経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

グローバルマーケティング その2

グローバルマーケティング その2

【例題】
それでは、例題をとおして、グローバル・マーケティングについてより深く学んでいきましょう。

 

世界に進出するとまずぶつかる言葉の壁。

 

しかし、その言葉の壁を恐れていては行動できません。

 

とくに日本人は、世界の人と比べて奥手だとされています。

 

良い製品があるのなら、情熱をもって伝えること。

 

その姿勢さえあれば、言葉の壁を乗り越えることは難しくありません。

 

<例>
日本国内で海産物を使った食料品の加工・販売を行っているA社は、日本国内では一定のシェアを獲得し、これまで維持してきました。

 

新しい商品についても随時販売しており、売れ行きは好調です。

 

他の追随を許さないよう、つねに顧客のニーズを把握しようとする姿勢は、多くのファンを得ることにつながり、その地位を盤石なものとしています。

 

ただ、これから先の成長を見越した時に、日本国内だけで展開するのは無理がありそうです。

 

社長のHさんは、他の経営陣とともに、国外進出についてかなり前から話し合っていました。

 

ただ、具体的にどうするのかまでは話がすすまず、ついつい国内での新規事業に力点をおいてしまうという状況が続いていました。

 

そんな折、H社長は自ら付き合いのあるコンサルタントのセミナーに参加しました。

 

そこで聞いたのは、グローバル・マーケティングについての話です。

 

コンサルタントが話す内容は、これから先、市場が縮小していくことがほぼ確実な日本でいくらシェアを拡大しても、企業の成長は望めないという過激な論調でした。

 

H社長が大きく刺激を受けたのは言うまでもありません。

 

その日から、社内の改革がはじまりました。

 

まず、H社長をはじめとする管理職の面々が、多国籍企業として海外展開をするのではなく、世界をひとつの市場としてみたときに、どのような海外展開が可能なのかを、実行ベースで模索するようになったのです。

 

期日についてもあらかじめ目処をつけ、先決事項として取り扱っています。

 

社内に新しく設置されたのは、グローバル・マーケティングチームでした。

 

語学力があり、海外で働いたことがある社員を中心として構成することで、A社の枠にとらわれず、自由に事業を展開してもらおうとするのが狙いです。

 

もちろん、チームメンバー全員には、グローバル・マーケティングの基本を知るように指示を出しました。

 

海外事業を軌道に乗せるためには、まず、どの国に進出するかを考えなければなりません。

 

できるだけ費用がかからず、かつ得られる利益が多いと予想されるところが好ましいですが、そのような国はなかなか見つかりません。

 

チームメンバーたちは、知恵を絞って最初の国を見つけようと模索していました。

 

数ヶ月ほど費やして、実際にさまざまな国に行きながら出た結論は、東南アジア圏への進出でした。

 

まずは日本とも親交が強く、食文化についても馴染みやすいフィリピンからスタートです。

 

現地にいる優秀な人々も雇いつつ、A社のDNAについても理解してもらいながら、事業を進めていくことになりました。

 

フィリピン事業でH社長が重視したことは、その国で好まれるような製品を提供するということではなく、日本で好まれているものを積極的に提供していくということでした。

 

提案ベースで事業を行うことによって、日本のすぐれた技術や、現地でとれた新鮮な海産物との相乗効果を模索していたのです。

 

そうしたビジョンが功を奏し、A社の海外事業は瞬く間に成長していきました。

 

現地の住民からも高評価を得て、売り上げは予想をはるかに上回るスピードで上昇しています。

 

はじめての海外進出ではありましたが、あらかじめ狙いを明確にしておくことによって、スピード感のある事業展開ができた結果です。

 

 

<解説>
グローバル・マーケティングにおいては、世界をひとつのマーケットとしてとらえることが大切です。

 

それぞれの国の特性にあわせて事業を行うのではなく、根本にある共通のニーズを探りつつ、よりフラットに事業を展開していくこと。

 

そうすることで、日本国内だけでなく、世界でも通用するような製品およびサービスが生まれるのです。

 

まさにグローバル・マーケティングの本質ですね。

 

 

次のページ 「グローバルマーケティング その3」

 

前のページ 「グローバルマーケティング その1」

関連ページ

マーケティングとは その1
マーケティングとは その2
マーケティング戦略策定プロセス その1
マーケティング戦略策定プロセス その2
マーケティング戦略策定プロセス その3
企業におけるマーケティング その1
企業におけるマーケティング その2
環境分析 その1
環境分析 その2
環境分析のフレームワーク その1
環境分析のフレームワーク その2
環境分析のフレームワーク その3
マーケティング課題の特定 その1
マーケティング課題の特定 その2
標的市場の選定 その1
標的市場の選定 その2
標的市場の選定 その3
セグメンテーション その1
セグメンテーション その2
ターゲティング その1
ターゲティング その2
ターゲティング その3
ポジショニング その1
ポジショニング その2
ポジショニング その3
マーケティングミックス(4P分析) その1
マーケティングミックス(4P分析) その2
製品戦略@(製品とは) その1
製品戦略@(製品とは) その2
製品戦略A(新製品開発プロセス) その1
製品戦略A(新製品開発プロセス) その2
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その1
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その2
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その3
製品戦略C(製品ライフサイクル) その1
製品戦略C(製品ライフサイクル) その2
製品戦略D(プロダクトエクステンション) その1
製品戦略D(プロダクトエクステンション) その2
価格戦略@(製造コストとカスタマー・バリュー) その1
価格戦略@(製造コストとカスタマー・バリュー) その2
価格戦略A(価格設定の影響要因) その1
価格戦略A(価格設定の影響要因) その2
価格戦略B(価格設定手法) その1
価格戦略B(価格設定手法) その2
価格戦略B(価格設定手法) その3
価格戦略C(新製品の価格設定) その1
価格戦略C(新製品の価格設定) その2
価格戦略D(心理的価格設定、価格調整法、値下げ) その1
価格戦略D(心理的価格設定、価格調整法、値下げ) その2
流通戦略@(流通チャネルとは) その1
流通戦略@(流通チャネルとは) その2
流通戦略A(流通チャネルの種類) その1
流通戦略A(流通チャネルの種類) その2
流通戦略A(流通チャネルの種類) その3
流通戦略B(流通チャネル構築プロセス) その1
流通戦略B(流通チャネル構築プロセス) その2
流通戦略B(流通チャネル構築プロセス) その3
流通戦略C(チャネル変更とハイブリッド・チャネル) その1
流通戦略C(チャネル変更とハイブリッド・チャネル) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略@(コミュニケーションの役割) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略@(コミュニケーションの役割) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略A(コミュニケーション手法) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略A(コミュニケーション手法) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略A(コミュニケーション手法) その3
コミュニケーション(プロモーション)戦略B(プッシュ戦略とプル戦略) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略B(プッシュ戦略とプル戦略) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略C(メディアの種類) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略C(メディアの種類) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略D(コミュニケーション戦略立案プロセス) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略D(コミュニケーション戦略立案プロセス) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略D(コミュニケーション戦略立案プロセス) その3
コミュニケーション(プロモーション)戦略E(AIDMA・AISAS・AISCEAS理論) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略E(AIDMA・AISAS・AISCEAS理論) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略F(レピュテーション・マネジメント) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略F(レピュテーション・マネジメント) その2
ブランド戦略@(ブランドとは) その1
ブランド戦略@(ブランドとは) その2
ブランド戦略@(ブランドとは) その3
ブランド戦略A(ブランド・エクイティ) その1
ブランド戦略A(ブランド・エクイティ) その2
ブランド戦略A(ブランド・エクイティ) その3
ブランド戦略B(ブランドの構築と展開) その1
ブランド戦略B(ブランドの構築と展開) その2
ブランド戦略B(ブランドの構築と展開) その3
ブランド戦略C(ブランドの拡張と浸透) その1
ブランド戦略C(ブランドの拡張と浸透) その2
ブランド戦略C(ブランドの拡張と浸透) その3
ブランド戦略D(コーポレート・ブランディング) その1
ブランド戦略D(コーポレート・ブランディング) その2
ブランド戦略D(コーポレート・ブランディング) その3
マーケティングリサーチ@(意義と役割) その1
マーケティングリサーチ@(意義と役割) その2
マーケティングリサーチA(必要な情報) その1
マーケティングリサーチA(必要な情報) その2
マーケティングリサーチA(必要な情報) その3
マーケティングリサーチB(手法とプロセス) その1
マーケティングリサーチB(手法とプロセス) その2
マーケティングリサーチB(手法とプロセス) その3
マーケティングリサーチC(注意点) その1
マーケティングリサーチC(注意点) その2
競争戦略@(競争戦略とは) その1
競争戦略@(競争戦略とは) その2
競争戦略A(リーダー企業の戦略) その1
競争戦略A(リーダー企業の戦略) その2
競争戦略A(リーダー企業の戦略) その3
競争戦略B(後続企業の戦略) その1
競争戦略B(後続企業の戦略) その2
競争戦略B(後続企業の戦略) その3
カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM) その1
カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM) その2
カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM) その3
カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)の実施と導入ポイント その1
カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)の実施と導入ポイント その2
ビジネスマーケティング(生産財マーケティング) その1
ビジネスマーケティング(生産財マーケティング) その2
ビジネスマーケティング(生産財マーケティング) その3
ビジネスマーケティングと俯瞰思考 その1
ビジネスマーケティングと俯瞰思考 その2
ビジネスマーケティングと俯瞰思考 その3
ソリューションの価値と価格への転換 その1
ソリューションの価値と価格への転換 その2
ソリューションの価値と価格への転換 その3
グローバルマーケティング その1
グローバルマーケティング その3
グローバルマーケティングにおける企業の条件 その1
グローバルマーケティングにおける企業の条件 その2
グローバルマーケティングのプロセスと注意点 その1
グローバルマーケティングのプロセスと注意点 その2

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ