経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

GDPデフレーターと消費者物価指数

GDPデフレーターと消費者物価指数

今回はGDPデフレーターと消費者物価指数について説明していきます。

 

この文章を読むことで、GDPデフレーターと消費者物価指数の違いについて学ぶことができます。

 

GDPデフレーターと消費者物価指数の違い

gdpデフレーター1

gdpデフレーターと消費者物価指数1

GDPデフレーターは「名目GDP(当年のGDPを示す)を実質GDP(基準年の価格で計算したGDPを示す)で割った数字」です。

 

この数字は、基準年のGDPベースの物価水準と今期のそれとを比較するためのものです。

 

対して消費者物価指数(以下CPI)は、「適切な財・サービスのバスケットの価格を調査し、それにもとづいて計算するもの」です。

 

当年の価格と基準年の価格を比較するという点ではGDPデフレーターと同じですが、この両者には把握しておくべき大きな違いがあります。

 

それは次の二つです。

 

@数値に反映される要素が違う

 

A財・サービスの価格にかかるウェイトのかけ方が違う

 

ここではこの二つについて、少し詳しく見ておきましょう。

 

反映させる要素の違い

 

まずは、一つ目の計算に組み込む数字の違いを見ておきましょう。

 

改めてGDPとは何かを思い出すと、「一定期間において、一国内で生産されるすべての最終的な財・サービスの市場価値」でした。

 

対してCPI(消費者物価指数)というのは、その名の通り「消費者」にとっての「物」の「価」値の数値です。

 

消費者が購入するすべての財・サービスの価格」、それがCPIの計算対象なのです。

 

この二つが、実際に数値を算出する際にどのような違いを生むのかを見ておきましょう。

 

【例題1】
例えば、某国が国を挙げての事業として、世界で最も高いタワーを建てようとある国内の建築会社に発注をかけました。

 

総事業費は650億円。毎日のようにメディアは騒ぎ立て、国民は期待感でいっぱいです。

 

プロジェクトが発表されてから10年後、ようやくタワーが完成し、一般人が入場できるようになってから6ヶ月経ってもほぼ毎日タワーは大盛況でした。

 

このオープンに合わせて作成したタワーのグッズも大人気で、フランスのワイナリーに別注したタワーを模したボトルを使った記念の輸入ワインは、いくら作っても生産が間に合わないほどです。

 

そのワインは、6ヶ月後の時点で総額6億円の売り上げを記録しています。

 

某国の世界最高のタワーをめぐるこの現象について、GDPデフレーターとCPIの観点から考えてみましょう。

 

<解説>
公共事業に際して某企業に発注をかけた時に生じた650億円という支払いは、「一定期間において一国内で生産されるすべての最終的な財・サービスの市場価値」に当てはまります。

 

従って、仮にこのお金が一括で支払われていれば、この年のGDPは650億円増加します。

 

しかし、この取引には一般的な消費者は全く関係ありません。

 

「ちょっと自分の家の庭に世界最高のタワーが欲しい」というような人が一般的な消費者であれば、某国へ旅行した外国人が目の当たりにする光景はさぞかし恐ろしいものになるでしょう。

 

つまり、この取引はCPIには反映されないものなのです。

 

対して、その後記念の輸入ワインの販売で生じた6億円の売り上げですが、こちらは消費者による購入に適合するため、CPIには反映される可能性が有ります。

 

しかし、国内の生産ではないのでGDPデフレーターには反映されません。

 

価格へのウェイトのかけ方の違い

 

では、二つ目の違いについて見ておきましょう。

 

消費者物価指数を求める際には一定のバスケットについての価格を使うわけですが、このバスケットというのは市場の変化に逐一対応できません

 

そのため、実際の市場の状況とは異なる分析を行う場合があります。

 

対してGDPは、その年の財・サービスの生産すべてをまとめて計算するため、市場の変化に対するレスポンスが早いのです。

 

gdpデフレーターと消費者物価指数2

 

両者に違いが生まれる時

 

この二つの要因によりGDPデフレーターとCPIの数値にズレが生まれる具体例としては、1970年代の石油ショックがあげられます。

 

石油を生産するのはアラブ諸国なので、その市場価値がいくら上昇しても日本のGDPには大きく影響しません。

 

しかし、これを購入する消費者は日本人です。そのためCPIは大幅に上昇します。

 

ただ大幅にズレるようなことは稀で、基本的には両者は近似値をとる傾向にあります。

 

GDPデフレーターと消費者物価指数

 

GDPデフレーターと消費者物価指数の根本的な違いは、数値に反映される要素の違いと、財・サービスの価格にかかるウェイトのかけ方の違いです。

 

これにより、両者の数値はズレる時があります。ただし、両者は基本的に近似値をとります。

 

まとめ

 

GDPデフレーター→すべての生産活動の付加価値を数値に反映させる/価格へのウェイトは均一。

 

消費者物価指数→消費者の購買行動のみを数値に反映させる/価格へのウェイトは任意。

関連ページ

経済学とは
経済学の十大原理
科学的な経済学
経済モデル
ミクロ経済とマクロ経済
経済学の主要学説
実証的分析と規範的分析
経済学者の意見が一致しない理由
グラフの用法
生産可能性と比較優位、および特化・交易
日本は貿易すべきか
市場と競争(ミクロ経済学)
需要とは
供給とは
均衡とは
均衡変化の分析
価格と資源配分
価格規制(政府の政策)
税金とは
弾力性と税の帰着
弾力性とは
消費者余剰
生産者余剰
市場の効率性
市場均衡の評価
税と効率性
税と公平性
効率と公平のトレードオフ
外部性とは(厚生経済学)
外部性に対する公共政策
経済の所得と支出(マクロ経済学)
GDP(国内総生産)とは
GDPの構成要素
実質GDPと名目GDP
GDPデフレーターとは
GDPは経済厚生の尺度として妥当か
消費者物価指数とは
生計費測定の3つの問題
インフレ影響に対する経済変数補正
実質利子率と名目利子率
世界各国の経済成長
生産性とは
経済成長と公共政策
失業とは
失業の測定方法
摩擦的失業と構造的失業
職探しと失業保険
金融システムとは
株式市場と債券市場
金融仲介機関とは
経済学の重要な恒等式
貯蓄と投資
貸付資金市場
貯蓄インセンティブ
投資インセンティブ
財政赤字と財政黒字
貨幣とは
中央銀行とは
貨幣価値と物価水準
貨幣市場の均衡
貨幣数量説と調整過程の概略
古典派の二分法と貨幣の中立性
貨幣の流通速度と数量方程式
景気後退と不況
経済変動の重要な3事実
短期の経済変動
総需要と総供給のモデル
総需要曲線
総供給曲線
短期の総供給曲線が右上がりの理由
短期の総供給曲線がシフトする理由
総需要曲線と総供給曲線のシフトの影響
閉鎖経済と開放経済
財の国際的フロー
金融資源の国際的フロー
純輸出と純資本流出の均等
国際的フローの貯蓄と投資の関係
実質為替相場と名目為替相場(円高と円安)
購買力平価(PPP)とは
会社の形態
経済の波
戦後の日本経済の歩み
株価指数とは(日経平均、TOPIX、ダウ平均、FTSE)

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ