経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

マーケティングリサーチB(手法とプロセス) その1

マーケティングリサーチB(手法とプロセス) その1

【マーケティング・リサーチのプロセス】
マーケティング・リサーチを行う際に必要な情報について理解したら、次はマーケティング・リサーチの具体的な「プロセス」について学習していきましょう。

 

たとえ方法論を理解していても、それを実際に行う過程を把握しておかなければ、個人はもちろんのこと、チーム全体でマーケティング・リサーチを前に進めることは難しいです。

 

そもそもマーケティング・リサーチは、企業活動の一環として行うものです。

 

そこには商品やサービスを販売するなど、利益に結びつくゴールがあるはずですし、マーケティングという活動の目的そのものが企業の存続や成長、顧客の創造にあることもまた事実。

 

だからこそ、目的設定からスタートする確固たるプロセスが存在しているのですね。

 

具体的なプロセスは次のとおりです。

 

@リサーチ目的の設定
A仮説の設定
Bリサーチの設計と実施
Cデータ分析と仮説の検証

 

@リサーチ目的の設定」とは、そのリサーチによってどのような結果を得たいのかという目的を明らかにすることです。

 

ただ闇雲に調査をするだけでは、公的機関が行う統計調査のような結果しか得られません。

 

それは、必ずしも商品開発やマーケティングに生かせるものとは限らないでしょう。

 

つまりは無駄が多くなってしまうのです。

 

そうならないためには、「何のためにリサーチをするのか?」ということを、あらかじめ煮詰めておくことです。

 

もちろん「誰が」「どのように」「いつまでに」「予算規模は」などについても検討しておくことが大切です。

 

そのようにマーケティング・リサーチの目的を設定しておかないと、リサーチ活動にも一貫性を保てないでしょう。

 

次に「A仮説の設定」です。

 

マーケティング・リサーチの目的を設定することは大切ですが、目的だけではリサーチをスタートさせることはできません。

 

なぜなら、くり返しになりますが、マーケティング・リサーチは企業活動の一環だからです。

 

もしそこに無駄があるのなら、あらかじめ排除しなければなりません。

 

仮説を構築せずにマーケティング・リサーチを行うとどうなるでしょうか。

 

きっと、不必要なデータまで数多く収集しなければならなくなるはずです。

 

目的を決めて、さらに仮説によって「アタリ」をつけておくことにで、リサーチするべき対象が絞られ、より無駄がなくなるのですね。

 

コスト感覚の乏しいリサーチはマーケティング・リサーチではご法度です。

 

仮説を構築したら、次は「Bリサーチの設計と実施」です。

 

当初の目的で決めたような「誰に」「何を」「どのような方法で」「どのくらい」などを、より具体的に煮詰めていきます。

 

実際には次のような項目を定めていきます。

 

・サンプルの設定
・質問の設計
・リサーチ手法の選択

 

それぞれの詳細な内容については後述しますが、リサーチ対象者を決めて、どのような質問をするのかを考案し、そして具体的な手法にまで落としこむ。

 

そのような過程を経てはじめて、マーケティング・リサーチを実践できるようになります。

 

目的や仮説をかたちにすることで、リサーチのやり方も共有できるようになります。

 

そして最後は「Cデータ分析と仮説の検証」です。

 

データを収集しただけではマーケティング・リサーチは終わりません。

 

仮説とすり合わせてどの程度正しいか。

 

あるいは、異なっているのなら何が原因として考えられるのか。

 

そうしたことを検証しながら、マーケティング・リサーチのレポートをまとめていきます。

 

マーケティング・リサーチで得られたものは、上層部や各部署にプレゼンテーションすることが多いでしょう。

 

そうした場合には、内容の整合性はもちろんのこと、正しく伝える技術についても身につけておかなければなりません。

 

誰が説明しても問題ないように、よりわかりやすくまとめるようにしましょう。

 

 

次のページ 「マーケティングリサーチB(手法とプロセス) その2」

関連ページ

マーケティングとは その1
マーケティングとは その2
マーケティング戦略策定プロセス その1
マーケティング戦略策定プロセス その2
マーケティング戦略策定プロセス その3
企業におけるマーケティング その1
企業におけるマーケティング その2
環境分析 その1
環境分析 その2
環境分析のフレームワーク その1
環境分析のフレームワーク その2
環境分析のフレームワーク その3
マーケティング課題の特定 その1
マーケティング課題の特定 その2
標的市場の選定 その1
標的市場の選定 その2
標的市場の選定 その3
セグメンテーション その1
セグメンテーション その2
ターゲティング その1
ターゲティング その2
ターゲティング その3
ポジショニング その1
ポジショニング その2
ポジショニング その3
マーケティングミックス(4P分析) その1
マーケティングミックス(4P分析) その2
製品戦略@(製品とは) その1
製品戦略@(製品とは) その2
製品戦略A(新製品開発プロセス) その1
製品戦略A(新製品開発プロセス) その2
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その1
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その2
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その3
製品戦略C(製品ライフサイクル) その1
製品戦略C(製品ライフサイクル) その2
製品戦略D(プロダクトエクステンション) その1
製品戦略D(プロダクトエクステンション) その2
価格戦略@(製造コストとカスタマー・バリュー) その1
価格戦略@(製造コストとカスタマー・バリュー) その2
価格戦略A(価格設定の影響要因) その1
価格戦略A(価格設定の影響要因) その2
価格戦略B(価格設定手法) その1
価格戦略B(価格設定手法) その2
価格戦略B(価格設定手法) その3
価格戦略C(新製品の価格設定) その1
価格戦略C(新製品の価格設定) その2
価格戦略D(心理的価格設定、価格調整法、値下げ) その1
価格戦略D(心理的価格設定、価格調整法、値下げ) その2
流通戦略@(流通チャネルとは) その1
流通戦略@(流通チャネルとは) その2
流通戦略A(流通チャネルの種類) その1
流通戦略A(流通チャネルの種類) その2
流通戦略A(流通チャネルの種類) その3
流通戦略B(流通チャネル構築プロセス) その1
流通戦略B(流通チャネル構築プロセス) その2
流通戦略B(流通チャネル構築プロセス) その3
流通戦略C(チャネル変更とハイブリッド・チャネル) その1
流通戦略C(チャネル変更とハイブリッド・チャネル) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略@(コミュニケーションの役割) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略@(コミュニケーションの役割) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略A(コミュニケーション手法) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略A(コミュニケーション手法) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略A(コミュニケーション手法) その3
コミュニケーション(プロモーション)戦略B(プッシュ戦略とプル戦略) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略B(プッシュ戦略とプル戦略) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略C(メディアの種類) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略C(メディアの種類) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略D(コミュニケーション戦略立案プロセス) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略D(コミュニケーション戦略立案プロセス) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略D(コミュニケーション戦略立案プロセス) その3
コミュニケーション(プロモーション)戦略E(AIDMA・AISAS・AISCEAS理論) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略E(AIDMA・AISAS・AISCEAS理論) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略F(レピュテーション・マネジメント) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略F(レピュテーション・マネジメント) その2
ブランド戦略@(ブランドとは) その1
ブランド戦略@(ブランドとは) その2
ブランド戦略@(ブランドとは) その3
ブランド戦略A(ブランド・エクイティ) その1
ブランド戦略A(ブランド・エクイティ) その2
ブランド戦略A(ブランド・エクイティ) その3
ブランド戦略B(ブランドの構築と展開) その1
ブランド戦略B(ブランドの構築と展開) その2
ブランド戦略B(ブランドの構築と展開) その3
ブランド戦略C(ブランドの拡張と浸透) その1
ブランド戦略C(ブランドの拡張と浸透) その2
ブランド戦略C(ブランドの拡張と浸透) その3
ブランド戦略D(コーポレート・ブランディング) その1
ブランド戦略D(コーポレート・ブランディング) その2
ブランド戦略D(コーポレート・ブランディング) その3
マーケティングリサーチ@(意義と役割) その1
マーケティングリサーチ@(意義と役割) その2
マーケティングリサーチA(必要な情報) その1
マーケティングリサーチA(必要な情報) その2
マーケティングリサーチA(必要な情報) その3
マーケティングリサーチB(手法とプロセス) その2
マーケティングリサーチB(手法とプロセス) その3
マーケティングリサーチC(注意点) その1
マーケティングリサーチC(注意点) その2
競争戦略@(競争戦略とは) その1
競争戦略@(競争戦略とは) その2
競争戦略A(リーダー企業の戦略) その1
競争戦略A(リーダー企業の戦略) その2
競争戦略A(リーダー企業の戦略) その3
競争戦略B(後続企業の戦略) その1
競争戦略B(後続企業の戦略) その2
競争戦略B(後続企業の戦略) その3
カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM) その1
カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM) その2
カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM) その3
カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)の実施と導入ポイント その1
カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)の実施と導入ポイント その2
ビジネスマーケティング(生産財マーケティング) その1
ビジネスマーケティング(生産財マーケティング) その2
ビジネスマーケティング(生産財マーケティング) その3
ビジネスマーケティングと俯瞰思考 その1
ビジネスマーケティングと俯瞰思考 その2
ビジネスマーケティングと俯瞰思考 その3
ソリューションの価値と価格への転換 その1
ソリューションの価値と価格への転換 その2
ソリューションの価値と価格への転換 その3
グローバルマーケティング その1
グローバルマーケティング その2
グローバルマーケティング その3
グローバルマーケティングにおける企業の条件 その1
グローバルマーケティングにおける企業の条件 その2
グローバルマーケティングのプロセスと注意点 その1
グローバルマーケティングのプロセスと注意点 その2

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ