経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

データを活用する

データを活用する

今回は、企画書にデータを活用する方法について説明しています。

 

この文章を読むことで、「データの種類」や「どのようにデータを活用するのか」について学ぶことができます。

 

データの種類

 

企画書にデータを活用することで、企画内容の質が上がります。

 

では、データにはどのような種類があるのでしょうか?

 

ここでは、「定量データ」と「定性データ」という視点で見ていきましょう。

 

定量データとは

 

定量データとは、数値や量などで表すことが出来るデータです。

 

例えば、アンケートをして数値で答えてもらったり、選択式で番号を選んでもらったりして集計するようなデータです。

 

定量データは数値であるため、集計がしやすく分かりやすいというメリットがあります。

 

しかし、アンケートの設問内容によっては、データが偏る結果が出てしまうこともありますので、アンケートの作成には注意が必要です。

 

定性データとは

 

一方、定性データというのは、数値で表すことが出来ないデータで、文章や言葉で表すデータのことです。

 

例えば、アンケートで自由に記述式で書いてもらったり、直接相手にヒヤリングさせてもらったりして集めるデータです。

 

定性データは分量が多く、相手の言葉使いもバラバラなので、集計や取りまとめは大変な作業になります。

 

しかし、相手の言葉や感情が直接伝わるというメリットはあります。

 

このように、定量データと定性データはそれぞれ特徴があり、集計上のメリットやデメリットがあります。

 

データを企画書に活用する

 

では、これらのデータを企画書に活かす場合はどうすべきなのでしょうか?

 

基本的に、定量データに基づく説明の方が論点が明確になりやすい分、企画書を読む相手も納得しやすい面はあります。

 

また、定性データばかりですと、「言葉ではそうだけれど、数字面ではどうかなぁ?」という疑問が出てくることも多いです。

 

しかし、定量データだけの場合、固いイメージの企画書になりがちで、感情があまり動きにくいという面もあります。

 

よって、両方を上手く活用することで、良い企画書になるのです。

 

例えば、説明などは定量データを活用しつつ、「ここで感情を動かしたい(感動や共感して貰いたい)」という部分では定性データを活用するなど、両方の特徴やメリットを活かして企画書を作るべきなのです。

 

データを活用する1

 

【事例】
Aさんは社内の福利厚生の改善プロジェクトのリーダーです。

 

福利厚生の改善は、一部の人間だけで考えるより、社内の意見を取り上げる方が良いと考え、紙のアンケートと直接従業員へのヒヤリングの両方を行いました。

 

その中で、「連続休暇を1週間取れる制度の導入」の可否を問うアンケートがありました。その定量データでは、賛成52%、反対48%という僅差でした。

 

連続休暇を1週間取れる制度は会社への影響も大きいので、この定量データだけではなかなか説得力のある企画書になりにくい状況でした。

 

 

しかし、その後のヒヤリング形式のアンケートで、実態が大きく違うことが分かったのです。

 

48%の人が反対しているのですが、その人たちの意見は「なんとなく1週間も休みづらい」や、「上司に遠慮して反対と書いてしまった」など、「積極的に反対」という意見は少なかったのです。

 

一方、賛成をしている人たちは、「仕事に活かすための資格勉強のために」や、「普段、仕事に集中しているので、家族のために時間を取りたい」など、本当に休みを熱望している意見が多かったのです。

 

 

よって、Aさんは、定量データに加えて定性データも踏まえて企画書を作成し、提出したのでした。

 

この制度は会社の業績への影響も大きいこともあり、すぐに導入できたわけではありませんでした。

 

しかし、この企画書をキッカケに役員も現場の声を知ることができ、順次、福利厚生の改善が進められることになったのです。

 

まとめ

 

・企画書を作成する上で、データを活用するとより良い企画内容にできる

 

・データには、数値が中心の定量データと文章や言葉が中心の定性データがある

 

・定量データと定性データの両方の特徴・メリットを理解し、それらを活かすことで企画書の質も向上する

関連ページ

企画書(提案書)とは
企画書の3つの役割
企画書の3つの活用方法
企画とアイディアの違い
アイディア発想法
オリエンテーションの重要性
企画書の事前調査のやり方
企画書の仮説と検証作業
企画立案の6ステップ
企画書の基本型体
外延的表記と内包的表記
企画書の3大要素
企画書作成の7ステップ
企画書作成の8つの心構え
企画書の全体像
「表紙」・「タイトル」・「目次」の書き方
「まえがき」・「はじめに」の書き方
「背景」の書き方
「目的」の書き方
「コンセプト」の書き方
「実施案」の書き方
「要件」の書き方
「組織図」・「体制図」の書き方
「スケジュール」の書き方
「予算」の書き方
「想定課題」の書き方
「おわりに」の書き方
資料は別途添付する
「かんばん」を活用
重要事項は先出し
ダメな企画書のタイプ
最終チェックの9ポイント
読み手に好かれる文章とは
適切な文章量とは
箇条書きをマスターする
要約をマスターする
フォントサイズを工夫
カラーリングのポイント
ビジュアルを活用
図解の基本(チャートとグラフ)
論理図解(チャート)をマスターする
グラフをマスターする
企画書を一枚にまとめる
オリジナルフォーマットの作成
説得の手法
戦略的妥協の必要性
パワーポイント(PowerPoint)での企画書の作り方
ワード(Word)での企画書の作り方
エクセル(Excel)での企画書の作り方
Googleドライブでの企画書の作り方
企画書例@(教育・研修)
企画書例A(商品・サービス開発)
企画書例B(広告企画)
企画書例C(イベント)
企画書例D(総合企画書:マーケティング施策)

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ