3原則と5ステップ
ビジネス戦略
起業に役立つ優れたビジネスアイデアを生み出すアイデア発想法
ダイレクト・マーケティングの意味を理解して効果的に活用するやり方
良質なデジタルコンテンツを制作し、ネットで販売して稼ぐ方法
コンテンツマーケティングを活用してブログやサイトで集客するコツ
儲かるビジネスモデルの仕組みと作り方を理解する
税効果会計
原価企画
戦略的意思決定6(ペイバック法)
戦略的意思決定5(DCF法) その3
戦略的意思決定5(DCF法) その2
戦略的意思決定5(DCF法) その1
戦略的意思決定4(リスクと割引率)
戦略的意思決定3(金銭の時間的価値)
戦略的意思決定2(運転資本の意義)
戦略的意思決定1(フリー・キャッシュフロー) その2
戦略的意思決定1(フリー・キャッシュフロー) その1
業績評価のステップと留意点
標準原価と予算差異分析
企業の安全性を分析 その2
企業の安全性を分析 その1
責任会計システム
企業の収益性を分析 その2
企業の収益性を分析 その1
製品原価と期間原価
意思決定の前提(付加価値と生産性分析) その2
意思決定の前提(付加価値と生産性分析) その1
具体的な業績評価のシステム
組織管理と管理会計
比率分析の限界と注意点
MVA(市場付加価値)とは
業績評価の手法
ABCの活用方法
安全余裕率と損益分岐点比率
管理会計の必要性
たな卸資産の評価基準と評価方法 その2
たな卸資産の評価基準と評価方法 その1
内部統制
業界と企業の比較分析 その2
業界と企業の比較分析 その1
企業の成長性を分析
固定費と変動費 その2
固定費と変動費 その1
財務分析とは
財務会計と管理会計
EVA(経済付加価値)とは
企業の効率性を分析 その2
企業の効率性を分析 その1
EBITDAによる株価の評価
直接費と間接費
組織の設計と種類
負債コストと株主資本コスト
原価管理と原価計算
コストセンターとプロフィットセンター
株主から見た企業価値 その2
株主から見た企業価値 その1
会計公準と企業会計原則 その3
会計公準と企業会計原則 その2
会計公準と企業会計原則 その1
企業の総合力を分析 その2
企業の総合力を分析 その1
業務的意思決定(差額原価収益分析)
予算の3つのタイプ
予算の設定方法
予算管理の意義
BSC(バランスト・スコアカード)とは
簿記の基本
財務諸表から業界の特徴を分析 その2
財務諸表から業界の特徴を分析 その1
引当金の計上方法
全部原価計算と直接原価計算
収益の計上基準
費用の計上基準
会計方針とは
固定資産の会計処理(減価償却と減損会計) その2
固定資産の会計処理(減価償却と減損会計) その1
アカウンティングとは
ABM(活動基準管理)とABB(活動基準予算管理)
ABC(活動基準原価計算)とは
ABCと価格設定
損益計算書(P/L) その3
損益計算書(P/L) その2
損益計算書(P/L) その1
日米の会計方針の違い
国際会計基準
総合原価計算と個別原価計算
キャッシュフロー計算書(C/S) その3
キャッシュフロー計算書(C/S) その2
キャッシュフロー計算書(C/S) その1
損益分岐点分析から見た利益向上策 その2
損益分岐点分析の活用法 その3
損益分岐点分析の活用法 その2
損益分岐点分析の活用法 その1
損益分岐点分析から見た利益向上策 その1

HOME
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ