経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

経済の所得と支出(マクロ経済学)

経済の所得と支出(マクロ経済学)

今回は経済の所得と支出について説明していきます。

 

この文章を読むことで、「マクロ経済学の概要」と「経済における所得と支出の関係」について学ぶことができます。

 

ミクロ経済学とマクロ経済学

 

私たちの日々の消費生活は、何も三軒隣までの家計によって決定付けられているわけではありません。

 

消費税が決定されるのは政府の議決によりますし、それを受けてどんな価格に設定するのかは企業の裁量によります。

 

それらの意思決定は大きな渦となり、経済全体を動かしていき、一周まわって私たちの消費につながるのです。

 

この「経済全体」の動きを考えるのが「マクロ経済学」です。

 

マクロ経済学は次のようなキーワードで語られます。

 

マクロ経済学のキーワード

 

国内総生産・GDP

 

ニュースでもよく耳にするこの言葉は、特定の経済の構成員全ての人の総所得を指します。

 

各国が独自に計算して発表しており、その国の経済力を示す主な指標となっています。

 

日本の2013年度のGDPは483.1兆円です。

 

物価上昇率

 

インフレーションとかデフレーションといった言葉で語られるのが、物価上昇率あるいは下落率です。

 

インフレが好況、デフレが不況の指標とも言われますが、どちらも行きすぎると問題が起きます。

 

失業率

 

言葉の通り、働く力を持っているのに職を持っていない人の比率を示す数字です。

 

この数字が大きくなるほど国の生産状況は非効率的になっていきます。

 

小売販売高

 

商店などでの総支出額を測定したものです。

 

消費の動向を考える際に用います。

 

貿易赤字

 

特定の国とそれ以外の国との貿易の不均衡を示すのが貿易赤字です。

 

貿易の取引全体は貿易収支と呼びます。

 

規模が大きすぎて家計には無関係のように見えますが、非常に密接に関係してくる数字です。

 

 

ここでは一部のキーワードを紹介しましたが、もちろんこれら以外にも重要な概念や数値はたくさんあります。

 

どれも貿易赤字のように日頃考えもしない規模の経済的な活動を扱うのがマクロ経済学です。

 

マクロ経済学の問い

 

「なぜ日本の平均所得が多く、アフリカ諸国の平均所得が少なくなるのでしょうか。」

 

あるいは「物価が安定している時期と、バブル期などのように物価が乱高下する時期があるのはなぜなのでしょうか。」

 

「これらの問いに対して政府や家計、企業ができることとはなんなのでしょうか。」

 

マクロ経済学はこのような一見途方も無い質問を繰り返し行い、その答えを導いていきます。

 

もちろん冒頭で述べたように、ミクロ経済とマクロ経済は密接に結びついているため、これらの答えに対してミクロ経済の要素を完全に排除することはできません。

 

しかし、「経済全体」というダイナミックな視点を用意すると、ミクロ経済では見えない答えが出てくるのもまた確かなのです。

 

経済における所得と支出の関係

 

マクロ経済学の重要な指標の一つ、「GDP」について考えてみましょう。

 

GDPは家計で言えば「所得」です。

 

たくさん儲けていれば羽振りが良くなったりするように、国もGDPが増えると豊かになっていきます。

 

GDPは総所得と総支出、両方を測定します。

 

これは経済全体において、「所得と支出は同値である」という前提に基づいています。

 

これについて具体例を見ておきましょう。

 

【例題】
Aさんがラーメン屋に行って、特製つけ麺特盛全部載せを1300円で注文します。

 

この時の経済事象を所得と支出の関係から考えましょう。

 

<解説>
この場合Aさんからすれば1300円の支出ですが、ラーメン店からすれば1300円の所得となります。

 

これと同じ状況が企業と家計、政府といった経済の参加者間で絶えず起こっているのです。

 

もちろん実際は下図のような単純なフローではありませんが、経済全体で見れば先ほどの「所得と支出は同値である」という結論になります。

 

経済モデル1

 

経済の所得と支出(マクロ経済学)

 

経済全体の動きを考えるマクロ経済学では、GDPや物価上昇率・下落率といった大きな規模の事象を示す数値を扱います。

 

これらを考えることで、ミクロ経済だけでは見いだせないダイナミックな視点を提供します。

 

その中でも重要なGDPは、国全体の総所得を示す数値で、これは同時に総支出を示す数値でもあります。

 

経済全体でみると「所得と支出は同値」なのです。

 

まとめ

 

マクロ経済学はミクロ経済学では見ることのできないダイナミックな視点を提供する。

 

経済全体でみると所得と支出は同値。

関連ページ

経済学とは
経済学の十大原理
科学的な経済学
経済モデル
ミクロ経済とマクロ経済
経済学の主要学説
実証的分析と規範的分析
経済学者の意見が一致しない理由
グラフの用法
生産可能性と比較優位、および特化・交易
日本は貿易すべきか
市場と競争(ミクロ経済学)
需要とは
供給とは
均衡とは
均衡変化の分析
価格と資源配分
価格規制(政府の政策)
税金とは
弾力性と税の帰着
弾力性とは
消費者余剰
生産者余剰
市場の効率性
市場均衡の評価
税と効率性
税と公平性
効率と公平のトレードオフ
外部性とは(厚生経済学)
外部性に対する公共政策
GDP(国内総生産)とは
GDPの構成要素
実質GDPと名目GDP
GDPデフレーターとは
GDPは経済厚生の尺度として妥当か
消費者物価指数とは
生計費測定の3つの問題
GDPデフレーターと消費者物価指数
インフレ影響に対する経済変数補正
実質利子率と名目利子率
世界各国の経済成長
生産性とは
経済成長と公共政策
失業とは
失業の測定方法
摩擦的失業と構造的失業
職探しと失業保険
金融システムとは
株式市場と債券市場
金融仲介機関とは
経済学の重要な恒等式
貯蓄と投資
貸付資金市場
貯蓄インセンティブ
投資インセンティブ
財政赤字と財政黒字
貨幣とは
中央銀行とは
貨幣価値と物価水準
貨幣市場の均衡
貨幣数量説と調整過程の概略
古典派の二分法と貨幣の中立性
貨幣の流通速度と数量方程式
景気後退と不況
経済変動の重要な3事実
短期の経済変動
総需要と総供給のモデル
総需要曲線
総供給曲線
短期の総供給曲線が右上がりの理由
短期の総供給曲線がシフトする理由
総需要曲線と総供給曲線のシフトの影響
閉鎖経済と開放経済
財の国際的フロー
金融資源の国際的フロー
純輸出と純資本流出の均等
国際的フローの貯蓄と投資の関係
実質為替相場と名目為替相場(円高と円安)
購買力平価(PPP)とは
会社の形態
経済の波
戦後の日本経済の歩み
株価指数とは(日経平均、TOPIX、ダウ平均、FTSE)

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ