経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

自らをマネジメントする

自らをマネジメントする

成果をあげるにはまず自らをマネジメントすることから始めなければなりません。
自分をマネジメントできない者が他人や仕事をマネジメントすることはできません。

 

他人や仕事をマネジメントすることができなければ成果をあげることは難しいです。
よって成果をあげるには自らをマネジメントすることが重要になります。

 

では自らをマネジメントする上で大切なことは何でしょうか?
まず基本的なことですが、最初に下記の4点を意識することが最も重要です。

 

@目標とヴィジョンを持つ
A人に恥じないことを行う
B全ては自己責任である
C素直に学ぶ

 

一つ一つ見ていきましょう。

 

@目標とヴィジョンを持つ
これはよく言われることですが、以外にしっかりと意識している人が少ないようです。
目標やヴィジョンがなければ方向性がわからなくなってしまいます。

 

目標やヴィジョンがあるが故に、今自分の行っていることに正当性があるのです。
そうではなくただ闇雲に毎日忙しく働いているだけであれば、10年後自分が何も達成できていないことに気づくことになるでしょう。

 

目標やビジョンはあなたの人生の目的地であると同時に、あなたの人生の道標にもなってくれます。

 

あなたはこれから人生に迷うことも当然あると思います。
しかしそのときに目標とヴィジョンが明確であれば方向性を見失うことはありません。

 

目標・ヴィジョンという目的地と現在地(現状)とを照らし合わせて、進むべき方向を見出せば良いのです。
あなたはしっかり自分の目標とヴィジョンを持って、それに向かって前進していかなければなりなん。

 

できれば目標はお金ではない方が良いでしょう。
自分がやりたいこと、自分が本当に充実感に満たされて幸せになれることを目標やヴィジョンに掲げることをおすすめします。

 

もちろんお金持ちになりたいというのも立派な目標ですが、お金持ちになった後に何がしたいのかというものがあった方が仕事に情熱が持てます。
本来お金は手段であってそれ自体に意味はありません。

 

またこれは、自分は「他人から何によって知られたいか」を自問することで、自らがなすべきことを知ることができるのです。

 

あなたが人から「彼、彼女は◯◯をした人」だと言われたいとした場合、◯◯の部分があなたが最も重視すべき価値観なのだと知ることができます。

 

本当に自分が情熱を持てるものを見つけ、それに向かって断固突き進む勇気が持てれば、誰でもその目的地にたどり着くことができるのです。

 

A人に恥じないことを行う
世の中には人を騙してお金を稼いでいる人が存在します。
それはヤクザや詐欺師と言われる犯罪者だけではなく、合法的に人を騙して大金を得ている人たちが本当に多くいるのです。

 

例えば、インターネットビジネスの世界にはそういう輩が多いです。
「一日一時間の作業で月収300万円稼げます」のような誇大宣伝をして、ゴミのようなビジネス系情報商材を売りつけるような人たちです。

 

確かにインターネットビジネスの世界は稼ぎやすいというのは事実ですが、どの業界でも同じように、素人がそんなに簡単にできるものではありません。

 

上記のようなグレーな商売をして大金を稼ぐ人が大勢いるのは事実ですが、しかしそういう人は家族や友人に自分の仕事を誇りを持って言うことができるでしょうか。

 

きっと後ろめたさがあるので自らの仕事を他人に説明することはできないでしょう。

 

食品偽装問題なんかも同じです。
近年食品偽装をしていた企業が多数発覚しましたが、そのようなことを意図的にしている者が自分の子供に倫理観を教えることはできません。

 

そういう人は始めはいいかもしれませんが、いずれボロが出て他人からの信用を失います。
人に恥じない仕事をするよう常に自分を律していなければ、貴重な財産である人からの信用を失い、いずれ自らを破滅させることになります。

 

B全ては自己責任である
これは本当に大事な考え方であり、多くの人に足りないものです。
仕事で何か問題が発生するとすぐに言い訳をする人がいます。

 

それが自分の過失である場合に言い訳をする人は言語道断ですが、それが自分に過失がなくても言い訳はするべきではありません。
「上司に言われたから」や「部下が指示をきかなくて」などと言い訳をしようと思えばいくらでもそれを考えることができます。

 

世の中の多くの人が、特に組織に働く人には、現在の自分の仕事が理想的なものではないことが多いと思います。
また一緒に働く人間を自分で選べぶこともできないと思います。

 

しかし、皆同じ環境で働いているのです。
そして元々は自分がその仕事を選んで働いているのです。

 

自分の仕事で起こった問題は原因の如何に関わらず、全て自分にも責任があるのだと考えなければいけません。

 

「上司に言われてやったからトラブルは自分の責任じゃない」という人はまったく主体性がなく自己責任の感覚が欠如しています。

 

「俺は最初から絶対上手くいかないと思ってたんだよ」などと後で愚痴をこぼしたり言い訳をするのも止めるべきです。
その仕事が失敗すると思ったのであればその旨を最初に上司に言うべきです。

 

それが言えない環境だとしてもその環境を選んだのはその人自身です。
責任をとりたくなければ大きな仕事は与えられませんし、それを成し遂げることもできません。

 

権限と責任はセットなのです。
大きな仕事で成果をあげたければ自己責任という考え方を重視する必要があります。

 

C素直に学ぶ
何かを新しく学ぼうと思ったら先入観を持って学んではいけません。
また教えてくれる人がいるのであれば、その人の言うことはまずしっかり聞かなければいけません。

 

新しく学ぶときにあなたの意見が必要なことはほとんどありません。

 

よく教えてもらっている人に対して、「私はあなたと違ってこう思う」などと言う人がいますが、それは教えてもらっている段階では心に留めておけばいいのです。

 

もちろん質問することは良いことです。
しかし、学ぶときにはまず素直に相手の言うことを受け入れる姿勢が重要です。

 

間違っていることがあれば後でそれを正せばいいのです。
何かを学ぶときは「話すな、聞け」という思考を肝に銘じておかなければなりません。

 

また、新しい仕事を始めるときには新しい仕事のやり方を学ばなければなりません。

 

前の仕事ではこういうやり方で上手くいっていたから今回も同じやり方でやるというのは間違いです。
新しい仕事にはその仕事に合った方法があるはずです。

 

したがって、新しい仕事をするときには必ず、「新しい仕事で成果をあげる為には何をしなければならないか」を自問しなければなりません。

 

以上基本的な部分を述べてきました。
そして次からは自らをマネジメントする具体的な方法を述べていきます。
その方法は下記の4点です。

 

・自らの強みを知る
・仕事の仕方と価値観に着目する
・時間を管理する
・最も重要なことに集中する

 

これらはまた他の項目で述べていきいます。


HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ