経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

ターゲティング その1

ターゲティング その1

【ターゲティングとは】
セグメンテーションによって市場を細分化し、その全体像を把握することができたら、次は「ターゲティング」を行います。

 

ターゲティングとは、どの市場セグメントを標的として定めるのか決定することですね。

 

そもそも、どんな企業でも、活用できる経営資源には限りがあります。

 

そのため、戦略的にターゲティングを行わなければ、競合がひしめき合うなかで、競争を優位に進めていくことができないのですね。

 

ターゲティングにおいては、いかに適切な標的市場に焦点を絞れるのかが重要となります。

 

そのためには、自社の強みや特徴、ビジョンや理念はもちろんのこと、市場や競合、顧客についても把握しておかなければなりません。

 

そのうえで、セグメンテーションによって細分化された市場のなかから、どこにターゲティングを行うべきかの議論を進めるのです。

 

市場攻略のアプローチとして代表的なものは「非差別化マーケティング」「差別化マーケティング」「集中化マーケティング」の3つがあります。

 

企業の規模や、投入する商品の性質などによって、いずれのアプローチ手法を選択するのかは変わっていきます。

 

それぞれの概要について、簡単にご説明しておきましょう。

 

1.非差別化マーケティング
非差別化マーケティングとは、市場を差別的にとらえず、その全体や最大のセグメントを標的として、ひとつの商品を投入する、いわゆる「マス・マーケティング」の手法です。

 

かつては、日用品などにおいて、市場全体でひとつの商品が購入されるということがありました。

 

そういった商品の場合、非差別化マーケティングが有効となります。

 

企業側としては、大量生産による製造コストやマーケティングコストの削減につながるというメリットがあります。

 

ただ、あくまでも市場全体の平均的なニーズしかとらえることができないため、現代のようにモノがあふれている時代においては、必ずしも消費者の満足を得られるとは限りません。

 

そこで、「差別化マーケティング」や「集中化マーケティング」が生まれました。

 

2.差別化マーケティング
差別化マーケティングとは、市場を差別的にとらえて細分化し、商品をはじめとするマーケティング・ミックス(4P:製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、プロモーション(Promotion)を、その細分化した市場ごとに用意する手法です。

 

「フルライン戦略」とも呼ばれています。

 

軽自動車から高級車までを取り扱うTOYOTAなどの自動車会社をイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。

 

差別化マーケティングを実践することによって、市場全体のどのセグメントに対しても、適切な商品を提案することができます。

 

その結果、トータルの売上高が最大化されるというメリットがあります。

 

しかし一方で、多大な経営資源が必要になるということもあり、いかにコストと売上のバランスを保てるかが重要となります。

 

そのため、比較的規模の大きい企業向きと言えるでしょう。

 

3.集中化マーケティング
3つ目は集中化マーケティングです。

 

集中化マーケティングとは、ある特定のセグメントに対して、すべての経営資源を投入するというものです。

 

まさに、ひとつの顧客セグメントに集中するというマーケティング手法ですね。

 

前出の差別化マーケティングが大企業向けだったのに対し、こちらは中小企業でも活用できる戦略となります。

 

集中化マーケティングにおいては、特定の商品で戦う「一騎打ち」や、販促や人員投下に関する「一点集中」など、ランチェスター戦略もあわせて応用することが可能です。

 

ただ、ひとつのセグメントに対して、自社のマーケティング・ミックスすべてを投入することになりますので、より慎重にセグメントを選定しなければなりません。

 

ターゲティング

 

 

次のページ 「ターゲティング その2」

関連ページ

マーケティングとは その1
マーケティングとは その2
マーケティング戦略策定プロセス その1
マーケティング戦略策定プロセス その2
マーケティング戦略策定プロセス その3
企業におけるマーケティング その1
企業におけるマーケティング その2
環境分析 その1
環境分析 その2
環境分析のフレームワーク その1
環境分析のフレームワーク その2
環境分析のフレームワーク その3
マーケティング課題の特定 その1
マーケティング課題の特定 その2
標的市場の選定 その1
標的市場の選定 その2
標的市場の選定 その3
セグメンテーション その1
セグメンテーション その2
ターゲティング その2
ターゲティング その3
ポジショニング その1
ポジショニング その2
ポジショニング その3
マーケティングミックス(4P分析) その1
マーケティングミックス(4P分析) その2
製品戦略@(製品とは) その1
製品戦略@(製品とは) その2
製品戦略A(新製品開発プロセス) その1
製品戦略A(新製品開発プロセス) その2
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その1
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その2
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その3
製品戦略C(製品ライフサイクル) その1
製品戦略C(製品ライフサイクル) その2
製品戦略D(プロダクトエクステンション) その1
製品戦略D(プロダクトエクステンション) その2
価格戦略@(製造コストとカスタマー・バリュー) その1
価格戦略@(製造コストとカスタマー・バリュー) その2
価格戦略A(価格設定の影響要因) その1
価格戦略A(価格設定の影響要因) その2
価格戦略B(価格設定手法) その1
価格戦略B(価格設定手法) その2
価格戦略B(価格設定手法) その3

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ