経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

「儲け」とは

「儲け」とは

【儲けとは】
会社を経営していくうえで、最も欠かせないことは、「利益をあげる」ということです。

 

そして利益をあげるということは、つまりは「会社が儲かる」ということです。

 

事業を行い、様々な諸費用を支払って最後に残る金額が「利益 = 儲け」です。

 

そして儲けを出すためには、売上を伸ばす、費用を抑えるなどの様々な方法があります。

 

しかし、この「儲ける方法」には実は決まったセオリーはありません。

 

例えば同じ方向性を持っているはずの同じ会社の中ですら、儲け方を議論すると意見が衝突することもよくあります。

 

どのように儲けるかについては、同じ会社ではあってもその部署などによって、考え方に違いがあるためです。

 

そこで、ここでは儲けはどのように判断できるかということを、ファイナンスの視点から多面的に考えてみましょう。

 

 

【収益性で考える儲け】
儲けを増やすということは、一般には「利益を大きくする」ということです。

 

しかしただ利益が大きいといっても、その利益には「利益率が高い」、「利益額が大きい」、「ROI(投資収益率)が大きい」など、様々な考え方があります。

 

そしてこれらはどれが一番良いとは一概に言うことができず、色々な要素を総合的に考える必要があります。

 

それが「収益性を考える」ということです。

 

ここでいくつか例を挙げてみましょう。

 

自動車部品製造会社であるS社では、近年の市場変化に対応するために新製品の開発を考えています。

 

現時点で新製品は製品A、製品B、製品Cのいずれかに絞られ、会社規模の問題などから、このうちの1製品だけが実際に製造できることになっています。

 

まず、製品A〜Cの収益予想を見てみます。
(以下は完全に製品製造に関する収益にスポットを当てています。)

 

儲けとは

 

これを見ると、売上高、営業利益や当期純利益、初期投資などが異なっていることがわかります。

 

ではこの製品AからCではどれが最も収益性が高いと言えるでしょうか?

 

まず、最もポピュラーな「売上高当期純利益率」で考えてみましょう。

 

売上高当期純利益率の計算式は「当期純利益÷売上高」です。

 

≪売上高当期純利益率≫
製品A 39%
製品B 32.5%
製品C 21.67%

 

売上高当期純利益率を考えた場合は、利益率の高い製品Aが最も収益性が高いと考えることができます。

 

次に、「当期純利益額」で考えてみましょう。

 

≪当期純利益額≫
製品A 19.5
製品B 32.5
製品C 65

 

当期純利益の額を考えた場合は、売上高の大きい製品Cが最も収益性が高いと考えることができます。

 

最後に、「初期投資に対する当期純利益の割合(ROI:投資収益率)」で考えてみましょう。

 

なお、投資収益率とは事業を行う際、事前に行った投資に対して、どの程度の収益をあげられているかを見る指標で、ここでは「当期純利益÷初期投資」で計算しています。

 

≪ROI≫
製品A 19.5%
製品B 32.5%
製品C 21.67%

 

ROIを考えた場合は、収益率の高い製品Bが最も収益性が高いと考えることができます。

 

ここで、それぞれの指標ごとに収益性の高い製品をまとめてみましょう。

 

・売上高当期純利益率→製品A
・当期純利益額→製品C
・ROI→製品B

 

上記は単純化した例ですが、このように「どの指標を見るか」によって収益性の高い製品が異なってくることがわかります。

 

 

【会計上の収益性の落とし穴】
上記の中で言うと、売上高当期純利益率や当期純利益額は損益計算書から判断できます。

 

しかしROIは、会計上の数値だけを見ても判断できない場合があります。

 

貸借対照表には資産の増加に伴う投資額が記載されますが、例えばその投資が自己資本で行われたか、負債で行われたかによってリターンは異なる結果になります。

 

そしてそのリターンの予測を貸借対照表からすぐにできるかというと、ほぼ不可能です。

 

ファイナンスの観点から、自己資本コスト(株主資本にかかってくる配当などのコスト)や負債コスト(負債にかかってくる支払利息などのコスト)などを計算しなければならないのです。

 

また、会計には会計基準というものがあり、会社がどのような会計基準を採用しているかによって、会計上の利益は異なったものとなります。

 

その最も代表的な例は、減価償却費です。

 

減価償却費の計算を定額法で行っているか、定率法で行っているかによって、その年の利益は大きく変わってきます。

 

また、実際にどのくらい会社が儲かったかを計算するには、「キャッシュフロー」を考えることも大切になってきます。

 

キャッシュフローとは、「実際の現金の流れ」という意味です。

 

減価償却費も会計上は費用として計上されますが、キャッシュフローには影響を与えません。

 

キャッシュフローはファイナンスで学ぶ最も重要な概念の一つです。

 

「儲け」という概念は、会計上の利益だけではなくファイナンスの見地からも考える必要があるということを理解し、その上でファイナンスを学んでいきましょう。

 

なお、会計に関する詳しい説明は、当サイトの「アカウンティング(会計)」の項で解説していますので、そちらを参照してみてください。

関連ページ

ファイナンスとは
財務諸表とファイナンス その1
財務諸表とファイナンス その2
キャッシュフローを理解する その1
キャッシュフローを理解する その2
キャッシュフローを理解する その3
埋没コストと機会費用
企業経営とキャッシュフロー概念 その1
企業経営とキャッシュフロー概念 その2
現在価値を理解する その1
現在価値を理解する その2
現在価値の計算
永続価値を理解する その1
永続価値を理解する その2
リースファクター(年金現価係数) その1
リースファクター(年金現価係数) その2
リスクを理解する その1
リスクを理解する その2
リスクとポートフォリオ その1
リスクとポートフォリオ その2
ファイナンスのための統計学基礎
リスクとリターン その1
リスクとリターン その2
リスクとリターン その3
ポートフォリオの拡張と最適ポートフォリオ
CAPM(Capital Asset Pricing Model)とは
β(ベータ)を理解する
CAPMの公式と解明 その1
CAPMの公式と解明 その2
ファンダメンタル価値理論と砂上の楼閣理論
効率的市場仮説とランダムウォーク
資本コスト(WACC)を理解する その1
資本コスト(WACC)を理解する その2
資本コスト算定の注意点
財務レバレッジとβ(ベータ) その1
財務レバレッジとβ(ベータ) その2
財務レバレッジとβ(ベータ) その3
バリュエーションを理解する
NPV(Net Present Value:正味現在価値)
NPVによる投資評価 その1
NPVによる投資評価 その2
NPVの注意点
APV(Adjusted Present Value:調整現在価値)
NPVとAPVの関係
IRR(Internal Rate of Return:内部収益率)
EVA(Economic Value Added:経済的付加価値)
MVA(Market Value Added:市場付加価値)
回収期間(Payback)法と会計上の収益率 その1
回収期間(Payback)法と会計上の収益率 その2
PI(Profitability Index:収益性指標)
負債を活用した場合のNPV
企業価値を理解する
株価の理論値を理解する その1
株価の理論値を理解する その2
連結決算が企業価値に与える影響
経営の多角化が企業価値に与える影響
M&A(企業の合併・買収) その1
M&A(企業の合併・買収) その2
財務政策を理解する
最適資本構成とMM理論 その1
最適資本構成とMM理論 その2
利益還元政策を理解する その1
利益還元政策を理解する その2
株主に報いるには
オプションを理解する その1
オプションを理解する その2
プレミアムの算定(二項過程モデル、ヘッジレシオ、プット・コール・パリティ) その1
プレミアムの算定(二項過程モデル、ヘッジレシオ、プット・コール・パリティ) その2
プレミアムの算定(二項過程モデル、ヘッジレシオ、プット・コール・パリティ) その3
ブラック-ショールズの公式
リアルオプションを理解する
負債コストとオプションの関係
「格付け」を理解する
経営戦略とファイナンス その1
経営戦略とファイナンス その2
コーポレートガバナンス(企業統治)を理解する その1
コーポレートガバナンス(企業統治)を理解する その2
資金調達方法(負債と自己資本) その1
資金調達方法(負債と自己資本) その2
資金調達方法(負債と自己資本) その3
資金計画を考える
IR(インベスター・リレーションズ)とは
証券化とは

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ