経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

マーケティングリサーチA(必要な情報) その3

マーケティングリサーチA(必要な情報) その3

<解説>
マーケティング・リサーチは、企業活動を促進させるために重要な役割を担っています。

 

しかし、ただ闇雲にデータを収集しても意味はありません。

 

目的に沿った収集と、目的外で収集されたデータを上手に活用することによって、使える資源を最大限に有効利用できるのですね。

 

調査の方法についても工夫が必要です。

 

 

【データの種類】
事例でも登場しましたが、最後にマーケティング・リサーチによって収集されるデータの種類について詳しく解説していきましょう。

 

データの種類を把握しておくことによって、データに偏りがないかどうかもチェックできますし、それぞれのフェーズによってどのような情報を収集するべきかがわかるようになります。

 

 

<1次データと2次データ>
あらかじめ何らかの目的があり、そのために収集するデータのことを「1次データ」と言います。

 

企業が顧客のニーズを探るために、どのような趣味嗜好があるのかを調査して収集したデータの場合には、こちらの1次データとなります。

 

場合によっては、外部機関に委託してリサーチを依頼することもあるでしょう。

 

一方で、政府系の機関がリサーチによって収集したデータや、外部機関が公表している統計情報、あるいは事業活動の中で他の目的として社内に蓄積されたデータベース等は「2次データ」と言います。

 

スーパーやコンビニ等が行っているPOSシステムのデータを、新規事業の開発に使うなどの場合は2次データの利用と言えますね。

 

1次データの場合には、目的に応じて情報収集することもあって、より的確なデータが集められるメリットがある反面、資金や労力を投じなければなりません。

 

そのため、2次データもあわせて活用するなどして、バランスよくマーケティング・リサーチを行うことが大切でしょう。

 

1次データと2次データ

 

 

<定量データと定性データ>
日々の販売履歴を蓄積したPOSデータは、数値として把握できるという特徴があります。

 

何人の顧客が訪れて、男女比はどのくらいで、年齢層はどうなっているか。

 

そのように、数値化できるデータのことを「定量データ」と言います。

 

グラフ化などによって目視でも把握しやすくなります。

 

反対に、「こんな商品があったらいいな」「営業時間がもう少し長ければ」「店内のここを改善して欲しい」など、数値化できないデータを「定性データ」と言います。

 

グループインタビューや個別のアンケートを行うなど、収集するのに手間はかかりますが、定量データでは把握できないニーズも集めることが可能です。

 

定量データと定性データ

 

 

【まとめ】
・マーケティング・リサーチにおいては、その目的によって、収集するべき情報が変化する
・企業がどのようなフェーズにあるのかによって、マニュアルにないリサーチを行う必要もある
・収集するべき情報は、内容だけでなく、その種類についても意識するべき
・データは大きく「1次データと2次データ」、「定量データと定性データ」に分類できる
 ・1次データ:特定の目的のために収集されるデータ
 ・2次データ:別の目的で収集されたデータや、すでに社内外に蓄積されている情報
 ・定量データ:数値で表せるデータ
 ・定性データ:数値化できないデータ

 

 

前のページ 「マーケティングリサーチA(必要な情報) その2」

関連ページ

マーケティングとは その1
マーケティングとは その2
マーケティング戦略策定プロセス その1
マーケティング戦略策定プロセス その2
マーケティング戦略策定プロセス その3
企業におけるマーケティング その1
企業におけるマーケティング その2
環境分析 その1
環境分析 その2
環境分析のフレームワーク その1
環境分析のフレームワーク その2
環境分析のフレームワーク その3
マーケティング課題の特定 その1
マーケティング課題の特定 その2
標的市場の選定 その1
標的市場の選定 その2
標的市場の選定 その3
セグメンテーション その1
セグメンテーション その2
ターゲティング その1
ターゲティング その2
ターゲティング その3
ポジショニング その1
ポジショニング その2
ポジショニング その3
マーケティングミックス(4P分析) その1
マーケティングミックス(4P分析) その2
製品戦略@(製品とは) その1
製品戦略@(製品とは) その2
製品戦略A(新製品開発プロセス) その1
製品戦略A(新製品開発プロセス) その2
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その1
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その2
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その3
製品戦略C(製品ライフサイクル) その1
製品戦略C(製品ライフサイクル) その2
製品戦略D(プロダクトエクステンション) その1
製品戦略D(プロダクトエクステンション) その2
価格戦略@(製造コストとカスタマー・バリュー) その1
価格戦略@(製造コストとカスタマー・バリュー) その2
価格戦略A(価格設定の影響要因) その1
価格戦略A(価格設定の影響要因) その2
価格戦略B(価格設定手法) その1
価格戦略B(価格設定手法) その2
価格戦略B(価格設定手法) その3
価格戦略C(新製品の価格設定) その1
価格戦略C(新製品の価格設定) その2
価格戦略D(心理的価格設定、価格調整法、値下げ) その1
価格戦略D(心理的価格設定、価格調整法、値下げ) その2
流通戦略@(流通チャネルとは) その1
流通戦略@(流通チャネルとは) その2
流通戦略A(流通チャネルの種類) その1
流通戦略A(流通チャネルの種類) その2
流通戦略A(流通チャネルの種類) その3
流通戦略B(流通チャネル構築プロセス) その1
流通戦略B(流通チャネル構築プロセス) その2
流通戦略B(流通チャネル構築プロセス) その3
流通戦略C(チャネル変更とハイブリッド・チャネル) その1
流通戦略C(チャネル変更とハイブリッド・チャネル) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略@(コミュニケーションの役割) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略@(コミュニケーションの役割) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略A(コミュニケーション手法) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略A(コミュニケーション手法) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略A(コミュニケーション手法) その3
コミュニケーション(プロモーション)戦略B(プッシュ戦略とプル戦略) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略B(プッシュ戦略とプル戦略) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略C(メディアの種類) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略C(メディアの種類) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略D(コミュニケーション戦略立案プロセス) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略D(コミュニケーション戦略立案プロセス) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略D(コミュニケーション戦略立案プロセス) その3
コミュニケーション(プロモーション)戦略E(AIDMA・AISAS・AISCEAS理論) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略E(AIDMA・AISAS・AISCEAS理論) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略F(レピュテーション・マネジメント) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略F(レピュテーション・マネジメント) その2
ブランド戦略@(ブランドとは) その1
ブランド戦略@(ブランドとは) その2
ブランド戦略@(ブランドとは) その3
ブランド戦略A(ブランド・エクイティ) その1
ブランド戦略A(ブランド・エクイティ) その2
ブランド戦略A(ブランド・エクイティ) その3
ブランド戦略B(ブランドの構築と展開) その1
ブランド戦略B(ブランドの構築と展開) その2
ブランド戦略B(ブランドの構築と展開) その3
ブランド戦略C(ブランドの拡張と浸透) その1
ブランド戦略C(ブランドの拡張と浸透) その2
ブランド戦略C(ブランドの拡張と浸透) その3
ブランド戦略D(コーポレート・ブランディング) その1
ブランド戦略D(コーポレート・ブランディング) その2
ブランド戦略D(コーポレート・ブランディング) その3
マーケティングリサーチ@(意義と役割) その1
マーケティングリサーチ@(意義と役割) その2
マーケティングリサーチA(必要な情報) その1
マーケティングリサーチA(必要な情報) その2
マーケティングリサーチB(手法とプロセス) その1
マーケティングリサーチB(手法とプロセス) その2
マーケティングリサーチB(手法とプロセス) その3
マーケティングリサーチC(注意点) その1
マーケティングリサーチC(注意点) その2
競争戦略@(競争戦略とは) その1
競争戦略@(競争戦略とは) その2
競争戦略A(リーダー企業の戦略) その1
競争戦略A(リーダー企業の戦略) その2
競争戦略A(リーダー企業の戦略) その3
競争戦略B(後続企業の戦略) その1
競争戦略B(後続企業の戦略) その2
競争戦略B(後続企業の戦略) その3
カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM) その1
カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM) その2
カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM) その3
カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)の実施と導入ポイント その1
カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)の実施と導入ポイント その2
ビジネスマーケティング(生産財マーケティング) その1
ビジネスマーケティング(生産財マーケティング) その2
ビジネスマーケティング(生産財マーケティング) その3
ビジネスマーケティングと俯瞰思考 その1
ビジネスマーケティングと俯瞰思考 その2
ビジネスマーケティングと俯瞰思考 その3
ソリューションの価値と価格への転換 その1
ソリューションの価値と価格への転換 その2
ソリューションの価値と価格への転換 その3
グローバルマーケティング その1
グローバルマーケティング その2
グローバルマーケティング その3
グローバルマーケティングにおける企業の条件 その1
グローバルマーケティングにおける企業の条件 その2
グローバルマーケティングのプロセスと注意点 その1
グローバルマーケティングのプロセスと注意点 その2

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ