経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

フレームワーク思考 その1

フレームワーク思考 その1

【フレームワーク思考とは】
 目の前の課題に対して、つねに論理的なアプローチをするためには、MECE(モレなくダブりなく)の思考法を実践し続けることが大切です。

 

ピックアップするべき要素に抜けや重なりがなければ、どのような問題に対しても、思考の精度が高まるからですね。

 

もし検討するべき課題において、集めるべき情報が不十分であれば、導き出される結論も限定的なものとなってしまいます。

 

たとえ最終的な意思決定権者が会社の社長だけだったとしても、決断へのプロセスには、周囲の人間の意見が必要なのです。

 

残念ながら、その効用よりも弊害の方に注目されやすい「会議」ですが、本来ならば、MECEを実践・共有するための場と言えるでしょう。

 

いつでも、収集可能なすべての要素から判断できれば、論理的に検討するための思考過程にブレがなくなるのです。

 

たとえば、競合他社との合併を模索している場合。
決定権者は非常に難しい決断を迫られることになります。

 

もちろん正解はありません。
そこで判断材料として収集される対象企業のデータには、次のようなものが考えられます。

 

<対象企業の基本データ>
業績、実績、評判、設立年数、取り扱い商品、ファイナンス、人材、ビッグデータ、蓄積されたノウハウ(暗黙知)、代表や取締役の経歴、過去の合併の有無、強み・弱み、販売網、パートナー、ソリューション、個別の価値、顧客、収益源 etc……

 

これらの要素を収集し、複合的に判断するのであれば、最終的に誰が意思決定を行っても、得られる結果に大きな違いはないでしょう。

 

論理とはものごとの筋道なのですから、個人個人で大きく異なることはないのです。
それだけに説得力がありますよね。

 

 反面、客観的なデータを集めずに「相手企業の雰囲気が嫌い」「代表が個人的に好きじゃない」「ノリ気がしないから」などの理由で判断すれば、周囲を納得させることができないばかりか、それぞれの決断ごとにバラつきが出てしまいます。

 

敏腕社長が一大で築き上げた企業が、その息子の手に渡った途端にもろくも崩れ去ってしまう。

 

そういった事例が後を絶たないのは、判断までの過程が共有されていない、つまりはMECEを実践できていないという理由が隠されているのです。

 

 もっとも、そもそもMECEという思考法は、実践的な技術というよりは「心的な姿勢」に近いものです。

 

検討するべき課題が発生するたびに「モレなくダブりなく情報収集しなければ!」と身構えてしまえば、時間も労力も大きくなってしまいます。

 

そこで一般的には、MECEを実践するためのツールとして「フレームワーク」が活用されています。

 

なかでも、各種コンサルティングファームや著名な学者が考案したフレームワークは、時代の流れに左右されずに利用され続けています。

 

ご存知の方も多いと思いますが、代表的なものとしては「3C分析」「SWOT分析」「プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)」「ファイブフォース分析」「バリューチェーン」「バランススコアカード」などがありますね。

 

どれも有名なフレームワークです。

 

また、「メリットとデメリット」や「大・中・小」、あるいは「過去・現在・未来」など、世間一般で使われている判断基準も立派なフレームワークと言えるでしょう。

 

意識していないだけで、MECEの萌芽は、私たちの身近にもたくさんあるのです。

 

フレームワークを活用することは、MECEにのっとった情報収集をするための手順を簡略化し、より論理的な結論を導き出すための手助けとなります。

 

そのおかげで、各個人がいちからMECEを行う必要もなく、結果に対するブレも縮小されるのです。

 

つまり、MECEの思考法を実践するためのもっとも効率的なツールがフレームワークなのです。

 

その種類は数多くありますが、まずは既存のものを活用しつつ、自分なりのオリジナルなフレームワークを構築することを目標としましょう。

 

 

次のページ 「フレームワーク思考 その2」

関連ページ

クリティカル・シンキングとは その1
クリティカル・シンキングとは その2
ゼロベース思考 その1
ゼロベース思考 その2
大きな論理の構造 その1
大きな論理の構造 その2
イシューと枠組み その1
イシューと枠組み その2
ピラミッドストラクチャー その1
ピラミッドストラクチャー その2
ロジックツリー その1
ロジックツリー その2
ロジックツリー その3
論理の構造化の重要ポイント その1
論理の構造化の重要ポイント その2
論理展開のパターン その1
論理展開のパターン その2
論理展開のパターン その3
演繹法 その1
演繹法 その2
帰納法 その1
帰納法 その2
複合的な論理展開 その1
複合的な論理展開 その2
論理展開の6つの注意点 その1
論理展開の6つの注意点 その2
論理展開の6つの注意点 その3
論理展開の6つの注意点 その4
現状把握の基本1(MECE) その1
現状把握の基本1(MECE) その2
フレームワーク思考 その2
フレームワーク思考 その3(3C分析、SWOT分析)
フレームワーク思考 その4(5フォース分析、ポーターの3つの基本戦略)
フレームワーク思考 その5(7つのS、短期・中期・長期)
フレームワーク思考 その6(4P、バランススコアカード)
フレームワーク思考 その7(バリューチェーン:付加価値の連鎖)
フレームワーク思考 その8(PPM、過去・現在・未来、仮説思考)
フレームワーク思考 その9(その他のフレームワーク)
現状把握の基本2(切り口と切り方) その1
現状把握の基本2(切り口と切り方) その2
現状把握の基本2(切り口と切り方) その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その1
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その2
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その4
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その5
因果関係の把握 その1
因果関係の把握 その2
因果関係の把握 その3
因果関係の把握 その4
因果関係の把握 その5
因果関係を考える3ステップ その1
因果関係を考える3ステップ その2
因果関係を考える3ステップ その3
因果関係を考える3ステップ その4
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その1
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その2
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その3
因果関係の7つの錯覚パターン その1
因果関係の7つの錯覚パターン その2
因果関係の7つの錯覚パターン その3
因果関係の7つの錯覚パターン その4
因果関係の7つの錯覚パターン その5
因果関係の7つの錯覚パターン その6
因果関係の7つの錯覚パターン その7
因果関係の7つの錯覚パターン その8
因果関係の7つの錯覚パターン その9
因果関係の7つの錯覚パターン その10
仮説と検証 その1
仮説と検証 その2
仮説と検証 その3
仮説と検証 その4
仮説と検証 その5
仮説と検証 その6
仮説・検証の具体的な4ステップ その1
仮説・検証の具体的な4ステップ その2
仮説・検証の具体的な4ステップ その3
仮説・検証の具体的な4ステップ その4
仮説・検証の3つの効果 その1
仮説・検証の3つの効果 その2
仮説・検証の3つの効果 その3
仮説・検証の3つの効果 その4
仮説・検証の3つの効果 その5
良い仮説の3要素 その1
良い仮説の3要素 その2
良い仮説の3要素 その3
良い仮説の3要素 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その1
良い仮説をつくるための3つの資質 その2
良い仮説をつくるための3つの資質 その3
良い仮説をつくるための3つの資質 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その5
検証の際の5つの注意点 その1
検証の際の5つの注意点 その2
検証の際の5つの注意点 その3
検証の際の5つの注意点 その4

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ