経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

競争力の源泉

競争力の源泉

今回は競争力の源泉について説明していきます。

 

この文章を読むことで、自社の競争優位性を獲得するために必要な競争力の源泉について学ぶことができます。

 

競争力の源泉について

 

競争環境分析において、最も基本的かつ重要なことは、競争上で自社の優位性を見極めることにあります。

 

マイケル・E・ポーターは、本質的な競争の方向性としてコストと差別化に優位性を見出すことを掲げています。

 

ここでは、競争力の源泉を”コスト”、”時間”、”付加価値”の3つとして考えます。

 

競合企業に対して3つの観点から優位性を保つことが望ましいが、通常それは難しいです。

 

最低限、1つの軸で優位に立つことが競争環境を勝ち抜くために必要不可欠な条件となります。

 

ただし、どの軸で競争優位性を保つことが重要となるのかは、事業のライフサイクルがどのような状況にあるのかによって異なってきます。

 

例えば、腕時計事業は生産コストの低減が成功要因でしたが、近年ではファッション性やマーケティング力が成功要因となっています。

 

これらの事業環境の変化を捉えて自社の競争優位性を改善し続けることが必要となります。

 

競争力の源泉1

 

<例題>

 

自動車業界全体としての生産性は、1975年前後に日米で逆転が起きています。

 

日米を代表するトヨタとGMの生産性を見ても、60年代、70年代を通じてGMの設備投資の不足が見られます。

 

アメリカが生産性を軽視する一方、日本が旺盛な投資を行ってキャッチアップしてきました。

 

日本のメーカーの優位性は複合的なものとなっています。

 

規模による生産コストが優位性を保っていた時代から製品の品質や生産システムなどの組織の能力、製品開発スピードへと競争力の源泉が変化し、それに合わせて競争力を測る基準も変化してきたと言えます。

 

市場セグメント:競争力の源泉を議論する以前にアメリカと日本の製品ラインの違いがあります。

 

アメリカの車は単価の高いフルサイズ、インターミディエイト、コンパクトカーでしたが、日本はサブ・コンパクトカーが主流であり、事実上製品ラインの競合は回避されています。

 

【コスト】

 

サブコンパクトカー市場において、日本企業は規模の効果を実現し、コスト面で優位に立っていました。

 

部員メーカーの相乗りを許したこと、また優れた生産システムもコストダウンの一因となっています。

 

【付加価値】

 

品質においては日本車の方がアメリカ車にうらべて不良品率がはるかに低かった。

 

【時間】

 

かんばん方式、リーンプロダクションをはじめとする日本メーカーの優れた生産システムは多品種への対応力や柔軟性、極めて早い開発期間を可能にする仕組み、高品質で生産性の高い生産システム、無駄のなさで世界中の注目を集めていました。

 

まとめ

 

競争力の源泉を見極め、他社と比べて競争優位性を獲得するためには、競争のメカニズムを理解することが欠かせません。

 

競争のメカニズムを理解するためには、自社が生存している業界を理解するための戦略理論や自社の内部を理解するための戦略理論を知っておく必要があります。

 

業界構造を理解するためにはポーターの5つの力(5Forces分析)が有名であり、自社内部を理解するためには、バリューチェーン分析などが用いられることが多いです。

 

関連ページ

ストラテジー(経営戦略)とは
経営理念・ビジョンと戦略の関係
事業戦略(基本戦略)と機能別戦略(個別戦略)
経営戦略策定の3ポイントと3ステップ
戦略策定に必要なクリティカルシンキング
戦略策定とフレームワークによる環境分析
外部環境分析(PEST分析と5Forces分析)
内部環境分析(バリューチェーン分析とVRIO分析)
総合環境分析(3C分析とSWOT分析)
ドメイン(事業領域)の設定
コアコンピタンスとは
ポーターの3つの基本戦略
コトラーの競争地位別の戦略類型
プロダクト・ライフサイクルとBCGダイヤモンド
アンゾフの成長ベクトル(製品×市場マトリックス)とアーカーのマトリックス
BCGのアドバンテージ・マトリックス
多角化戦略
BCGのプロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)とGEのビジネス・スクリーン
コーポレート・デベロップメント
経営戦略を動かす仕組み(6W2Hでゴール設定と細分化)
マーケット・ライフサイクルと規模の効果
マーケットセグメンテーションとポジショニングの重要性
意思決定の2つの方式(トップダウンとボトムアップ)
ゼネラル・マネージャーの役割
戦略評価のための指標(KPI)の設定とBSCの活用
PDCAサイクルを回す
ストラテジック・プランニング
戦略実行のための組織形態を考える
マッキンゼーの「7つのS」
企業変革の条件
経営戦略の全体最適と個別最適(全社戦略と事業戦略)
全社戦略策定の基本プロセス
経営資源配分の優先順位
ポートフォリオ改善の仕組みづくりと機能最適化の3つの考え方
フレームワークのカスタマイズと定量ファクト
事業戦略策定の5ステップ
事業戦略の目的(ゴール)と定量目標の設定
事業を定義する(事業スキームとバリューチェーン)
業界を俯瞰し、分析の全体像をつかむ
市場分析
顧客分析
業界分析
自社分析(競争ベンチマークと定量分析)
SWOT分析
現状成り行き予測
戦略方向性の策定(戦略方向性マップ)
フィジビリティスタディ
施策・プロセスへの落とし込みと実行
意図的に計画された戦略論
ポーターvsミンツバーグ
学習する組織とは
創発的戦略とは
意図的戦略と創発的戦略のバランス
イノベーション戦略
4世代のイノベーションモデル
日本企業が目指すべき経営戦略とは
グローバリゼーションと事業戦略
M&Aとアライアンス
OEMとは
企業の経営成果を測る5つの財務指標
コーポレート・ガバナンス
企業価値のマネジメント
ブルーオーシャン戦略の概要
フリー戦略の概要
ランチェスター戦略の概要
プラットフォーム戦略の概要
オムニチャネル戦略の概要
暗黙知と形式知(SECIモデル)の概要
デザイン思考の概要
孫子の兵法の概要
BCGのデコンストラクションの概要
イノベーター理論とキャズムの概要
ベインのネットプロモーター経営(NPS)の概要
ITを活用した経営戦略

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ