経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

戦略的意思決定5(DCF法) その2

戦略的意思決定5(DCF法) その2

≪それぞれの年度のキャッシュフローを考える≫
まずは未来に発生するキャッシュフローを考えます。

 

・初期投資を行った年の期初に発生する投資活動によるキャッシュフロー
初期投資が行われるのは、現在(初期投資を行う年度の期初)です。

 

そして初期投資は1000万円です。

 

・初期投資を行った年の期末に発生する営業活動によるキャッシュフロー
初期投資を行った年の期末に発生する営業活動によるキャッシュフローは、以下のように計算できます。

 

営業活動によるキャッシュフロー = NOPAT(税引後営業利益)+減価償却費+運転資本増減

 

よって、計算式は以下になります。

 

営業活動によるキャッシュフロー=(200−(200×0.35))+200−50 = 280

 

なお、法人税(法定実効税率)は35%で計算しています。

 

・翌年度の期末に発生する営業活動によるキャッシュフロー
初期投資を行った翌年の期末に発生する営業活動によるキャッシュフローは、以下のように計算できます。

 

営業活動によるキャッシュフロー=(400−(400×0.35))+200−50 = 410

 

・3〜5年目の期末に発生する営業活動によるキャッシュフロー
3〜5年目に発生する営業活動によるキャッシュフローは、以下のように計算できます。

 

営業活動によるキャッシュフロー=(600−(600×0.35))+200−50 = 540

 

 

≪現在価値に割り引く際の資本コストを決定する≫
次に、現在価値に割り引く際の資本コストを決定します。

 

資本コストは会社でいうところの「金利」です。

 

そして会社でいうところの金利には、「負債の金利」と「自己資本コスト」の2種類がありました。

 

この2種類の金利の平均値が最終的な資本コストとなり、WACC(加重平均資本コスト)と呼ばれます。

 

WACCの求め方についてはここでは省略し、計算結果だけを記載します。

 

今回のケースの資本内訳と金利は以下です。

 

総資本 1億円
負債 8,000万円(金利5%)
自己資本 5,000万円(自己資本コスト13%)
実行法人税率 35%

 

WACC = (5×(1-0.35)×(8,000÷(8,000+5,000)))+(13×(5,000÷(8,000+5,000))) = 7

 

ここではWACCは7%となります。

 

 

≪現在価値に割り引く際の資本コストを決定する≫
次に、未来のキャッシュフローを、今計算したWACCを使って現在価値に割り引きます。

 

まず、先ほど計算した未来の営業活動によるキャッシュフローは以下の通りです。

 

・設備投資を行った年の期末(1年後) 280
・初期投資を行った翌年の期末(2年後) 410
・3〜5年目(3〜5年後) 540

 

現在価値に割り引く方法も様々ですが、ここでは以下の方法で計算したいと思います。

 

1) 3〜5年後のキャッシュフローを2年後の価値に割り引く。
2)1.と2年後のキャッシュフローの合計を1年後の価値に割り引く。
3)2.と1年後のキャッシュフローとの合計を最終的に現在価値に割り引く。

 

戦略的意思決定(DCF法)

 

まず3〜5年後のキャッシュフローを2年後の価値に戻します。

 

3〜5年後のキャッシュフローはすべて同じなので、ここでは年金現価係数を使用します。

 

年金現価係数とは、計算対象となる期間のキャッシュフローが毎期同じである場合に使用される割引係数です。

 

年金係数を使う際のイメージは、以下のような場合です。

 

まず、現在の金銭価値は、「n年後の金銭価値÷(1+r)n」で表されます。
(rは金利で、「r=資本コスト=WACC」となります。)

 

そしてここでは「金銭価値=キャッシュフロー」となり、例えば1年後から3年後のキャッシュフローの現在価値は以下のようになります。

 

キャッシュフロー(CF)の現在価値
 =  CF×(1÷(1+r))+CF×(1÷(1+r2))+CF×(1÷(1+r3))
 =  CF×((1÷(1+r))+(1÷(1+r2))+(1÷(1+r3)))

 

この「(1÷(1+r))+(1÷(1+r2))+(1÷(1+r3))」が年金現価係数です。

 

なお、年金現価係数の一例は以下の通りです。

戦略的意思決定(DCF法)

また、キャッシュフローが異なる場合には、複利現価係数を使用します。

 

複利現価係数は、計算対象となる期間のキャッシュフローが毎期異なる場合に使用される割引係数です。

 

複利現価係数で考えた場合は、キャッシュフローの現在価値は以下のようになります。
(ここでは、1年後のCFをCF(1)、2年後のCFをCF(2)、3年後のCFをCF(3)とします。)

 

キャッシュフロー(CF)の現在価値
 = CF(1)×((1÷(1+r))+ CF(2)×(1÷(1+r2))+ CF(3)×(1÷(1+r3))

 

なお、複利現価係数の一例は以下の通りです。

戦略的意思決定(DCF法)

 

 

次のページ 「戦略的意思決定5(DCF法) その3」

 

前のページ 「戦略的意思決定5(DCF法) その1」

関連ページ

アカウンティングとは
財務会計と管理会計
会計公準と企業会計原則 その1
会計公準と企業会計原則 その2
会計公準と企業会計原則 その3
財務諸表とは
簿記の基本
損益計算書(P/L) その1
損益計算書(P/L) その2
損益計算書(P/L) その3
貸借対照表(B/S) その1
貸借対照表(B/S) その2
貸借対照表(B/S) その3
キャッシュフロー計算書(C/S) その1
キャッシュフロー計算書(C/S) その2
キャッシュフロー計算書(C/S) その3
国際会計基準
財務分析とは
企業の総合力を分析 その1
企業の総合力を分析 その2
企業の収益性を分析 その1
企業の収益性を分析 その2
企業の効率性を分析 その1
企業の効率性を分析 その2
企業の安全性を分析 その1
企業の安全性を分析 その2
企業の成長性を分析
比率分析の限界と注意点
業界と企業の比較分析 その1
業界と企業の比較分析 その2
財務諸表から業界の特徴を分析 その1
財務諸表から業界の特徴を分析 その2
会計方針とは
たな卸資産の評価基準と評価方法 その1
たな卸資産の評価基準と評価方法 その2
固定資産の会計処理(減価償却と減損会計) その1
固定資産の会計処理(減価償却と減損会計) その2
引当金の計上方法
収益の計上基準
費用の計上基準
税効果会計
日米の会計方針の違い
内部統制
管理会計の必要性
固定費と変動費 その1
固定費と変動費 その2
直接費と間接費
製品原価と期間原価
損益分岐点分析とその求め方 その1
損益分岐点分析とその求め方 その2
損益分岐点分析から見た利益向上策 その1
損益分岐点分析から見た利益向上策 その2
損益分岐点分析の活用法 その1
損益分岐点分析の活用法 その2
損益分岐点分析の活用法 その3
安全余裕率と損益分岐点比率
原価管理と原価計算
総合原価計算と個別原価計算
全部原価計算と直接原価計算
標準原価と予算差異分析
原価企画
ABC(活動基準原価計算)とは
ABCの活用方法
ABCと価格設定
意思決定の前提(付加価値と生産性分析) その1
意思決定の前提(付加価値と生産性分析) その2
業務的意思決定(差額原価収益分析)
戦略的意思決定1(フリー・キャッシュフロー) その1
戦略的意思決定1(フリー・キャッシュフロー) その2
戦略的意思決定2(運転資本の意義)
戦略的意思決定3(金銭の時間的価値)
戦略的意思決定4(リスクと割引率)
戦略的意思決定5(DCF法) その1
戦略的意思決定5(DCF法) その3
戦略的意思決定6(ペイバック法)
株主から見た企業価値 その1
株主から見た企業価値 その2
負債コストと株主資本コスト
EBITDAによる株価の評価
組織管理と管理会計
予算管理の意義
予算の設定方法
予算の3つのタイプ
ABM(活動基準管理)とABB(活動基準予算管理)
責任会計システム
組織の設計と種類
コストセンターとプロフィットセンター
業績評価の手法
具体的な業績評価のシステム
業績評価のステップと留意点
EVA(経済付加価値)とは
MVA(市場付加価値)とは
BSC(バランスト・スコアカード)とは

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ