経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

フレームワーク思考 その2

フレームワーク思考 その2

【例題】
 自分に合ったフレームワークをつくることができれば、画一的だった意思決定への道筋がカスタマイズされ、ビジョンや強みを反映する柔軟性をもたせることも可能になることでしょう。

 

それは、自分にとっても会社にとっても、強力な武器となります。

 

 それでは、例題を通じてフレームワーク思考についての理解を深めていきましょう。

 

<例>
 今年で創業60周年を迎える大手出版社Y社は、数ある出版社のなかでも、戦後の人々の思想を支えてきた実績があります。

 

一部の人からは、戦争によって大きなダメージを被った日本を再建に導いた、影の立役者とも賞賛されています。

 

そんなY社は今、転換期に直面しています。
インターネットやその関連ツールの台頭によって、ここ10数年で社会は大きく変わりました。

 

そこに住む人々を支えてきた知識の媒体である、書籍の売上が低迷しているのです。

 

Y社の社長であるSは、そういったゆるやかな社会の変化を肌で感じていました。

 

会社の繁栄という側面からも、そして社会に与えるインパクトの面からも、出版社の存在が今まさに問われているのだと強く認識しています。

 

肌感覚として、S社長がイメージする書籍売上低迷の理由は次のとおりです。

 

・情報収集の映像へのシフト
・「知識のアーカイブ」としてのインターネットの台頭
・若者の活字離れ
・電子書籍の存在

 

なかでも「若者の活字離れ」に関して言えば、新聞購読率の低下からみても明らかです。

 

統計によると、これまでは新聞の総発行数に対して1世帯あたりの発行部数が1を上回っていましたが、2008年からは下回り、さらに年々低下しています(一般社団法人日本新聞協会調べ)。

 

 この深刻な事態に対処するべくS社長がとった施策は、現状をピンチとみるのではなく、チャンスとしてとらえるものでした。

 

具体的には、インターネットと書籍の融合を実現させるべく、新たなる事業を立ち上げることを決意したのです。

 

その新規事業を総括するために抜擢されたのが、まだ30代前半のA課長でした。

 

A課長はアメリカの大学を卒業後、大手コンサルティングファームに就職し、好成績をあげてきた人物です。

 

昨年からY社に転職し、戦略室に配属されていました。

 

A課長はもともと類まれな読書家で、年間の読書数はゆうに500冊を超えているとのこと。
自宅の本棚には新書から古典まで、歴代の蔵書がズラリと並んでいます。

 

ここ数年の書籍販売数の低迷に対して、個人的に憂慮しており、それがY社への転職のきっかけになりました。

 

 S社長から直々に打診を受けたA課長は、その日からさっそく行動を開始しました。

 

まずは与えられた3人の部下とともに、「新時代書籍事業部(仮称)」を発足。
必要な機材を揃え、仕事ができる環境を整えます。

 

ただし、3人の部下はまだ20代の若手。

 

それぞれが営業部、事業部、販売部に所属してはいましたが、新規事業の立ち上げは初めての経験です。

 

そこでA課長は、彼ら3人に対し、今後の方針を示すことにしました。
具体的には次のとおりです。

 

1. 環境分析
2. 戦略立案
3. 目標の策定
4. 実践の指針策定
5. チェックと行動サイクルの構築
6. 現状分析(定点観測)と改善

 

<解説>
 A課長はまず、S社長が肌感覚として考えていた4つの売上低迷の理由については、あくまでも参考程度に留めることに決めました。

 

それらは正しい部分もありますが、正式な調査に基づいたものではありませんし(新聞の発行部数と書籍の関連も不確かです)、何よりS社長の思考過程を3人の部下がそのまま踏襲するのはよろしくないと考えたためです。

 

もっとも、まだ経験の浅い3人に仕事をふるためには、より具体的な作業をふらなければなりません。

 

そこでA課長は彼らに既存の「フレームワーク」を授けることにしました。

 

 

次のページ 「フレームワーク思考 その3(3C分析、SWOT分析)」

 

前のページ 「フレームワーク思考 その1」

関連ページ

クリティカル・シンキングとは その1
クリティカル・シンキングとは その2
ゼロベース思考 その1
ゼロベース思考 その2
大きな論理の構造 その1
大きな論理の構造 その2
イシューと枠組み その1
イシューと枠組み その2
ピラミッドストラクチャー その1
ピラミッドストラクチャー その2
ロジックツリー その1
ロジックツリー その2
ロジックツリー その3
論理の構造化の重要ポイント その1
論理の構造化の重要ポイント その2
論理展開のパターン その1
論理展開のパターン その2
論理展開のパターン その3
演繹法 その1
演繹法 その2
帰納法 その1
帰納法 その2
複合的な論理展開 その1
複合的な論理展開 その2
論理展開の6つの注意点 その1
論理展開の6つの注意点 その2
論理展開の6つの注意点 その3
論理展開の6つの注意点 その4
現状把握の基本1(MECE) その1
現状把握の基本1(MECE) その2
フレームワーク思考 その1
フレームワーク思考 その3(3C分析、SWOT分析)
フレームワーク思考 その4(5フォース分析、ポーターの3つの基本戦略)
フレームワーク思考 その5(7つのS、短期・中期・長期)
フレームワーク思考 その6(4P、バランススコアカード)
フレームワーク思考 その7(バリューチェーン:付加価値の連鎖)
フレームワーク思考 その8(PPM、過去・現在・未来、仮説思考)
フレームワーク思考 その9(その他のフレームワーク)
現状把握の基本2(切り口と切り方) その1
現状把握の基本2(切り口と切り方) その2
現状把握の基本2(切り口と切り方) その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その1
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その2
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その4
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その5
因果関係の把握 その1
因果関係の把握 その2
因果関係の把握 その3
因果関係の把握 その4
因果関係の把握 その5
因果関係を考える3ステップ その1
因果関係を考える3ステップ その2
因果関係を考える3ステップ その3
因果関係を考える3ステップ その4
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その1
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その2
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その3
因果関係の7つの錯覚パターン その1
因果関係の7つの錯覚パターン その2
因果関係の7つの錯覚パターン その3
因果関係の7つの錯覚パターン その4
因果関係の7つの錯覚パターン その5
因果関係の7つの錯覚パターン その6
因果関係の7つの錯覚パターン その7
因果関係の7つの錯覚パターン その8
因果関係の7つの錯覚パターン その9
因果関係の7つの錯覚パターン その10
仮説と検証 その1
仮説と検証 その2
仮説と検証 その3
仮説と検証 その4
仮説と検証 その5
仮説と検証 その6
仮説・検証の具体的な4ステップ その1
仮説・検証の具体的な4ステップ その2
仮説・検証の具体的な4ステップ その3
仮説・検証の具体的な4ステップ その4
仮説・検証の3つの効果 その1
仮説・検証の3つの効果 その2
仮説・検証の3つの効果 その3
仮説・検証の3つの効果 その4
仮説・検証の3つの効果 その5
良い仮説の3要素 その1
良い仮説の3要素 その2
良い仮説の3要素 その3
良い仮説の3要素 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その1
良い仮説をつくるための3つの資質 その2
良い仮説をつくるための3つの資質 その3
良い仮説をつくるための3つの資質 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その5
検証の際の5つの注意点 その1
検証の際の5つの注意点 その2
検証の際の5つの注意点 その3
検証の際の5つの注意点 その4

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ