経営を学ぶ-経営学・MBA・起業・ネットビジネス・リアルビジネスなど

製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その3

製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その3

<プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)>
企業は、限られた経営資源を有効活用するために、複数の製品や事業を最適に組み合わせなければなりません。

 

そのときに、製品や事業ごとの最適化を行うための指標となるのが「プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)」です。

 

横軸に「相対的マーケットシェア」をとり、縦軸に「市場の成長性」をとります。

 

いずれも単位は「高低」となり、4事象のマトリックスなります。

 

製品戦略(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策)

 

それぞれの事象の内容は次のとおりです。

 

@金のなる木
相対的マーケットシェアが高く、市場の成長率が低いため、資金の流出を最小限にしつつ、高収益が望めます。

 

A花形製品
相対的マーケットシェアも市場の成長率も高いために、資金の流出も流入も多いのが特徴です。

 

「金のなる木」で得た資金を積極的に投資すべき製品と言えるでしょう。

 

B問題児
相対的マーケットシェアが低いために高収益は望めませんが、市場の成長率が高いため、将来的に期待できる分野です。

 

いかに「花形製品」へと育てられるかがポイントとなります。

 

C負け犬
相対的マーケットシェアも市場の成長率も低いため、他の製品との兼ね合いも考慮しつつ、徐々に縮小・撤退すべき分野です。

 

 

<製品陳腐化政策>
通常、経年によって製品自体が劣化したり、あるいは時代の流れとともに陳腐化することは避けられません。

 

また、新しい機能を備えた新製品が発売されれば、自然と既存製品は衰退していくことになります。

 

そうした現状を加味して、あらかじめ計画的に製品を陳腐化させるための戦略が「製品陳腐化政策」です。

 

製品を意図的に陳腐化させることにより、ユーザーの買い替え需要を喚起することができるだけでなく、より計画的な販売戦略を構築することが可能となります。

 

とくに、そのような意図的な取替え需要を創出する政策のことを「計画的陳腐化」といいます。

 

計画的陳腐化には、次の3つの種類があります。

 

@物理的陳腐化
一定期間が経過することによって、製品が故障するなど、物理的に製品が使えなくするように設計し、計画的に陳腐化させることを「物理的陳腐化」と言います。

 

ただ、意図的に耐用年数を短縮させる手法は、批判のもととなる場合もあります。

 

A機能的陳腐化
既存の製品より機能的に優位なものを発売することにより、既存製品を陳腐化させる手法です。

 

新しい機能を追加するだけでも効力を発揮します。

 

Appleが毎年新しいiPhoneを発売するのも、この機能的陳腐化の一つですね。

 

成長期の製品においては、機能的陳腐化のサイクルが短い傾向にあります。

 

B心理的陳腐化
最後は心理的陳腐化です。

 

心理的陳腐化とは、機能的な改良はなくても、デザインやスタイルなどの見た目を変えることにより、既存製品の価値を低下させる方法です。

 

差別化が難しく、成熟した市場では心理的陳腐化が有効となります。

 

 

【まとめ】
・マーケティング戦略においては、製品だけでなく「製品ライン」についても考慮すべき
・製品ラインは、幅と深さの二つの軸によってアイデアを広げていく
・製品ライン政策に影響を与える要素は次の5つ
 @顧客のニーズ
 A製品ごとの収益性
 B競合他社の状況
 C自社製品同士のカニバライゼーション(共食い)
 Dリスクの分散
・製品や事業の組み合わせについては、「プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)」や「製品陳腐化政策」も考慮すること

 

 

前のページ 「製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その2」

関連ページ

マーケティングとは その1
マーケティングとは その2
マーケティング戦略策定プロセス その1
マーケティング戦略策定プロセス その2
マーケティング戦略策定プロセス その3
企業におけるマーケティング その1
企業におけるマーケティング その2
環境分析 その1
環境分析 その2
環境分析のフレームワーク その1
環境分析のフレームワーク その2
環境分析のフレームワーク その3
マーケティング課題の特定 その1
マーケティング課題の特定 その2
標的市場の選定 その1
標的市場の選定 その2
標的市場の選定 その3
セグメンテーション その1
セグメンテーション その2
ターゲティング その1
ターゲティング その2
ターゲティング その3
ポジショニング その1
ポジショニング その2
ポジショニング その3
マーケティングミックス(4P分析) その1
マーケティングミックス(4P分析) その2
製品戦略@(製品とは) その1
製品戦略@(製品とは) その2
製品戦略A(新製品開発プロセス) その1
製品戦略A(新製品開発プロセス) その2
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その1
製品戦略B(製品ライン設計、PPM、製品陳腐化政策) その2
製品戦略C(製品ライフサイクル) その1
製品戦略C(製品ライフサイクル) その2
製品戦略D(プロダクトエクステンション) その1
製品戦略D(プロダクトエクステンション) その2
価格戦略@(製造コストとカスタマー・バリュー) その1
価格戦略@(製造コストとカスタマー・バリュー) その2
価格戦略A(価格設定の影響要因) その1
価格戦略A(価格設定の影響要因) その2
価格戦略B(価格設定手法) その1
価格戦略B(価格設定手法) その2
価格戦略B(価格設定手法) その3

HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ