経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

因果関係を考える3ステップ その3

因果関係を考える3ステップ その3

【因果関係を探るための“3つの考え方”】
相手を論理的に説得するためには、より論理的な説明を行う必要があります。

 

そのためには、NさんとOさんが行ったように、因果関係を把握するための指針をフルに活用することが大切です。

 

冒頭でも登場した3つの考え方について、ここでさらに掘り下げて理解を深めていきましょう。

 

<考え方1.「思いつき」から広げる>
例題で、夜の営業をオーナーから打診されたNさんは、直感的に次のような「夜の営業を行うべきではない」理由を考えていました。

 

・ランチタイムの温かいイメージが崩れてしまわないか
・お酒の提供によって客層が変化してしまわないか
・取り扱いメニューを増やすことによって、対応に不備がでないか
・ユーザーの好みにバラつきが生じれば、満足度に影響するのではないか
・いずれにしても、自分だけで昼と夜をこなすのは難しい

 

これらは、日々の業務を通じてNさんが日常的に感じていたことの発展形です。

 

つまりは「思いつき」の延長にすぎないのですが、Oさんがこれらを積極的に活用したように、実際には、思いつきからよりクリティカルな要素を発見できることは多いのです。

 

最初の段階では、考えられる原因(この場合は夜の営業を行った場合)を具体的にイメージし、そこから思いつくかぎりの要因を洗い出してみる、あるいは派生させて考えることで、因果関係を俯瞰することが可能になります。

 

因果関係を考える3ステップ

 

大切なのは、ひとつの要素から関連する他の条件を考えつつ、さらに時間的・空間的な広がりをもたせながら幅広く発想してみることです。

 

種々の要素を検討してみることで、解決策も見えてくることでしょう。

 

<考え方2.「原因の原因」は何か?>
もっとも、思いつきから派生した原因をただ羅列するだけでは、因果関係をより深く理解することはできません。

 

そこから導き出された解決策についても、表面上の特効薬にしかならないこともままあります。

 

なぜなら、肌感覚によって気付いたことは、たんなる思い込みや偏見である場合も少なくないからですね。

 

ですので、思いつきをきっかけに発見した原因は、そのまま活用するのではなく、さらに原因の原因を探るための足がかりとしなければなりません。

 

例題の事例ですと、

 

「ランチタイムの温かいイメージが崩れる」 
→ なぜランチタイムの温かいイメージが崩れてしまうのか? 
→ 昼間のクリーンなイメージを保持するのが難しい
→ 料理、衛生面、お酒の提供、客層の変化
→ Nさん自身に負担がかかる、きめ細かな配慮ができない
→ 結果的に、昼の営業に悪影響がある

 

というような発想ですね。

 

因果関係を考える3ステップ

 

その結果として、Oさんは次の2つの原因を最終的に提示したのでした。

 

・夜の営業が昼の営業に悪影響を与える可能性がある(クリーンなイメージ、明るさ)
・新たに人を雇えば人件費や設備投資費もかさみ、その分を回収できる見込みが無い

 

思いつきのままでは、単純に自身の理想や希望を押し付けてしまうことになり兼ねません。

 

そうではなく、思いつきを発展的に利用するために、くり返し問い続ける姿勢を忘れないようにしましょう。

 

<考え方3.「因果の構造」を図解する>
「思いつき」からはじめて、さらに「原因の原因」を探れば、根本にある因果関係の全体像が把握できるようになります。

 

それだけでも説得材料としての因果関係を俯瞰することができますので、論理的な説明は可能となります。

 

ただし、頭のなかだけで考えるのには限界があるのも事実です。

 

また、研究した本人はその因果関係を深く理解することはできますが、他人も同様に理解できるとはかぎりません。

 

そこで、説得力を高めるために「因果の構造」を図解してみましょう。

 

図解は、各種学校の授業や書籍の中、プレゼンテーションシーンにも多数活用されています。

 

文章理解という左脳だけでなく、直感的な理解をうながす右脳をも利用できるツールなので、さまざまなタイプの人を説得するのに役立ちます。

 

実際にこの記事で使われている図解を参考にするのもよいでしょう。

 

説明の補助という使い方だけでなく、考えを整理するのにも使えますので、思いつきの段階や議論の場でも積極的に活用すると良いでしょう。

 

 

次のページ 「因果関係を考える3ステップ その4」

 

前のページ 「因果関係を考える3ステップ その2」

関連ページ

クリティカル・シンキングとは その1
クリティカル・シンキングとは その2
ゼロベース思考 その1
ゼロベース思考 その2
大きな論理の構造 その1
大きな論理の構造 その2
イシューと枠組み その1
イシューと枠組み その2
ピラミッドストラクチャー その1
ピラミッドストラクチャー その2
ロジックツリー その1
ロジックツリー その2
ロジックツリー その3
論理の構造化の重要ポイント その1
論理の構造化の重要ポイント その2
論理展開のパターン その1
論理展開のパターン その2
論理展開のパターン その3
演繹法 その1
演繹法 その2
帰納法 その1
帰納法 その2
複合的な論理展開 その1
複合的な論理展開 その2
論理展開の6つの注意点 その1
論理展開の6つの注意点 その2
論理展開の6つの注意点 その3
論理展開の6つの注意点 その4
現状把握の基本1(MECE) その1
現状把握の基本1(MECE) その2
フレームワーク思考 その1
フレームワーク思考 その2
フレームワーク思考 その3(3C分析、SWOT分析)
フレームワーク思考 その4(5フォース分析、ポーターの3つの基本戦略)
フレームワーク思考 その5(7つのS、短期・中期・長期)
フレームワーク思考 その6(4P、バランススコアカード)
フレームワーク思考 その7(バリューチェーン:付加価値の連鎖)
フレームワーク思考 その8(PPM、過去・現在・未来、仮説思考)
フレームワーク思考 その9(その他のフレームワーク)
現状把握の基本2(切り口と切り方) その1
現状把握の基本2(切り口と切り方) その2
現状把握の基本2(切り口と切り方) その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その1
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その2
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その4
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その5
因果関係の把握 その1
因果関係の把握 その2
因果関係の把握 その3
因果関係の把握 その4
因果関係の把握 その5
因果関係を考える3ステップ その1
因果関係を考える3ステップ その2
因果関係を考える3ステップ その4
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その1
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その2
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その3
因果関係の7つの錯覚パターン その1
因果関係の7つの錯覚パターン その2
因果関係の7つの錯覚パターン その3
因果関係の7つの錯覚パターン その4
因果関係の7つの錯覚パターン その5
因果関係の7つの錯覚パターン その6
因果関係の7つの錯覚パターン その7
因果関係の7つの錯覚パターン その8
因果関係の7つの錯覚パターン その9
因果関係の7つの錯覚パターン その10
仮説と検証 その1
仮説と検証 その2
仮説と検証 その3
仮説と検証 その4
仮説と検証 その5
仮説と検証 その6
仮説・検証の具体的な4ステップ その1
仮説・検証の具体的な4ステップ その2
仮説・検証の具体的な4ステップ その3
仮説・検証の具体的な4ステップ その4
仮説・検証の3つの効果 その1
仮説・検証の3つの効果 その2
仮説・検証の3つの効果 その3
仮説・検証の3つの効果 その4
仮説・検証の3つの効果 その5
良い仮説の3要素 その1
良い仮説の3要素 その2
良い仮説の3要素 その3
良い仮説の3要素 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その1
良い仮説をつくるための3つの資質 その2
良い仮説をつくるための3つの資質 その3
良い仮説をつくるための3つの資質 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その5
検証の際の5つの注意点 その1
検証の際の5つの注意点 その2
検証の際の5つの注意点 その3
検証の際の5つの注意点 その4

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ