経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

競争戦略A(リーダー企業の戦略) その3

競争戦略A(リーダー企業の戦略) その3

【リーダー企業の3つの戦略】
それでは、リーダー企業がとるべき3つの戦略について、より詳しく解説していきましょう。

 

すでにトップ企業としての地位を盤石にしている会社はもちろんですが、これからリーダー企業を目指す会社、あるいは新しい市場に参入することでトップの地位に君臨することになる企業においても、理解しておくべき基本戦略になります。

 

<市場規模の拡大>
1つ目は「市場規模の拡大」です。

 

どの企業においても、市場規模が拡大することによって、収益増大というメリットが得られる可能性はありますが、ことリーダー企業においてはそれが顕著です。

 

理由は単純で、シェアを維持したまま市場が大きくなれば、必然的にそのトップに君臨している企業の収益も最大化するからですね。

 

シェアが大きいまま市場が拡大すれば、比例して利益が伸びるのは当然のことです。

 

また、規模の経済や経験効果によって、利益率も増加します。

 

市場が大きくなり、社会に対するインパクトが大きくなればなるほど、それだけ影響力も増すことでしょう。

 

そうなれば、知名度も高まり、新しいことに挑戦する際にも有利になります。

 

だからこそ、リーダー企業は率先して市場規模の拡大を図るべきなのですね。

 

市場規模を拡大するためには、製品やサービスの新しい利用方法を提案したり、これまで想定していなかった顧客にまでターゲットを広げたり、あるいは使用頻度をあげるための工夫など、さまざまな方法が考えられます。
どれかひとつを選択するのではなく、複数の手法を同時並行的に行うことによって、少しずつ市場規模の拡大を目指すのが無難でしょう。

 

実際、市場はそう簡単には拡大しないので、長期的な視点をもつことが大切です。

 

自社の利益を考えて市場の拡大を模索するとともに、リーダー企業はその立場的な役割としても、市場拡大に尽力しなければなりません。

 

もしリーダー企業が率先して市場の拡大を行わなければ、業界の勢いが落ち込んでしまう可能性もありますし、なにより業界全体の秩序にも影響があるかもしれないのです。

 

リーダーとしての役割を果たさない企業は、やがて顧客からも見放されてしまうということも十分に考えられます。

 

ただ、いくら市場の拡大を目指すとは言っても、とるべきでない手法も存在しています。

 

たとえば、若年層の取り込みを模索して低価格路線に舵をきるなどしてしまえば、やがて市場全体の収益が悪化してしまうでしょう。

 

競争が激化し、最終的には他の代替する業界や企業に地位を脅かされてしまうかもしれません。

 

他の業界をも巻き込んだ消耗戦になれば、シェアがもっとも大きいリーダー企業が一番の打撃を受けることになるでしょう。

 

競争戦略(リーダー企業の戦略)

 

 

<シェアの拡大>
2つ目の戦略は「シェアの拡大」です。

 

すでに業界内ではシェアがトップですが、伸ばせる可能性があるのなら、積極的に伸ばしていくべきでしょう。

 

収益の面でも、影響力の面でもさらに有利な立場になれる可能性があります。

 

ただし、注意しなければならないのは「大きくなりすぎる」ことです。

 

業界内でほとんどのシェアを占めることになれば、それだけで独占禁止法に抵触する可能性もありますし、他の業界や団体からもいい目で見られることはないでしょう。

 

消費者もまた、そうした業界には嫌悪感を抱く可能性があります。

 

そうした点も考慮しつつ、時間をかけてシェアを大きくするのが得策と言えるでしょう。

 

 

<シェアの維持>
3つ目の戦略は「シェアの維持」です。

 

市場を最大化させることで得られるうまみは、シェアが維持できているからこそのものです。

 

いくら市場が大きくなっても、現在のシェアを維持できなければ、利益をあげることはできません。

 

「市場拡大にばかり注力していたら、いつの間にかシェアを奪われていた」では困ってしまいますよね。

 

シェアを維持するには、「参入障壁を高める」「報復の脅威を高める」「競合他社の得意分野に攻め込む」などの施策が有効です。

 

特許や規模の経済をうまく利用したり、あるいは体力を存分に発揮して攻勢を強めてもいいでしょう。

 

いずれにしても、ただ守りを固めるのではなく、積極的に拡大しようとする姿勢が重要になります。

 

以上がリーダー企業の戦略ですが、これからリーダー企業を目指す会社は3つの基本戦略の他に、「製品」や「市場」についても意識するべきでしょう。

 

いくらトップになれるからといって、流行だけで伸びている市場に参入したり、ブームの製品を取り上げることは、長期的な成長という観点からはいただけません。

 

需要が底打ちしてしまえば、市場そのものが消えてしまうという可能性を、あらかじめ考慮しておきましょう。

 

 

【まとめ】
・「リーダー企業」とは、業界におけるトップ企業のことを指す
・リーダー企業は、「規模の経済」「認知度」「交渉力」などの点でメリットがある
・リーダー企業がとるべき戦略は次の3つ
 ・市場規模の拡大
 ・シェアの拡大
 ・シェアの維持
・リーダ企業を目指す際には、製品や市場についても考慮するべき

 

 

前のページ 「競争戦略A(リーダー企業の戦略) その2」

関連ページ

マーケティングとは その1
マーケティングとは その2
マーケティング戦略策定プロセス その1
マーケティング戦略策定プロセス その2
マーケティング戦略策定プロセス その3
企業におけるマーケティング その1
企業におけるマーケティング その2
環境分析 その1
環境分析 その2
環境分析のフレームワーク その1
環境分析のフレームワーク その2
環境分析のフレームワーク その3
マーケティング課題の特定 その1
マーケティング課題の特定 その2
標的市場の選定 その1
標的市場の選定 その2
標的市場の選定 その3
セグメンテーション その1
セグメンテーション その2
ターゲティング その1
ターゲティング その2
ターゲティング その3
ポジショニング その1
ポジショニング その2
ポジショニング その3
マーケティングミックス(4P分析) その1
マーケティングミックス(4P分析) その2
製品戦略@(製品とは) その1
製品戦略@(製品とは) その2
製品戦略A(新製品開発プロセス) その1
製品戦略A(新製品開発プロセス) その2
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その1
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その2
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その3
製品戦略C(製品ライフサイクル) その1
製品戦略C(製品ライフサイクル) その2
製品戦略D(プロダクトエクステンション) その1
製品戦略D(プロダクトエクステンション) その2
価格戦略@(製造コストとカスタマー・バリュー) その1
価格戦略@(製造コストとカスタマー・バリュー) その2
価格戦略A(価格設定の影響要因) その1
価格戦略A(価格設定の影響要因) その2
価格戦略B(価格設定手法) その1
価格戦略B(価格設定手法) その2
価格戦略B(価格設定手法) その3
価格戦略C(新製品の価格設定) その1
価格戦略C(新製品の価格設定) その2
価格戦略D(心理的価格設定、価格調整法、値下げ) その1
価格戦略D(心理的価格設定、価格調整法、値下げ) その2
流通戦略@(流通チャネルとは) その1
流通戦略@(流通チャネルとは) その2
流通戦略A(流通チャネルの種類) その1
流通戦略A(流通チャネルの種類) その2
流通戦略A(流通チャネルの種類) その3
流通戦略B(流通チャネル構築プロセス) その1
流通戦略B(流通チャネル構築プロセス) その2
流通戦略B(流通チャネル構築プロセス) その3
流通戦略C(チャネル変更とハイブリッド・チャネル) その1
流通戦略C(チャネル変更とハイブリッド・チャネル) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略@(コミュニケーションの役割) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略@(コミュニケーションの役割) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略A(コミュニケーション手法) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略A(コミュニケーション手法) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略A(コミュニケーション手法) その3
コミュニケーション(プロモーション)戦略B(プッシュ戦略とプル戦略) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略B(プッシュ戦略とプル戦略) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略C(メディアの種類) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略C(メディアの種類) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略D(コミュニケーション戦略立案プロセス) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略D(コミュニケーション戦略立案プロセス) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略D(コミュニケーション戦略立案プロセス) その3
コミュニケーション(プロモーション)戦略E(AIDMA・AISAS・AISCEAS理論) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略E(AIDMA・AISAS・AISCEAS理論) その2
コミュニケーション(プロモーション)戦略F(レピュテーション・マネジメント) その1
コミュニケーション(プロモーション)戦略F(レピュテーション・マネジメント) その2
ブランド戦略@(ブランドとは) その1
ブランド戦略@(ブランドとは) その2
ブランド戦略@(ブランドとは) その3
ブランド戦略A(ブランド・エクイティ) その1
ブランド戦略A(ブランド・エクイティ) その2
ブランド戦略A(ブランド・エクイティ) その3
ブランド戦略B(ブランドの構築と展開) その1
ブランド戦略B(ブランドの構築と展開) その2
ブランド戦略B(ブランドの構築と展開) その3
ブランド戦略C(ブランドの拡張と浸透) その1
ブランド戦略C(ブランドの拡張と浸透) その2
ブランド戦略C(ブランドの拡張と浸透) その3
ブランド戦略D(コーポレート・ブランディング) その1
ブランド戦略D(コーポレート・ブランディング) その2
ブランド戦略D(コーポレート・ブランディング) その3
マーケティングリサーチ@(意義と役割) その1
マーケティングリサーチ@(意義と役割) その2
マーケティングリサーチA(必要な情報) その1
マーケティングリサーチA(必要な情報) その2
マーケティングリサーチA(必要な情報) その3
マーケティングリサーチB(手法とプロセス) その1
マーケティングリサーチB(手法とプロセス) その2
マーケティングリサーチB(手法とプロセス) その3
マーケティングリサーチC(注意点) その1
マーケティングリサーチC(注意点) その2
競争戦略@(競争戦略とは) その1
競争戦略@(競争戦略とは) その2
競争戦略A(リーダー企業の戦略) その1
競争戦略A(リーダー企業の戦略) その2
競争戦略B(後続企業の戦略) その1
競争戦略B(後続企業の戦略) その2
競争戦略B(後続企業の戦略) その3
カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM) その1
カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM) その2
カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM) その3
カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)の実施と導入ポイント その1
カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)の実施と導入ポイント その2
ビジネスマーケティング(生産財マーケティング) その1
ビジネスマーケティング(生産財マーケティング) その2
ビジネスマーケティング(生産財マーケティング) その3
ビジネスマーケティングと俯瞰思考 その1
ビジネスマーケティングと俯瞰思考 その2
ビジネスマーケティングと俯瞰思考 その3
ソリューションの価値と価格への転換 その1
ソリューションの価値と価格への転換 その2
ソリューションの価値と価格への転換 その3
グローバルマーケティング その1
グローバルマーケティング その2
グローバルマーケティング その3
グローバルマーケティングにおける企業の条件 その1
グローバルマーケティングにおける企業の条件 その2
グローバルマーケティングのプロセスと注意点 その1
グローバルマーケティングのプロセスと注意点 その2

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ