経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

論理展開の6つの注意点 その4

論理展開の6つの注意点 その4

<Eさん>
競合のW社、X社、Z社が外国人社長を採用して業績を伸ばしているので、弊社の社長にも外国人を登用してはいかがでしょうか。

 

→Eさんの回答は、周辺企業の事例を安易に一般化してしまっています。

 

業績を伸ばしている周辺企業を数社ピックアップし、共通事項として外国人社長に着目したようです。

 

帰納法的思考ですね。
ただ、果たしてそれが本当に論拠として正しいでしょうか。

 

外国人社長を起用することは、イノベーティブな取り組みではあることは確かです。
しかし、挑戦的な施策ではあっても王道ではありません。

 

たまたま3社の業績が向上しているからといって、常識として一般化することはできないのです。

 

<Fさん>
私の友人3人は、みんな社内で英語が公用語になっています。弊社も取り入れるべきではないでしょうか。

 

→Fさんの回答は、収集したデータに明らかなかたよりが見られます。

 

 大企業や新興企業など、英語を社内公用語として取り入れている事例はありますが、その実際的な効果はまだはっきりしていません。

 

現段階では、試験的に導入しているという側面もあるでしょう。

 

たしかにFさんの友人3人が勤めている会社では、英語が社内公用語になっているかもしれませんが、コストと時間、社員の負担を考慮すると、業績に反映するかどうかは不透明です。

 

サンプリングとして不十分ですね。

 

【「演繹法・帰納法」共通の注意点】
 Aくんらそれぞれが犯した6つのミスは、注意点として「演繹法・帰納法共通」、「演繹法特有」、「帰納法特有」に分類することができます。

 

それぞれ順番に確認していきましょう。

 

<注意点1.不正確な情報>
 収集した情報やその理解が不正確だと、結果的に導き出される結論も間違ったものとなります。

 

これは演繹法・帰納法双方に言えることであり、論理的思考をする際のキモと言っても良いでしょう。

 

情報や理解の正しさをつねに疑うべきです。
→Aくんは「イノベーションのジレンマ」への理解が不正確でした。

 

演繹法と帰納法の共通する注意点

 

【「演繹法」特有の注意点】

 

<注意点2.ルールの省略>
 演繹法を使って説明する際には、相手が自分と同じステージにいるわけではない、ということを念頭におきましょう。

 

とくに、常識的なことは省略されがちですが、正確なコンセンサスの形成、つまり合意や意見の一致に必要な最低限の情報は必ず提示するべきです

 

→Bくんはルール(前提条件)を省略してしまったために、説明が不十分でした。

 

<注意点3.飛躍した論理>
 一見正しそうに思える論理も、個別の事例に対して「なぜ?」と問うことで、誤りだと気付くことができます。

 

世間一般の常識に対しても思考を省略せず、「事象」「一般論」「結論」を確認し、論理展開が正しいかどうかチェックしましょう。

 

段階的な思考で論理を飛躍させないことが肝心です。
→Cくんは思考が浅かったために、論理が飛躍してしまいました。

 

<注意点4.事例のミスマッチ>
 ビジネスとスポーツ界において、活躍する人の共通項を取り上げる事例は多々ありますが、論拠としては弱くなりがちです。

 

机上の空論にならないように注意しながら、個別具体的にその事例が当てはまるかどうか検討しましょう

 

→Dさんは違うジャンルの事例を混同してしまいました。

 

演繹法特有の注意点

 

【「帰納法」特有の注意点】

 

<注意点5.安易な一般化>
 集めた情報から抜き出した共通項は、本当に他者においても効果があるものなのでしょうか。

 

また、事例と結果の因果関係は確かなものでしょうか。
安易な一般化はステレオタイプな思考に陥る危険性があります。

 

→Eさんは周辺企業の事例を安易に一般化してしまいました。

 

<注意点6.かたよりのあるサンプル>
 サンプルにかたよりがあると、見つけた共通項はもちろん、導き出された結論(一般論)にもかたよりが生じます。

 

バイアスのかかっていない、つまり偏りのないサンプリングを心がけ、公平さを意識することが大切ですね。

 

→Fさんが収集したデータには、明らかなかたよりがありました。

 

帰納法特有の注意点

 

【まとめ】
・論理展開には6つの落とし穴がある

 

・共通の注意点
 @不正確な情報

 

・演繹法特有の注意点
 Aルールの省略
 B飛躍した論理
 C事例のミスマッチ

 

・帰納法特有の注意点
 D安易な一般化
 Eかたよりのあるサンプル

 

 

前のページ 「論理展開の6つの注意点 その3」

関連ページ

クリティカル・シンキングとは その1
クリティカル・シンキングとは その2
ゼロベース思考 その1
ゼロベース思考 その2
大きな論理の構造 その1
大きな論理の構造 その2
イシューと枠組み その1
イシューと枠組み その2
ピラミッドストラクチャー その1
ピラミッドストラクチャー その2
ロジックツリー その1
ロジックツリー その2
ロジックツリー その3
論理の構造化の重要ポイント その1
論理の構造化の重要ポイント その2
論理展開のパターン その1
論理展開のパターン その2
論理展開のパターン その3
演繹法 その1
演繹法 その2
帰納法 その1
帰納法 その2
複合的な論理展開 その1
複合的な論理展開 その2
論理展開の6つの注意点 その1
論理展開の6つの注意点 その2
論理展開の6つの注意点 その3
現状把握の基本1(MECE) その1
現状把握の基本1(MECE) その2
フレームワーク思考 その1
フレームワーク思考 その2
フレームワーク思考 その3(3C分析、SWOT分析)
フレームワーク思考 その4(5フォース分析、ポーターの3つの基本戦略)
フレームワーク思考 その5(7つのS、短期・中期・長期)
フレームワーク思考 その6(4P、バランススコアカード)
フレームワーク思考 その7(バリューチェーン:付加価値の連鎖)
フレームワーク思考 その8(PPM、過去・現在・未来、仮説思考)
フレームワーク思考 その9(その他のフレームワーク)
現状把握の基本2(切り口と切り方) その1
現状把握の基本2(切り口と切り方) その2
現状把握の基本2(切り口と切り方) その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その1
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その2
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その3
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その4
分析対象の特徴をつかむための4つの視点 その5
因果関係の把握 その1
因果関係の把握 その2
因果関係の把握 その3
因果関係の把握 その4
因果関係の把握 その5
因果関係を考える3ステップ その1
因果関係を考える3ステップ その2
因果関係を考える3ステップ その3
因果関係を考える3ステップ その4
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その1
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その2
好循環と悪循環(「にわとり−たまご」の因果関係) その3
因果関係の7つの錯覚パターン その1
因果関係の7つの錯覚パターン その2
因果関係の7つの錯覚パターン その3
因果関係の7つの錯覚パターン その4
因果関係の7つの錯覚パターン その5
因果関係の7つの錯覚パターン その6
因果関係の7つの錯覚パターン その7
因果関係の7つの錯覚パターン その8
因果関係の7つの錯覚パターン その9
因果関係の7つの錯覚パターン その10
仮説と検証 その1
仮説と検証 その2
仮説と検証 その3
仮説と検証 その4
仮説と検証 その5
仮説と検証 その6
仮説・検証の具体的な4ステップ その1
仮説・検証の具体的な4ステップ その2
仮説・検証の具体的な4ステップ その3
仮説・検証の具体的な4ステップ その4
仮説・検証の3つの効果 その1
仮説・検証の3つの効果 その2
仮説・検証の3つの効果 その3
仮説・検証の3つの効果 その4
仮説・検証の3つの効果 その5
良い仮説の3要素 その1
良い仮説の3要素 その2
良い仮説の3要素 その3
良い仮説の3要素 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その1
良い仮説をつくるための3つの資質 その2
良い仮説をつくるための3つの資質 その3
良い仮説をつくるための3つの資質 その4
良い仮説をつくるための3つの資質 その5
検証の際の5つの注意点 その1
検証の際の5つの注意点 その2
検証の際の5つの注意点 その3
検証の際の5つの注意点 その4

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ