経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

外延的表記と内包的表記

外延的表記と内包的表記

今回は外延的表記と内包的表記について説明していきます。

 

この文章を読むことで、「企画書を作成する際にどのような表記方法を選ぶか」について学ぶことができます。

 

企画書の表記方法

 

企画書には「どのように書くのか」という厳密な決まりはありません。でも、人が読むための文章ですので、読み手が読みやすい記載方法にする必要があります。

 

よって、記載方法についてはある程度の形は決まってきます。今回は、その表記方法についてお話しします。

 

企画書の記載方法(表記方法)として、外延的記法外延的表記)と内包的記法内包的表記)というものがあります。元々は数学の集合における記法、表記方法から来ています。

 

企画書でも、記法、表記方法を使い分けると、分かりやすい企画書(相手が読みやすい企画書)になります。

 

 

では、外延的記法と内包的記法とはどんなものなのでしょうか?

 

@外延的記法

 

数学の集合論では、外延的記法とは、集合のすべての要素を並べて表記する方法です。

 

例えば、A社にBさんとCさんとDさんが所属しているという前提があった場合、外延的記法では、「彼らはBさんとCさんとDさんだ」という表現になります。

 

A内包的記法

 

数学の集合論では、内包的記法とは、集合に属するための必要十分条件を表記する方法です。

 

例えば、上記と同様に、A社にBさんとCさんとDさんが所属している場合、内包的記法では、「彼らはA社の社員である」という表現になります。

 

 

企画書でも、この外延的記法(外延的表記)と内包的記法(内包的表記)が使われます。どちらか一方を使うこともあれば、両方を使い分けることもあります。

 

例えば、見出しでは内包的表記を使って、結論では外延的表記を使うなどです。

 

表現方法をどのようにするのかは、企画書を読む相手を想定すると良いです。読む相手によって、分かりやすい表現が異なる可能性もあるからです。

 

つまり、読む相手によって、どのような表現方法が分かりやすいかを考え、表現方法も選択していく必要があるのです。

 

【事例】
Eさんはワインの卸売業をしている会社に勤めており、各スーパーや飲食店にワインを卸売しています。今回、新しいワインを仕入れて販売キャンペーンを行うことになりました。

 

その販売キャンペーンをスーパーや飲食店に提案するための企画書を書いています。そして、その企画書を書く上での表現方法を考えている最中です。

 

この新ワインは日本では今まで販売されたことが無く、実績がありませんでした。しかし、海外では昔からよく飲まれるワインです。

 

よって、どのようなお客様層(ターゲット層)が飲むのか調査がされました。

 

その調査の結果では、この新ワインを好む層は「30代女性と50代男性」だと分かっています。

 

そこで、その現状を企画書の中に盛り込むことにしたのです。つまり、この現状をどのように表現するかを考えているところです。

 

この場合、外延的表記では「30代女性と50代男性」、内包的表記だと「新ワインを飲むターゲット層」となります。

 

Eさんは、企画書の第一章の見出しを内包的表記で「新ワインを飲むターゲット層は?」という見出しにし、その内容を外延的表記で「30代女性、50代男性」だと書き、その後で調査内容を具体的に記載していったのです。

 

外延的表記と内包的表記1

 

このように、Eさんの場合は、外延的表記と内包的表記を上手く組み合わせ、分かりやすい企画書にしていったのでした。

 

まとめ

 

・企画書の記載方法は自由記載だが、読む相手がいるので分かりやすさも必要である

 

・企画書の記載方法として、外延的記法(表記)と内包的記法(表記)がある

 

・外延的表記とは、集合のすべての要素を並べて表記する方法である

 

・内包的表記とは、集合に属するための必要十分条件を表記する方法である

 

・外延的表記と内包的表記は、どちらを使うと良いという決まりはないが、読む相手によってどちらを使うか、両方使うかを決めていく必要がある

関連ページ

企画書(提案書)とは
企画書の3つの役割
企画書の3つの活用方法
企画とアイディアの違い
アイディア発想法
オリエンテーションの重要性
企画書の事前調査のやり方
データを活用する
企画書の仮説と検証作業
企画立案の6ステップ
企画書の基本型体
企画書の3大要素
企画書作成の7ステップ
企画書作成の8つの心構え
企画書の全体像
「表紙」・「タイトル」・「目次」の書き方
「まえがき」・「はじめに」の書き方
「背景」の書き方
「目的」の書き方
「コンセプト」の書き方
「実施案」の書き方
「要件」の書き方
「組織図」・「体制図」の書き方
「スケジュール」の書き方
「予算」の書き方
「想定課題」の書き方
「おわりに」の書き方
資料は別途添付する
「かんばん」を活用
重要事項は先出し
ダメな企画書のタイプ
最終チェックの9ポイント
読み手に好かれる文章とは
適切な文章量とは
箇条書きをマスターする
要約をマスターする
フォントサイズを工夫
カラーリングのポイント
ビジュアルを活用
図解の基本(チャートとグラフ)
論理図解(チャート)をマスターする
グラフをマスターする
企画書を一枚にまとめる
オリジナルフォーマットの作成
説得の手法
戦略的妥協の必要性
パワーポイント(PowerPoint)での企画書の作り方
ワード(Word)での企画書の作り方
エクセル(Excel)での企画書の作り方
Googleドライブでの企画書の作り方
企画書例@(教育・研修)
企画書例A(商品・サービス開発)
企画書例B(広告企画)
企画書例C(イベント)
企画書例D(総合企画書:マーケティング施策)

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ