経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

4世代のイノベーションモデル

4世代のイノベーションモデル

今回は4世代のイノベーションモデルについて説明していきます。

 

今回の文章を読むことで、イノベーションモデルの変遷や各イノベーションモデルの概要について学ぶことができます。

 

イノベーションモデルの変遷

 

本稿ではイノベーションモデルの考え方をご紹介します。

 

イノベーションモデルとは、イノベーション創出の過程を概念化したものになります。

 

イノベーションには様々な考え方や定義があります。

 

「売れる製品を開発すること」がイノベーションと捉える定義もあれば、「売れるだけでは認められず、社会的に大きな影響を及ぼして初めてイノベーションと認められる」といった考え方もあります。

 

北陸先端科学技術大学院大学の特任教授であった亀岡秋男氏によると、イノベーションモデルは4世代の変遷があります。

 

4世代のイノベーションモデル1

 

第1世代:リニアモデル

 

製品自体のイノベーションになります。

 

研究・開発が主な対象となります。

 

基本的な考え方として、「研究」⇒「開発」⇒「製造」⇒「販売」という流れが定義されており、このイノベーションモデルは前のステップが次のステップに直接的に影響を及ぼすプロセスを前提とすることから「リニアイノベーション」と呼びます。

 

このモデルの特徴は、既存市場により市場ニーズが明確なため、経営層から「このような製品を市場に投入する」といったような指示があり、組織の中で効率的にイノベーションが創出されるように設計されています。

 

4世代のイノベーションモデル2

 

 

第2世代:クラインモデル

 

第二世代として、ノンリニアなイノベーションモデルが考えられました。

 

本モデルではイノベーションの出発点は「市場発見」にあると定義しています。

 

顧客や市場を分析してニーズを発見し、そこからイノベーションへ派生します。営業要員からのフィードバックを製品開発に活かします。

 

この第2世代の考え方は、プロダクトアウト志向を脱却し、マーケットインの志向に変わっています。

 

第3世代:仮説検証モデル

 

第三世代は、市場での実験を重要と捉えた仮説検証モデルが挙げられます。

 

このモデルは、顧客や市場を分析するだけではなく、実際に市場で実験し、そこから得られる情報やノウハウをベースにイノベーションを創出していくことになります。

 

市場に迅速に製品を投入し、その反応を見ながら改良を加えていきます。

 

この考え方には、早期に市場投入することのリスクやコストがかかるなどのマイナス面もありますが、先行者利益が大きい市場では有効な手段とされています。

 

第4世代:インタラクティブモデル

 

昨今注目されているのがインタラクティブモデルになります。

 

利用者や顧客が積極的に製品やサービスの開発に参画し、ヒット商品を産み出すような事例もあります。

 

利用者もはっきりと認識できていないニーズを協創的な取り組みの中で掘り起こすため、プロセスは曖昧であり、双方の意思疎通が非常に重要となります。

 

仮説検証モデルの事例:セブン&アイ

 

データを活用した仮説検証モデルの事例を紹介します。

 

セブン&アイでは缶コーヒーの売上が低迷していました。その理由として、別のヒット商品である入れたてコーヒー「セブンカフェ」の影響があると考えていました。

 

しかし、nanacoカードなどから収集したデータを調査した結果、缶コーヒーとセブンカフェでは、客層が明らかに異なっており、缶コーヒーの売上低迷はセブンカフェが原因でないということがデータから検証されました。

 

またアンケート調査などから、缶コーヒー購入の決め手は、ブランド力が必要であることが仮説立案されました。

 

その仮説を市場で検証するため、セブン&アイは国内飲料メーカー大手サントリー食品インターナショナルと共同で、プライベートブランド(PB)缶コーヒーの商品開発を行いました。

 

こうして開発されたPB缶コーヒー「ワールドセブンブレンドオリジナル」を迅速に市場に投入した結果、販売後月間500万本の売れ筋商品となりました。

 

これは結果として仮説が立証されたと言えます。

 

【解説】
仮説検証を行うには、データ量も重要ですが、データから仮説を立案して、市場で検証を行って次の商品開発にフィードバックする仮説検証サイクルを迅速に回していくことが重要と言えます。

 

実際、データ量のみであれば、セブン&アイよりもローソンの方がカード会員(Ponta会員)が多く、データも十分にあったと言えます。

 

まとめ

 

顧客ニーズが多様化している昨今、顧客市場との対話を通じて今後の取るべきアクションを決めていくプロセスが重要となります。

 

つまり、本稿で紹介した第3・第4世代のイノベーションモデルで掲げられている創発的なモデルが重要であると言えます。

関連ページ

ストラテジー(経営戦略)とは
経営理念・ビジョンと戦略の関係
事業戦略(基本戦略)と機能別戦略(個別戦略)
経営戦略策定の3ポイントと3ステップ
戦略策定に必要なクリティカルシンキング
戦略策定とフレームワークによる環境分析
外部環境分析(PEST分析と5Forces分析)
内部環境分析(バリューチェーン分析とVRIO分析)
総合環境分析(3C分析とSWOT分析)
ドメイン(事業領域)の設定
コアコンピタンスとは
ポーターの3つの基本戦略
コトラーの競争地位別の戦略類型
プロダクト・ライフサイクルとBCGダイヤモンド
アンゾフの成長ベクトル(製品×市場マトリックス)とアーカーのマトリックス
BCGのアドバンテージ・マトリックス
多角化戦略
BCGのプロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)とGEのビジネス・スクリーン
コーポレート・デベロップメント
経営戦略を動かす仕組み(6W2Hでゴール設定と細分化)
マーケット・ライフサイクルと規模の効果
マーケットセグメンテーションとポジショニングの重要性
競争力の源泉
意思決定の2つの方式(トップダウンとボトムアップ)
ゼネラル・マネージャーの役割
戦略評価のための指標(KPI)の設定とBSCの活用
PDCAサイクルを回す
ストラテジック・プランニング
戦略実行のための組織形態を考える
マッキンゼーの「7つのS」
企業変革の条件
経営戦略の全体最適と個別最適(全社戦略と事業戦略)
全社戦略策定の基本プロセス
経営資源配分の優先順位
ポートフォリオ改善の仕組みづくりと機能最適化の3つの考え方
フレームワークのカスタマイズと定量ファクト
事業戦略策定の5ステップ
事業戦略の目的(ゴール)と定量目標の設定
事業を定義する(事業スキームとバリューチェーン)
業界を俯瞰し、分析の全体像をつかむ
市場分析
顧客分析
業界分析
自社分析(競争ベンチマークと定量分析)
SWOT分析
現状成り行き予測
戦略方向性の策定(戦略方向性マップ)
フィジビリティスタディ
施策・プロセスへの落とし込みと実行
意図的に計画された戦略論
ポーターvsミンツバーグ
学習する組織とは
創発的戦略とは
意図的戦略と創発的戦略のバランス
イノベーション戦略
日本企業が目指すべき経営戦略とは
グローバリゼーションと事業戦略
M&Aとアライアンス
OEMとは
企業の経営成果を測る5つの財務指標
コーポレート・ガバナンス
企業価値のマネジメント
ブルーオーシャン戦略の概要
フリー戦略の概要
ランチェスター戦略の概要
プラットフォーム戦略の概要
オムニチャネル戦略の概要
暗黙知と形式知(SECIモデル)の概要
デザイン思考の概要
孫子の兵法の概要
BCGのデコンストラクションの概要
イノベーター理論とキャズムの概要
ベインのネットプロモーター経営(NPS)の概要
ITを活用した経営戦略

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ