経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

標的市場の選定 その1

標的市場の選定 その1

【標的市場の選定】
フレームワークを活用して環境分析を終えた後、あらためてマーケティング課題の特定を行えば、マーケティング活動の全体像が見えてきます。

 

マーケティングによって何を実現したいのか、あるいはどんな市場にどのようにアプローチしていくのか。

 

そういった情報を正確に把握しておくことにより、マーケティングを取り入れた経営の輪郭がつかめるようになるのですね。

 

そのうえで、次のステップは「標的市場の選定」に進みます。

 

ここで再度、マーケティング戦略策定のプロセスについて、その全体像を理解しておきましょう。

 

おおむね次のような工程となります。

 

環境分析→マーケティング課題の特定→標的市場の選定(セグメンテーション、ターゲティング)→ポジショニング→マーケティング・ミックス→マーケティング戦略の完成→計画と実行→効果測定

 

それぞれの用語の詳しい解説は順次行うとして、今回の記事では、標的市場の選定に関する項目の「セグメンテーション」「ターゲティング」および「ポジショニング」について、その概要をご説明していきます。

 

そもそも、マーケティングの目的がある特定の課題を解決するためにあるとすれば、その問題を解決するためにすぐにでも行動を起こしたほうが良いと考える方もいるでしょう。

 

しかし、さきほども申し上げたように、環境分析とマーケティング課題を特定しただけでは、マーケティング活動の輪郭しか見えていません。

 

ですので、より詳しい調査・分析を経てからでないと、望むような成果は得られないのですね。

 

もちろん、行動しながら学ぶことも多いのですが、とかく人間は、これまでの経験や勘を頼りにしてしまいがちです。

 

それでは、マーケティングの本来の効力を発揮することができず、通常の経営方法となんら変わりはなくなってしまいます。

 

課題があるのは、これまでの経営に問題があったからだと理解し、まずは正しい手順を踏むようにしましょう。

 

もちろん、最終段階で効果測定を行いますので、心配はいりません。

 

今回ご紹介する「標的市場の選定」とは、人や属性、あるいは購買嗜好など、さまざまな種類の消費者や競合他社がいる大きなマーケットのなかから、市場を分類し(セグメンテーション)、自社が勝負できる市場に的を絞る(ターゲティング)ことです。

 

その後、認知度を高め、より優位に戦略を推し進めるために差別化を行います(ポジショニング)。

 

これらの過程を経ることで、どの市場、どの顧客、あるいはどの競合他社に対して、経営資源を投下すればいいのかが明らかになるのです。

 

どんな企業でも、使える資源の量は決まっています。

 

だからこそ、より効率的に経営資源を配分することが重要になるのですね。

 

マーケティング課題を確実に解決するためには、そのような戦略的な思考が欠かせません。

 

 

【例題】
それでは、例題をとおして、標的市場の選定の流れについて確認していきましょう。

 

標的市場の選定は、調査と分析がメインの活動になりますが、それは必ずしも外部環境にとどまりません。

 

自社についての十分な調査・分析が行われているからこそ、的確な標的市場が選定できるということを忘れないようにしつつ、読み進めてみてください。

 

 

次のページ 「標的市場の選定 その2」

関連ページ

マーケティングとは その1
マーケティングとは その2
マーケティング戦略策定プロセス その1
マーケティング戦略策定プロセス その2
マーケティング戦略策定プロセス その3
企業におけるマーケティング その1
企業におけるマーケティング その2
環境分析 その1
環境分析 その2
環境分析のフレームワーク その1
環境分析のフレームワーク その2
環境分析のフレームワーク その3
マーケティング課題の特定 その1
マーケティング課題の特定 その2
標的市場の選定 その2
標的市場の選定 その3
セグメンテーション その1
セグメンテーション その2
ターゲティング その1
ターゲティング その2
ターゲティング その3
ポジショニング その1
ポジショニング その2
ポジショニング その3
マーケティングミックス(4P分析) その1
マーケティングミックス(4P分析) その2
製品戦略@(製品とは) その1
製品戦略@(製品とは) その2
製品戦略A(新製品開発プロセス) その1
製品戦略A(新製品開発プロセス) その2
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その1
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その2
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その3
製品戦略C(製品ライフサイクル) その1
製品戦略C(製品ライフサイクル) その2
製品戦略D(プロダクトエクステンション) その1
製品戦略D(プロダクトエクステンション) その2
価格戦略@(製造コストとカスタマー・バリュー) その1
価格戦略@(製造コストとカスタマー・バリュー) その2
価格戦略A(価格設定の影響要因) その1
価格戦略A(価格設定の影響要因) その2
価格戦略B(価格設定手法) その1
価格戦略B(価格設定手法) その2
価格戦略B(価格設定手法) その3

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ