経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

経済モデル

経済モデル

今回は経済モデルについて説明していきます。

 

この文章を読むことで、経済モデルの概要と「フロー循環図」「生産可能性フロンティア」について学ぶことができます。

 

経済モデルの役割

 

経済モデルは図や式で出来ている「経済を簡略化したもの」を指します。

 

経済的事象を簡単に理解するためには、現実はあまりに複雑で余計な情報が多すぎます。そうして理解が妨げられるのを回避するべく、経済学は経済モデルを提出するのです。

 

これは生物学が人体模型を使ったり、骨だけの図像、筋肉だけの図像、臓器だけの図像を使ったりするのと同じです。

 

本来人間の体は毛細血管をはじめとする微細な器官で覆われていますが、それでは骨の動きや筋肉の動きを理解するには余計な情報がありすぎます。

 

そこで骨の動きを理解するためには骨だけを、臓器の動きを理解するために臓器だけを取り出し、あとのものを捨象するのです。

 

これと同じことを経済学は経済モデルで行うのです。

 

第1のモデル:フロー循環図

 

最初に説明するのは「フロー循環図」と呼ばれる経済モデルです。

 

このモデルは家計と企業だけにおける経済的取引を網羅的に理解するために、その他の情報を全て切り落としたものです。

 

企業は、生産要素と引きかえに労働力に対する賃金や土地の賃貸料、投資に対する利潤などを提供します。

 

対して家計は、企業で働くことで労働力を提供したり、土地を貸したり投資をしたりして、生産要素を企業に売ります。それと引きかえに給料や賃貸料という形で所得を得るのです。

 

そうして得た所得を基に、家計は財やサービスを購入します。

 

この財やサービスは、企業が生産要素を基に生産したもので、企業はこれを販売することで収入を得ています。

 

こうしてぐるぐると企業と家計の間のお金と財やサービスが流れている様子を理解しやすくしたものがフロー循環図です。

 

経済モデル1

 

※生産要素⇒企業が財やサービスの生産に使う「労働」・「土地」・「資本」。生産要素市場では売り手は家計に、買い手は企業になる。

 

※財・サービス市場⇒家計が買い手、企業が売り手の市場。日常的な市場のイメージ。

 

【例題1】
小学校3年生のAくんが駄菓子屋で100円のカップ麺を買った時の経済の動きをフロー循環図を使って説明してみましょう。

 

<解説>
Aくん(=家計)は100円のお金(=支出)と引きかえに駄菓子屋(=財・サービス市場)からカップ麺(=財)を手に入れました。

 

この100円は駄菓子屋=企業の収入となります。

 

駄菓子屋はこの100円をアルバイトの女子高生に賃金として支払ったり、土地を借りている大家さんへの賃貸料として支払ったりするでしょう。

 

これは生産要素市場での「労働」・「土地」・「資本」購入なので、女子高生や大家さんの所得となります。

 

Aくんの100円はこのあと女子高生のランチに使われるかもしれませんし、大家さんの晩酌の代金になるかもしれません。

 

そして、そこでもまた企業と家計間のフロー循環図が描くことができます。

 

フロー循環図が切り捨てているもの

 

フロー循環図においては自国や他国、企業間の取引、複数企業と家計の取引といったものは無視されています

 

仮に前掲の女子高生がファストフード店でランチを購入した場合、そこには消費税(国と企業の取引)が含まれ、あるいはアメリカの麦農家からの小麦粉の仕入れ代金が含まれます(企業間の取引)。

 

これらの情報は、フロー循環図の目的とする交易関係の基本構造の理解には不要なため、切り捨てられているのです。

 

フロー循環図は何を語るか

 

経済モデルは特定の経済事象を理解するために、必要な情報だけを抽出して作られた図や式です。

 

このうち最も単純なものの一つが「フロー循環図」です。

 

企業と家計だけに絞り、そこで行われる交易関係を図示したもので、経済の最も基本的な仕組みを理解するのに役立つモデルです。

 

複雑な経済構造を考える際にも、このフロー循環図はその基礎となります。

 

第2のモデル:生産可能性フロンティア

 

第2の経済モデルとして紹介するのは「生産可能性フロンティア」と呼ばれるモデルです。

 

これは数学を基にして作成されたモデルの中でも最も単純なモデルで、特定の経済が生産できる財の組み合わせについて考える際に使うものです。

 

生産可能性フロンティアは、トレードオフ、機会費用、効率性、希少性、経済成長という5つの経済の基本的な考え方を学ぶのに最適のモデルです。

 

もちろんこれをそのままビジネスに役立てることはできませんが、このモデルによって経済の基本的な構造を理解していれば、より複雑なモデルや事象に行き当たった際に比較的スピーディにアクションにつなげられるでしょう。

 

生産可能性フロンティアを理解する

 

例えば、ここにおにぎりとたこ焼きを生産する経済があったとします。

 

経済モデル2

 

おにぎりだけに全ての生産要素と生産技術を注ぎ込んだ場合、この経済は3000個のおにぎりを生産できます。

 

対してたこ焼きだけにすべてを注ぎ込んだ場合、5000個のたこ焼きを生産できます。

 

生産可能性フロンティアの両端は、この状況を示しています。

 

対してA点ではおにぎりを2000個、たこ焼きを3500個生産できています。

 

あるいはA点よりも生産要素や技術をおにぎりサイドに移譲すれば、おにぎりが2300個生産できるようになる代わりに、たこ焼きの数は3300個に減少してしまいます。

 

またこのグラフの線上に生産数がある時、その生産状況は「効率的である」と言えます。

 

この経済が持ちうる力を最大限発揮した場合の組み合わせがグラフの点だからです。

 

逆に言えば点Cのような生産状況にあった場合、それはなんらかの障害のせいで、非効率な生産体制に陥っていると言えるのです。

 

このモデルからは「経済学の十大原理」のうち、第1原理である「トレードオフ」の考え方と、第2原理である「機会費用」の考え方を学ぶことができます。

 

先に見たおにぎりの生産数を300個増やす代わりにたこ焼きの数を200個を減らすのかどうかという判断は、トレードオフの考え方と同じです。

 

またこの時のたこ焼き200個は、おにぎり300個に対する機会費用と言えます。

 

【例題2】
前掲のおにぎりとたこ焼きを生産する経済において、点Dのような生産を行うことは不可能でしょうか?可能でしょうか?

 

不可能な理由、可能な理由をそれぞれ考えてみましょう。

 

<解説>
不可能な理由:点Dのようなグラフの外側の点は、この経済は現時点では生み出せません。

 

それは生産要素には限りがあるからです(希少性)。

 

生産可能性フロンティア=グラフは、その経済が現時点で最も効率的に生産を行った場合の結果を示しています。

 

生産できる組み合わせは、フロンティアの内側にだけ存在できます。

 

可能な理由:グラフが上方にシフトした場合は点Dのような生産が可能になります。

 

例えばおにぎり自動製造マシンが開発されて、それまで手で握っていたおにぎりを全て機械生産できるようになったような場合(技術革新)、このグラフは赤のグラフのように上方にシフトします。

 

すると、従来の生産要素や技術では実現できなかった生産体制が実現できるのです(経済成長)。

 

経済モデル3

 

生産可能性フロンティアは何を語るか

 

生産可能性フロンティアはトレードオフ、機会費用、効率性、希少性、経済成長の5つの経済学の基本的な概念を説明しています。

 

どの生産を増やし、どの生産を減らすのか。そしてそれにどれだけの犠牲を払うのか。

 

経済が最も適正に機能した場合、どれだけの生産能力があるのか。

 

どれだけ適正化を施しても不可能な生産量とは何か。それを実現するために必要な要素は何か。

 

生産可能性フロンティアは経済全体のみならず、企業の中や、個人の仕事にも応用できるモデルの1つです。

 

しっかりと理解しておきましょう。

 

経済モデルは何を語るか

 

経済モデルは必要な情報だけを抽出して、数式や図にしたものです。

 

フロー循環図では経済の基本構造を理解するために、生産可能性フロンティアでは前述した5つの経済学の基本概念を理解するために、それぞれ単純化して視覚化しています。

 

まとめ

 

経済モデルは経済を単純化し、理解しやすくする。

 

代表的な経済モデルには「フロー循環図」と「生産可能性フロンティア」がある

関連ページ

経済学とは
経済学の十大原理
科学的な経済学
ミクロ経済とマクロ経済
経済学の主要学説
実証的分析と規範的分析
経済学者の意見が一致しない理由
グラフの用法
生産可能性と比較優位、および特化・交易
日本は貿易すべきか
市場と競争(ミクロ経済学)
需要とは
供給とは
均衡とは
均衡変化の分析
価格と資源配分
価格規制(政府の政策)
税金とは
弾力性と税の帰着
弾力性とは
消費者余剰
生産者余剰
市場の効率性
市場均衡の評価
税と効率性
税と公平性
効率と公平のトレードオフ
外部性とは(厚生経済学)
外部性に対する公共政策
経済の所得と支出(マクロ経済学)
GDP(国内総生産)とは
GDPの構成要素
実質GDPと名目GDP
GDPデフレーターとは
GDPは経済厚生の尺度として妥当か
消費者物価指数とは
生計費測定の3つの問題
GDPデフレーターと消費者物価指数
インフレ影響に対する経済変数補正
実質利子率と名目利子率
世界各国の経済成長
生産性とは
経済成長と公共政策
失業とは
失業の測定方法
摩擦的失業と構造的失業
職探しと失業保険
金融システムとは
株式市場と債券市場
金融仲介機関とは
経済学の重要な恒等式
貯蓄と投資
貸付資金市場
貯蓄インセンティブ
投資インセンティブ
財政赤字と財政黒字
貨幣とは
中央銀行とは
貨幣価値と物価水準
貨幣市場の均衡
貨幣数量説と調整過程の概略
古典派の二分法と貨幣の中立性
貨幣の流通速度と数量方程式
景気後退と不況
経済変動の重要な3事実
短期の経済変動
総需要と総供給のモデル
総需要曲線
総供給曲線
短期の総供給曲線が右上がりの理由
短期の総供給曲線がシフトする理由
総需要曲線と総供給曲線のシフトの影響
閉鎖経済と開放経済
財の国際的フロー
金融資源の国際的フロー
純輸出と純資本流出の均等
国際的フローの貯蓄と投資の関係
実質為替相場と名目為替相場(円高と円安)
購買力平価(PPP)とは
会社の形態
経済の波
戦後の日本経済の歩み
株価指数とは(日経平均、TOPIX、ダウ平均、FTSE)

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ