経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

摩擦的失業と構造的失業

摩擦的失業と構造的失業

今回は摩擦的失業と構造的失業について説明していきます。

 

この文章では、失業を説明する際に知っておくべき概念として「摩擦的失業」と「構造的失業」について学ぶことができます。

 

理想と現実のギャップ

 

自然失業率」という経済学上の概念は、「失業は本来的になくならない」ということを意味しています。

 

しかし、経済学は同時に経済が達成する多くの経済的合理性も説いています。

 

それは、「市場が適切な需要と供給を調整し、無駄のない資源配分を達成する」という原則に基づいています。

 

この原則が労働力に関しても適用されるのならば、経済が最適化された時に失業は完全になくなるはずなのです。

 

しかし、現実はこのようにはいきません。どんなにその経済が活性化していようとも、一定の失業率は残ります。

 

この「自然失業率」を理解するためには「摩擦的失業」と「構造的失業」という二つの概念を知っておく必要があります。

 

摩擦的失業とは

 

摩擦的失業とは長期的失業の中でも比較的短い継続期間の失業を説明する際に用いられる言葉です。

 

これは、労働者がそれぞれの好みや適性、スキルなどに応じて、自分にぴったりの仕事を見つけるまでに経験する失業を意味します。

 

「労働者と仕事との摩擦によって生じる失業」というわけです。

 

【例題1】
有名大学に所属するXさんは就職活動を早く終わらせて、卒業論文に集中したいと考えました。しかし、大企業はなかなか選考が始まらずXさんはイライラしてしまいます。

 

すると、地元の中小企業が求人を出しており、どうやら3年生の間に合否が決まりそうだということがわかります。

 

そこで、Xさんはその企業に就職活動をし見事採用となります。

 

しかしその1年後、Xさんはその企業を退職してしまいます。あまりに企業のレベルが低く、「自分はこんなところよりももっと活躍できる場があるんだ」と考えたからです。

 

ところが、冷静になって仕事を探してみるとなかなか自分にとってぴったりの仕事が見つかりません。

 

「何が自分に向いているのだろう」と模索しているうちに1年が経っていました。

 

<解説>
このような場合が典型的な摩擦的失業です。

 

この概念は有効需要などの考え方を提出したケインズが最初に説いたものです。

 

構造的失業とは

 

構造的失業は長期の継続期間の失業を説明することができます。

 

市場の構造上どうしても起きてしまう失業という意味ですが、これはその構造を解決することによってなくすことができる失業です。

 

これを具体的に説明すると、次のような状態を指します。

 

【例題2】
ある国の寂しがり屋の王様が、「毎日一回自分に会いに来れば月に30万円の給料を与える」というお触れを出しました。こんなに楽な仕事はないと、国民はこぞって毎日国王に会いに来ます。

 

しかし、金庫番の財務大臣は「このままではみんなが働かなくなって国王に会いに来るだけの国になってしまう」と気づきます。

 

そこで、この仕事に就ける人数を10人に限りました。1人だけにしようとすると「それではワシが寂しい」と国王が言うので、財務大臣はしぶしぶ10人にしたのです。

 

しかし、当然この仕事を生業にしていた人は10人どころではなく、多くの人が失業者となりました。

 

<解説>
これが典型的な構造的失業です。

 

つまりは「労働力の供給が需要を上回った状態」を指す言葉なのです。

 

これは言い換えれば、「その仕事の均衡価格(適正な給料)よりも市場価格が高くなった時」ということができます。

 

摩擦的失業と構造的失業1

 

この例で言えば、国王に毎日会いに行くだけの仕事の給料を月1万円にするなどして、労働力の供給を調整する必要があるのです。

 

そうすれば、失業者となった人たちもこの仕事以外の働き口を探すようになるでしょう。

 

摩擦的失業と構造的失業

 

失業とは本来的になくならないものです。

 

それを説明する際に知っておくべき概念が、摩擦的失業と構造的失業です。

 

前者は、労働者が自分に適した仕事を見つけるまでに経験する失業を言います。比較的短期の継続期間の失業の説明をする概念です。

 

対して後者は、比較的長期の失業を説明する概念で、労働力の需要を供給が上回る、もしくは労働力の均衡価格を市場価格が上回った場合に起こる失業です。

 

まとめ

 

<摩擦的失業>

 

労働者が自分に合った仕事を見つけるまでに経験する失業。比較的短期の失業の説明ができる。

 

<構造的失業>

 

労働市場の構造上起きてしまう失業。比較的長期の失業の説明ができる。

関連ページ

経済学とは
経済学の十大原理
科学的な経済学
経済モデル
ミクロ経済とマクロ経済
経済学の主要学説
実証的分析と規範的分析
経済学者の意見が一致しない理由
グラフの用法
生産可能性と比較優位、および特化・交易
日本は貿易すべきか
市場と競争(ミクロ経済学)
需要とは
供給とは
均衡とは
均衡変化の分析
価格と資源配分
価格規制(政府の政策)
税金とは
弾力性と税の帰着
弾力性とは
消費者余剰
生産者余剰
市場の効率性
市場均衡の評価
税と効率性
税と公平性
効率と公平のトレードオフ
外部性とは(厚生経済学)
外部性に対する公共政策
経済の所得と支出(マクロ経済学)
GDP(国内総生産)とは
GDPの構成要素
実質GDPと名目GDP
GDPデフレーターとは
GDPは経済厚生の尺度として妥当か
消費者物価指数とは
生計費測定の3つの問題
GDPデフレーターと消費者物価指数
インフレ影響に対する経済変数補正
実質利子率と名目利子率
世界各国の経済成長
生産性とは
経済成長と公共政策
失業とは
失業の測定方法
職探しと失業保険
金融システムとは
株式市場と債券市場
金融仲介機関とは
経済学の重要な恒等式
貯蓄と投資
貸付資金市場
貯蓄インセンティブ
投資インセンティブ
財政赤字と財政黒字
貨幣とは
中央銀行とは
貨幣価値と物価水準
貨幣市場の均衡
貨幣数量説と調整過程の概略
古典派の二分法と貨幣の中立性
貨幣の流通速度と数量方程式
景気後退と不況
経済変動の重要な3事実
短期の経済変動
総需要と総供給のモデル
総需要曲線
総供給曲線
短期の総供給曲線が右上がりの理由
短期の総供給曲線がシフトする理由
総需要曲線と総供給曲線のシフトの影響
閉鎖経済と開放経済
財の国際的フロー
金融資源の国際的フロー
純輸出と純資本流出の均等
国際的フローの貯蓄と投資の関係
実質為替相場と名目為替相場(円高と円安)
購買力平価(PPP)とは
会社の形態
経済の波
戦後の日本経済の歩み
株価指数とは(日経平均、TOPIX、ダウ平均、FTSE)

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ